転職の不安を解消!30代がパソナキャリアを利用した体験談・評判

パソナキャリアのロゴ

転職エージェントおすすめランキング

 

▼当サイトから申し込みの多い転職エージェント

【1位】パソナキャリア
     総評:『初めての転職で利用必須』
     公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

【2位】マイナビエージェント
     総評:『20代・第二新卒の転職で利用必須』
     公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

【3位】リクルートエージェント
     総評:『転職する全ての方が利用必須』
     公式サイト:https://www.r-agent.com/

この記事では、『パソナキャリアの利用を考えている30代の方』のために《30代がパソナキャリアを利用した体験談》をご紹介します。

いざ『パソナキャリア』を利用しようと思っても、

本当に自分に合った転職エージェントなのかな…?

評判の悪い転職エージェントじゃないかな…?

と不安ですよね。

転職エージェントは頼りになる存在ですが…

間違った選び方をすると、あなたの転職活動の足を引っ張ってしまう可能性もあります。

そのため…

自分に合った転職エージェントを選び、正しく使いこなすことが転職成功の鍵になります!

そこで…

パソナキャリア利用者の20代の方、計500名にアンケート調査を行い、信用できる評判・口コミを集めました。

この調査結果を元に、本記事では過去に、

転職成功経験 + 転職エージェント利用経験』のある筆者が…

  • パソナキャリアを利用した30代の体験談
  • パソナキャリアの30代の評判(メリット・デメリット)
  • パソナキャリアを利用すべき30代の方の特徴

などをわかりやすく解説します。

もし、あなたがパソナキャリアの利用を考えているのであれば…

この記事を読むことで、パソナキャリアを利用すべきかどうか自信を持って判断でき、転職成功への第一歩を踏み出せるようになると思いますよ!

転職経験のある彼女(この記事の語り手)
慶応大学を卒業。看護師として2年間勤務したが、次第に以前から興味のあったIT業界に憧れを感じるようになる。
悩んだ末、やはり諦めることができず転職を決意。プログラミング未経験から独学でRubyを習得したのち、転職活動に取り組み念願のIT企業に入社した。
その際に培った転職ノウハウや多くの転職エージェントを利用した経験を活かして、このサイトでは語り手としてみなさんに情報をお伝えしている。

パソナキャリアを利用した30代の体験談

選択肢

これまでパソナキャリアを利用して、たくさんの30代の方が転職しています。

そこで、ここでは…

実際に『パソナキャリア 』の利用者の成功事例をご紹介いたします。

また、色々な30代の方を見てきたキャリアアドバイザーならではの転職ノウハウも満載ですよ!

①外資系半導体製造装置メーカー営業からの転職

これまでの提案型営業の経験を活かしてキャリアを構築していきたいと考え、転職を決意されたKさん。 これまで扱ってきたBtoB製品ではなく、コンシューマー製品を扱う電器メーカーの業界大手に挑戦しました。

30代男性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.大手外資メーカーということもあり、アメリカの本社と連絡を取るために朝は7時頃から出社し、夜は11時頃まで働いていました。
半導体装置の営業として、主要顧客への営業、新規顧客の開拓営業を中心に業務を行い、データを取りまとめから社内外のプレゼンテーション資料作りまでより効率よく実績を上げるために様々な工夫をしてきました。

 

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.これまで既製品を売る営業の仕事をしていましたが、顧客対応のためにフロントに立つこと以外にも、製品のマーケティングに興味を持つようになりました。扱う製品のマーケット分析から、自ら顧客へその製品の優位性を提案するスタイルの営業を行いたいと考えるようになり、それが転職をするきっかけになりました。
また、BtoBの製品ではなく、顧客がエンドユーザーであるコンシューマー向け製品に携わりたいと考えたことも、今回転職をするきっかけのひとつでもあります。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.自己分析から始まり、業界・企業研究、履歴書・職務経歴書の作成、 面接対策など、日常の業務をこなしながら転職に関する情報収集を行うことは、転職活動がはじめての私としては相当な時間とエネルギーを必要としました。しかし、パソナキャリアのキャリアアドバイザーの方に親身になって頂き、会社の社風から業務形態、企業の将来性まで 細かく情報を提供して頂きました。
私の場合は、人材紹介会社をパソナキャリア一本に絞り、転職に関する情報収集を行い面接に臨みました。

 

入社先について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.入社する会社は、ランプ(ライト、照明)を扱っています。ライトと言えば普段の生活においてとても身近な製品であり、そこにある技術やノウハウを覚えて、顧客へ魅力的に提案できる事に魅力を感じました。また、将来的にはマネジメント業務を行うことも希望しており、マネジメント研修をはじめとした教育プログラムが充実している点も入社を決めた理由です。
その他にもう1社、海外支店マネージャー候補の求人でも選考が進んでおり、非常に悩みました。しかし、今度入社する会社には社員が自ら経験・能力を希望する部署・ポジションへ売り込む「社員FA制度」があり、自分の実力を試したいという意思もあって、入社を決めました。
Q.入社後の現状・新たな目標などはありますか?
A.「社員FA制度」を利用して、業務をしっかりとこなせるようになり、実力がついた時点でマネジメントに携わりたいと考えています。
幸い、社員教育プログラムが充実しており、プレゼンテーションスキルの開発やマネージャー養成講座等もあるので、その制度をフルに活用していきたいと思っています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

英語力も堪能で国内営業のみならず海外営業においても豊富な知識と経験を持つKさん。物事を論理的且つ多面的に捉えることができ、仕事のスタイルとしても、自社製品の情報だけではなく業界動向等を付加価値として提供し、顧客との密接な関係によって成果を上げていらっしゃいました。
持ち前の明るさと行動力をお持ちの木村さん、今後の活躍をお祈りしています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

②SI会社営業職からコンサルタントへの転職

会社の合併に伴い、会社方針の変更や勤務地変更リスクなどが急遽浮上し、やむを得ない状況での転職活動となりました。ワーキングマザーとして本当の転職出来るのか、不安を抱えてのスタートでしたが当社を通じて見事に内定を獲得。コンサルタントとしての新たなキャリアを選択されました。

30代女性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.以前は中小製造業向けのシステム提案営業に従事してきました。既存顧客に対する深耕営業は勿論、新規開拓にも積極的に携わり、売上拡大に貢献してきました。中小企業向けということで、自身が提案したシステムが経営に及ぼす影響や効果など、顧客経営陣と話しながら仕事を進めていけるスタイルに、大きな遣り甲斐を感じていました。

 

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.きっかけは前職の合併に伴う体制変更です。具体的な影響の1つが関西営業所の縮小(近い将来転勤になる事がほぼ決定していました)、もう1つは会社方針で営業ターゲットが中小から大手に変更となった事です。結婚し、小さな子供もいる中で、勤務地(場所)は、どうしても難しい問題でした。また、中小企業向けの営業に遣り甲斐を感じていましたので、仕事においても自身の遣り甲斐を満たせなくなるという想いがありました。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.実は過去に1度 転職をしているのですが、その際もパソナキャリアを通じての転職でした。前回転職時は複数の転職エージェントに登録させて頂きましたが、パソナキャリアが一番親身で私の立場に立った支援をして下さいました。そのような経緯があり、今回転職相談は先ずパソナキャリアと決めておりました。
実際に会社の合併発表があった際、仮に転職をする必要が生じたらという想定で相談に乗って頂きました。直ぐに転職活動をする訳でもなく、ある意味情報収集のみの面談でしたが担当のコンサルタントの方が親身に相談に乗ってくださいました。数ヵ月後に経営方針や状況が明らかになり、具体的な転職活動を開始。パソナキャリアを通じて複数企業へ応募し、内定した企業様に転職を決めました。

 

今後のお仕事について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.前提は勤務地と仕事内容です。仕事内容については未経験ながらコンサルタントとして新たな仕事にチャレンジさせてもらえる事になりました。正直この年齢でこのようなチャンスを頂き、期待と不安がありますが、この機会を通じて成長していきたいと思っています。また、過去に一緒に仕事をしたことのある企業で、その際の印象や今回面接でお会いした方々の印象がすごく良かった事も決め手になりました。

 

入社後の目標など
Q.今後のキャリアプランについてお聞かせください。
A.先ずはコンサルタントして営業時よりも更に多くの”課題解決”を出来るようになりたいと思っております。チャンスがあればマネージメントにもチャレンジしたいと思っております。そして定年までじっくり腰を据え、長期で仕事に取り組んで行きたいと思っております。女性として家庭と仕事をしっかり両立し、仕事を通じて成長していけるよう積極的に取り組んでいきたいです。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

初めてお会いしたときは、先のことを見据えた情報収集が目的でした。
従って、面談直後ではなく、今後もし転職を考えるとしたら、どんなことに気をつけないといけないのか、転職・転職市場とはどういったものなのか、また、現時点での市場の動向をお伝えすることと、そもそも何故このタイミングで転職を考えて、この先どういった不安があるのかなど、本人の内面の部分をお伺いすることを意識してお話しました。
その数ヵ月後、ご本人よりご連絡をいただき、実際に転職活動を行われるとのことで、ご来社のうえ、転職先に希望することなどを具体的にお伺いしました。
これまでのご経験を活かした職種で、且つ、長期的に活躍できる環境などを軸に求人をご紹介させていただいたところ、コンサルタントとしては未経験ではありますが、これまでの経験が活かせ、長期的にもご活躍できる職場環境である企業に無事内定を頂き、ご入社をご決断頂きました。
ご経験や面接に向けてのご準備などはもちろんですが、これは譲りたくない、それは我慢できるなど、素直に本音でご相談いただき、私どもの話も聞き入れていただき、一緒になって転職活動に取り組んだ結果が今回の内定に結びついたのではないかと思います。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

③中小機械メーカー設計職から上場企業への転職

大幅な社内組織変更、部門の統廃合などが短期間で繰り返され、所属部門の部長・課長の退職なども含め 今後長期にわたってキャリアを構築していけるイメージが出来なくなり転職を決意。5社の内定から将来性や地理的条件、会社の安定性などから上場企業での設計職への転身を選択されました。

30代男性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.液体貯蔵用タンクの機械設計に従事していました。営業と同行して要件をヒアリングし、仕様書作成から製図、設計指示、据付や試運転の立会いなどを担当していました。

 

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.昨年秋に、社内で大きな大勢変更があり その後度重なる組織変更や信頼していた上長の退職などから長期にわたるキャリア形成をイメージすることが出来なくなり、転職を考えました。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.過去に1度転職しており、その際にもパソナキャリアを通じての転職でした。今回も転職活動をするにあたりまずはパソナキャリアに相談をしました。担当のアドバイザーの方が話もしやすく、的確な回答、希望に見合った求人を多数紹介いただけた事から結局パソナキャリアのみにお任せすることになりました。
10社強にエントリーし、8社の面接を受けました。最終的には5社から内定を頂戴し、その中で決定しました。

 

今後のお仕事について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.もう自分も30代という年齢的なこともありましたが、とにかく将来に渡ってじっくり働ける職場なのかという点を重視しました。また、たまたま今回入社を決めた会社が実家から近かったことで、将来的に両親の面倒を見ることが出来るという点もプラス材料となりました。

 

入社後の目標など
Q.今後のキャリアプランについてお聞かせください。
A.今回転職活動で色々な会社の面接を受けましたが、その中で感じたことは“英語の必要性”でした。どの企業でも英語を使った経験や海外旅行の経験など、英語に関わる質問が多く必要なスキルになるだろうと感じました。また、新人教育や後輩指導などもゆくゆくチャレンジ出来たらと思っています。
Q.転職エージェントを使ってよかった点はありますか?
A.現職中でしたので日程調整に不安がありました。たまたま出張が続いた後の期間でしたので、代休を使うことが出来ました。1日の代休に3社の面接を調整いただくなどパソナキャリアには色々と動いて頂きました。結果的に現職中ながら8社も面接を受けて、5社も内定を頂く事が出来ました。長く働ける会社を納得行く形で選択したかったので、複数の会社を比較できたことは非常に良かったです。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

面談では、今後も設計職としてスキルアップしたいという強い思いを感じました。仕事に対してポジティブな考えを持っていただいていたので、現在の転職市場も追い風となり、非常に紹介がしやすかったです。お人柄や、これまでのご経験から、必ずどこかで内定が出るという確信が当初から私の中にはありましたが、今回のように良い縁に恵まれたのは、現職にも関わらず、フットワークを軽くして、多くの企業を見ていただいたことが大きな要因だと思います。「百聞は一見に如かず」という私の好きな言葉がありますが、それをまさに体現されていました。大抵の方の場合は、内定が複数社出ると、どこの企業にしてよいものかと悩まれます。しかし、今回は、多くの企業と面接する中で、ご自身の会社選びの軸を何度も見直していただいたこともあり、最終的な回答を求める場面では、ほとんど迷うことなく自信を持って決断されたことが印象的でした。持ち前の向上心とフットワークの軽さで、新天地でもチャンスを掴み取っていただければと考えております。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

④総合電機メーカーインフラSEからの転職

現在の会社で5年半、培ってきたITスキルと海外経験(語学力)を活かし、よりチャレンジングなフィールドで自分自身を成長させたい!という思いから転職を決意されたIさん。 年収も大幅に上げたいという希望をお持ちの相田さんが、幅広い選択肢の中から選んだ転職先とは?

30代男性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.大学を卒業後、総合大手電機メーカーに就職し、インフラエンジニアとして各種システム開発に関わってきました。入社以来、メーカーという環境を生かして技術的なスキルアップをはかり、幅広いプロジェクトに携ることができました。

 

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.漠然とですが、大学時代から転職という選択肢は視野に入れておりました。
総合電機メーカーを選んだ理由も「学ぶ」領域が広く、機会も多いのではと考えたからです。
転職を支援する人材紹介会社の存在は以前から知っていましたので、活動開始と同時にパソナキャリアに登録しました。
「年収アップができること」「グローバルな環境で働けること」を転職のキーワードとして活動を進めていきました

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.パソナキャリアを通じて6社に応募しました。頂いた求人の中から、自分自身の経験・強みと応募要件(企業が求める人材)にマッチしているか?年収アップは期待できるか?グローバルな環境か?をベースに選びました。
活動開始当初はコンサルティング業界への転職はそれ程意識していませんでしたが、1社面接に行ってみてたところ「自分のやりたいことが出来そうだ」と思うようになり、追加でコンサルティング会社の紹介をお願いしました。
また、面接前日には求人票を見返しながら、自分のどの部分をアピールしたらよいかをシミュレーションして面接に臨みました。

 

入社先について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.うれしいことに5社から内定を頂きました。金融機関の社内SE、外資系ITベンダー、外資系コンサルティング会社と内定を頂いた企業は様々です。まずはコンサルティング会社に絞り、最終的には外資ファーム2社で相当悩みました。
知人・友人・家族など合計7、8人に相談した結果、自分の方向性と会社の求める人材・方向性が一番マッチしている企業を選択しました。
正直年収はもう1社の方が高かったのですが、入社を決めた企業も大幅年収アップが実現でき、満足しています。

 

入社後の現状・新たな目標など
Q.今後のキャリアプランはありますか?
A.将来的には今まで携わってきた生保商品を扱う機会も増えてくると思いますし、メンバーをマネジメントするケースも出てくるでしょう。そういったときに、自分の100%の力を発揮できればと考えています。また、外資系なので、今後は外貨預金へのアプローチもできればと考えています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

Iさんは、仕事に対する確固たる自信をお持ちであり、ご自身の強みをはっきりと認識されていたので、転職活動を始められたときから「入れるところは入れる。駄目なら仕方ない。とにかく全力を尽くしますよ。」と、一貫してポジティブでした。
転職は、自分の努力でカバーできる部分と、「縁」に左右される部分がありますが、良い縁を作り出すには、ポジティブであり続けることがとても大切です。これから転職活動をスタートする皆さんも参考にしてみてください。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

⑤鉄鋼専門商社事務職からの転職

新卒で正社員として入社した会社を3年余で退社後、派遣社員として2社に勤務。「30歳になり、正社員として落ち着いて働きたいと思うようになった」と、転職を決意したMさん。持ち前の明るい性格と責任感の強さを評価され、人材サービス企業の営業事務職に就職が決まりました。

30代女性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.新卒で鉄鋼の専門商社に入社し、3年3ヶ月勤務した後、実家の自営業を手伝うために退社。その後しばらくして、派遣社員として働き始め、鉄鋼を扱う商社2社経験しました。

 

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.前職では、派遣社員だったのにもかかわらず、残業も遅くまでしていましたし、取引先との接待に同席したり、1人で取引先に出向いて研修を受けたり……仕事の質も量も大変で、責任も大きく、社員の人と同じように働いているのに派遣社員だというだけで待遇に大きな差があることに、不満を持っていました。30歳になったとき、転職情報を見てみると、多くの求人が「30歳くらいまで」と書いてあったので、早めに転職して社員になろう、と思いました。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.新卒の就職活動のときは情報がたくさんあったのですが、転職の場合は公開している情報が少なく、その中から自分に合う会社を自分で探しだすことは難しいと思ったので、人材紹介会社に登録しました。カウンセリング時に紹介された会社のうち数社受け、その後に紹介された企業にあっという間に入社が決まった感じです。
私は今までずっと鉄鋼関係の商社に勤めていたので、転職先も鉄鋼関係を希望していました。というより、鉄鋼関係以外への転職は厳しいのではないかと思っていたのです。でも、思いがけずキャリアアドバイザーの方から「あなたに合うと思って」と、人材サービス企業の事務職を紹介され、話を聞いているうちに、その会社に興味を持つようになりました。その会社は、雰囲気がよさそうで、仕事内容も、私が希望していた「内勤の事務職で、営業の方のサポートをしながら周りの人を助けるような仕事」にぴったりでした。選考が進む中で未経験分野だけれどチャレンジしてみようかな、という気持ちになり、1次面接、2次面接を通過し、採用が決まりました。

 

入社した企業について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.なんといっても、働く環境のよさです。今までは年収や待遇ということばかりに目が行っていましたが、面接を受けながら、社風に惹かれて「ここで働いてみたい!」と思ったので、その直感を大事にすることにしました。私のことをよく知ってくれているキャリアアドバイザーが「私に合う」と言ってくれたのだから、きっと私に合う何かがあるのだろう、とも思いました。

 

入社後の現状・新たな目標など
Q.入社した会社はいかがですか?また、今後の目標があれば教えてください。
A.今、入社して1週間ほどたち、未経験の業種なので前任者からの引き継ぎを行っているところです。周りがいい人ばかりで、働きやすい環境なので、仕事を覚えるのは大変ですが、毎日楽しく過ごしています。まずは3ヶ月で仕事を覚えることを目標に、自分のキャリアプランについては、その後ゆっくり考えていこうと思っています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

Mさんの明るいお人柄や積極的な姿勢など、今回入社された会社の雰囲気にピッタリだと思います。Mさんにとって未経験の業界でのお仕事にはなりますが、新しい職場でもきっと活躍されると信じています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

⑥出版会社 モバイルのWebディレクターからの転職

大手出版会社のIT部門でWebサービスの幅広い業務を経験したKさん。前職と全く違う業界への転職はどのように決断されたのでしょうか。転職のきっかけから、企業選び、実際に入社を決断するまでを伺いました。

30代男性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.前職ではWebサービスの営業から開発まで幅広く経験いたしました。 最終的にはモバイルのWebディレクターとして、企画メンバーの要件を整理し、外部開発会社と仕様や金額、スケジュールの調整を行っていました。
どんなことにやりがいを感じていましたか?
数十万人の会員数を抱えるサービスだったので、ユーザーからリアルな声を多く聞けることがやりがいでした。 また、モバイルの最先端の技術をキャッチアップして、サービスに反映できることも楽しかったです。

 

転職の理由
Q.なぜ転職を考えたのですか?
A.所属のIT部門の売上比率が小さく、全社的に評価されることが少なかったことと、ウェブサービスに精通している社員が少なく成長しづらい環境だったため。
転職を決意したきっかけ、出来事はありますか?
大きなプロジェクトのサービスリリースによって、所属部門での達成感を得た。また、仕事が落ち着き今後のキャリアプランについて考える時間ができた。
何に重きをおいて転職活動を行いましたか?
最初で最後の転職にしたいと思いましたので、「職場環境」を重視しました。
具体的には3点です。
・今まで生活に関連したサービスを提供していたので、似た自社サービスを提供している。
・所属部門が社内で重要な役割と認識されている。
・社員同士が活発に意見交換できる。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.初めての転職でどのように活動したらいいのかわからず、パソナキャリアを含む複数の人材紹介に登録を行い、数社面談しました。
面談ではキャリアアドバイザーに「今までどのような仕事をしてきたのか?」「なぜ転職を考えたのか?」「今後何をしたいのか?」など少し緊張しながら本音でお話しをした後、その内容をふまえ求人情報を紹介いただきました。
数社と面談し求人票を多くいただきましたが、面談時に書類通過が3割程度と聞いたので、職場環境を中心に絞込み約10社に応募書類を提出することにしました。
実際、7社の面接を受けることになり、面接の日時調整には苦労しましたが、社最終的にその中の1社に転職することになりました。
転職活動を通じて、数社と面談を行って第三者の客観的な意見をいただいたことはよかったのですが、数社の人材紹介会社から応募すると面接の日程調整を自分で行う必要があるため、余計な体力を使ったと反省しています。私は信頼できるキャリアアドバイザーを1人見つけることが転職の近道のように思います。
転職活動において工夫したことはありますか?
職務経歴書で、今後行いたい業務に関連する経歴はボリュームを増やし、アピールしました。 また、面接の30分前には会社付近に到着し、職場で自分が働いていることを想像して面接に挑みました。
転職活動において、大変だったことはありますか?
数社の人材紹介会社から応募したので面接の日程調整が苦労しました。
アドバイザーのアドバイスはいかがでしたか?
転職当初は転職理由やどのような会社に行きたいか、整理できてない部分がありましたが、経験豊富なアドバイザーに質問されながら、徐々に方向性が定まってきたと思います。

 

入社後の現状・新たな目標など
Q.新しい仕事はどのような内容ですか?
A.Webプロモーションとマーケティングです。
今後のキャリアプランはありますか?
まずは現在のサービスを任せてもらえるようになりたいと思っていますが、最終的に新たな事業を立ち上げたいと思っています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

キャリアアドバイザーからのコメント

本人の志望に加え、モバイルの経験が豊富でしたので、モバイルのサービスを提供しているコンテンツプロバイダのディレクター職を中心に紹介しました。 Kさんは人当たりがよく、人とコミュニケーションをとることが好きだということもあり、職種にこだわらず、人柄に合う会社も数社紹介いたしました。
また、内定の通知の際、Kさんより職場を見たいとの要望がありましたので、企業様に相談して社内見学できるように調整いたしました。

内定獲得のポイント

Webプロモーションのご経験があり、社内の各部門との連携が欠かせないポジションですが、調整スキルにも長けていらっしゃいます。また、なによりも仕事に対し真面目に取り組む姿勢が評価されたと思います。 新しい職場でも柔軟に対応されると思いますので、ご活躍を期待しています。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

⑦ソフト開発エンジニアからの転職

会社の環境に疑問を抱きつつも仕事をしていたSさん。新しく工作機械の分野にも興味を持ち、今後のキャリアを考えた時、年齢的なものも考えて転職するなら今しかないと、パソナキャリアへ登録。

30代男性

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.大学院卒業後、通信機器メーカーに入社して5年経過したのですが、会社の人事制度や環境に疑問を抱くようになったのが直接のきっかけです。
年齢的なものもありましたし、工作機械やエンジン・モーターに興味があったのでチャレンジするなら今がチャンスと思ったのが転職の理由ですね。
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.自分が知っている企業のホームページの中途採用ページを見たり、インターネット中心の情報収集でした。
やはり自分の知っている会社には限度もあり、人材紹介会社への登録に至りました。
まだ現職中でしたので、普段の業務で忙しい分転職活動もなかなか思うように進まず、情報収集にも限界がありました。興味のある会社のホームページの求人情報を見て問い合わせてみると実は募集が終了しているということもよくありました。
紹介会社経由の場合は、情報はいつでもリアルタイムでとてもスピードがありました。自分の希望を言えば候補を絞って求人を紹介していただくことも出来ましたし。働きながらの転職活動には人材紹介会社はとても頼れる存在でした。

 

入社した企業について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.タイミングだと思います。今回入社が決まった会社は、選考基準が高いと聞いていたのですが、うまく選考が進んで内定をいただいたという所もポイントの一つだと思っています。職務内容や勤務環境はもちろんのこと、「縁」という運命的な部分も大切にしたいと思いましたね。
前職と比較するとカルチャーも随分違う印象を受けました。エンドユーザーと話をしながらモノを作っていくという環境にとても惹かれるものがありました。

 

入社後の現状と新たな目標
Q.新しい仕事での目標などありましたら教えてください。
A.ユーザーと一緒になって良い製品を作っていきたい、ユーザーに満足してもらいたいというのが一番です。扱う製品が前職と全く異なるので、ソフト開発の技術はあるものの、業界の知識をゼロから蓄積しないといけないのが大変なところでもあり、やりがいを感じるところでもあります。
転職は一つの選択肢に過ぎません。1年後・2年後に自分がどんなスタンスで仕事をしているか、目標を設定して新天地でもご活躍していただきたいですね。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

Sさんの今までのご経験をお聞きする中で、きちんと現場で実を積んで来られた方という印象を受けました。単に開発の経験だけではなく、関連部門や関係会社・顧客との折衝や調整業務の経験もきちんとされている方という印象も持ちました。加えて設計・開発においても自分なりのポリシーを持たれておりましたのでPRポイントの抽出にも困りませんでした。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

⑧不動産賃貸・売買仲介会社WEB制作からの転職

大学を卒業後、WEBデザイナーとして経験を積んできたTさん。今後はWEBデザインだけでなく、更に上流に携わりたいという思いから転職活動を決意。視野を広く持ち、色々な企業へ応募したTさん。最終的に入社を決めたのは?

30代女性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.不動産賃貸及び売買の仲介会社の広報部に所属していました。主な業務は賃貸・売買物件のチラシ制作とWEBサイトの制作、運営です。高級物件の取り扱いが多かったので、主な顧客は日本に駐在する外国人の方々でした。
Q.前の会社でのやりがいは、どうでしたか?
A.外国人のお客様向けの英語サイトをリニューアルしたのですが、コンテンツの内容を考えたり、企画段階から携われたことにやりがいを感じました。
また、リニューアル後にお客様から見やすいサイトだったとお褒めの言葉をいただいた時は、ユーザー視点でのデザインを心掛けたことが評価されたと思い、嬉しかったです。直接お客様の声が聞けることが、何よりも励みになりました。
Q.仕事をするなかで身につけた強み、スキルなどはありますか?
A.チラシ制作の仕事を通して、DTPのスキルが新たに身に付きました。
WEBとは違う表現方法が身に付いたと思います。また、直接エンドユーザーと繋がることができる自社サイトの運営に携われたことは良い経験でした。
それまでもユーザー視点でのWEBデザインを心掛けてはいましたが、デザインだけではなく、お客様がどういうコンテンツを望んでいるのかを強く考えるようになりましたね。

 

転職の理由
Q.なぜ転職を考えたのですか?
30代になって自分の仕事に対する思いや、スキル、経験を改めて振り返りました。その上で夢やビジョンを考えたときに、前職の組織の中では実現することが難しいと感じたため、転職を考えました。
転職を決意したきっかけ、出来事はありますか?
最初は、転職ポータルサイトに登録をするところから始めました。自分で直接企業に応募もしましたが、思うような結果に至りませんでした。その後、いくつかの人材紹介サービスに登録しましたが、希望に合う求人の紹介が少なかったため、パソナキャリアにも登録しました。
Q.何に重きをおいて転職活動を行いましたか?
A.一番重要視していたのは仕事内容です。WEBサイトのディレクションスキルを身に付けることを第一に考えていました。事業会社とベンダーと、どちらを受けるべきか悩みましたが、転職活動中は答えが出なかったので、両方を受けていました。業界は特に絞らず活動していました。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.最初は、転職ポータルサイトに登録をするところから始めました。自分で直接企業に応募もしましたが、思うような結果に至りませんでした。振り返ってみると、最初から同時に登録を行っておけば、その時間分は転職期間を短縮できたと思います。
職務経歴書などの書類の準備と、転職ポータルサイトへの登録は以前から行っていましたが、本格的に活動を開始したのは人材紹介会社に登録してからですね。
Q.転職活動において工夫したことはありますか?
A.企業が募集しているポジションによってPRするポイントが異なると思ったので、企業研究をしっかり行い、書類も応募企業毎に工夫しました。私はWEBデザイナーだったので、過去に制作したWEBサイトのポートフォリオを作って書類応募の際に一緒に提出していました。
当たり前のことですが、企業研究と業界研究のため、プレスリリースとIR情報には必ず目を通すようにしていました。また、業界のニュースもチェックしていました。
Q.印象に残った面接などはありましたか?
A.WEBデザイナーとして、自分がどんな思いを持って仕事に取り組んできたかを伝えた際、面接官が共感してくれた時は盛り上がりました。その面接では、自分のやってきたことをきちんと評価していただけたな、と手ごたえを感じることができました。
転職活動において、大変だったことはありますか?
現職中での転職活動だったので、面接以降のスケジュール調整が一番大変でした。キャリアアドバイザーがスケジュールを調整してくれたのは非常に助かりました。
複数社同時に受けていたので、連日の面接は、心身ともに疲れました。ただし、苦手な面接も、繰り返すうちに話す内容がまとまり、自分の言葉でスムーズに話せるようになりました。最後は滅多に話せない人と話せるチャンス、と面接を前向きに考えられるようになりました。

 

入社した企業について
Q.入社を決めた理由は何ですか?
A.応募した企業は15社ぐらいありましたが、3社から内定をいただいた時点で、その中の1社に決定しました。選考中の企業があと2社あったので、決めるときはかなり悩みましたが、初心に返り転職の目的である「WEBサイトのディレクションスキルが身につくこと」を考慮して決定しました。
仕事内容が希望に合致していたことが一番の理由です。また、待遇面に関しても特に不満はありませんでした。
Q.入社してかなえられたことは?
A.WEBのディレクションスキルを磨くことができるようになります。また、WEBサイトは見られなければ意味が無いものになってしまうので、リスティング広告やSEO対策などによる集客にも関心を持っていました。
今度入社する企業は、積極的にSEMに取り組んでいる企業だったので、今までの自分の経験を活かしながら、新しいスキルを積んでいけると思います。

 

入社後の現状・新たな目標など
Q.新しい仕事はどのような内容ですか?
A.入社後は自社サイトの運営と、WEBでの集客がメインの仕事内容になります。
自社の提供するサービスを多くの方にご利用いただけるよう、WEB上で広告を打ったり、SEO対策を行います。また、お客さまのニーズに応えるコンテンツの企画や新サイトの立ち上げなども行える環境なので、やりがいがあります。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

キャリアアドバイザーからのコメント

事業会社のディレクター、アシスタントディレクター、WEBマスター職、ベンダーのSEOディレクターの求人をご紹介しました。
キャリアカウンセリングにおいては、事業会社とベンダーと迷っていらっしゃったので、業界動向をご説明するとともに、具体的な求人をご紹介しながら、キャリアプランや将来の可能性について、アドバイスを行いました。
年収や福利厚生についても、ご相談いただきましたので、Tさんのキャリアを拝見し、今までの実績を参考に、想定の提示年収などをお伝えしました。また、面接の後にはご連絡をいただき、感想などをお話いただく中で、今後のキャリアを決めるお手伝いをしました。

内定獲得のポイント

Webデザインを中心にキャリアを積んでいらっしゃいましたが、単なる見た目のデザインだけではなく、本質的なユーザーのニーズをキャッチすることの重要性を理解していたことが、今回の内定に至った大きなポイントではないでしょうか。
今後の目的として、今までのWebデザインから更なるキャリアアップをご希望されていましたが、その目標もしっかりと明確であったTさん、入社後のイメージもきちんとご自身の中でされていたことが、評価に繋がったと思われます。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

⑨メーカー研究職での転職。Uターンで地元企業へ。

社内事情によりR&Dから工場の生産部門へ異動となる。前向きなJOBローテーションの一環ではあるものの、自身としては引き続きR&Dでのキャリアを希望し、転職を決意。地元メーカーのR&D部門への転職を選択されました。

30代男性

転職する前の仕事
Q.転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
A.現職ではR&D部門にて材料開発からモジュール開発までを担当していました。大学や外部企業との協業プロジェクトなども経験しました。また、世界初となる材料の開発にも成功しました。工場に異動後は、製造マネジメントに携わっています。

 

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.きっかけはR&Dから製造部門へ異動となったこと。更なるステップアップを期待されての異動であることは過去の事例や異動の説明でも理解していましたが、どうしてもR&Dとしてのキャリアを諦める事が出来ず、已む無く転職を考えました。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.まずはインターネットで検索し、出てきたサイトに登録しました。するとスカウトサービスを通じてかなり多くの転職エージェントからお声がけを頂きました。たまたま転職活動をしている同僚がおり、その方からパソナさんの対応が良かった旨を聞いていたのでパソナさんにも登録しました。(お会いする前にパソナさんのHP上で、担当アドバイザーさんのプロフィールも確認しました。)

 

今後のお仕事について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.今回色々な転職支援会社とコンタクトいたしましたが、地元へUターン出来る求人をご提案頂いたのは、パソナさんからご提示頂いた1社(転職先)だけでした。担当のコンサルタントの方から“求人”というよりは“企業軸”で説明を頂きました。お話を聞く中で、非常に良い会社であることも分かり、チャレンジをしました。最終的には内定頂いた3社の中から、2社に絞り込み、最後の最後まで悩んで決めました。最終的な決め手は勤務地もありますが、ワークライフバランスを実現できるか否かという点が大きかったです。

入社後の目標など
Q.今後のキャリアプランについてお聞かせください。
A.新しい会社では、既存の事業ではなく、将来的に会社を支える新しい製品や事業を創っていくというポジションとなります。まずはこれまでの知識・経験を元に、新しい価値創造が出来るよう頑張りたいです。チャンスがあれば研究や開発テーマの検討・推進、また事業そのものの推進など大きな役割を担えるようになるのが理想です。 ?

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザーより一言

面談では、今後もR&D職でのキャリアを強く望まれている事が伝わってきました。勤務地については幅広く検討との事でしたが、出来れば地元Uターンできたら・・・という想いも感じました。幾つか求人をご紹介指せて頂いた中で、地元企業が1社ございました。こちらの企業は、たまたま私が知っていた企業様で、分野的には若干異なる可能性もありましたがR&D職を募集しているということでご案内をしました。どちらかというと“企業軸“のご紹介からスタートしたお話でした。応募を頂いた後は、かなりスムーズにお話が進みました。企業様も忙しいご本人に配慮頂き、祭日に面接を実施頂くなど、非常にスピーディー且つ柔軟な対応を頂きました。単なる”求人のご紹介“ではなく、”ご本人の希望と企業“をベースにしたご紹介をすることで実現した転職だと思っています。勿論、ご本人の技術力やこれまでの成果・努力が高く評価された結果の内定です。
技術力のある良い企業様と私個人も応援していた企業様でしたので、新製品開発で是非とも末長く御活躍していただきたく思っております。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

キャリアアドバイザー

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

⑩製薬メーカールート営業からの転職

長期的視点で活躍出来る会社を選びたい!現在の営業所は3名体制で、残りの2名は60歳代。個人プレー的なセールススタイルに限界と将来性を感じることが出来なくなった。そんな中、年収の大幅なダウンがあり、転職を考えるきっかけに! Mさんの転職活動を振り返りました。

30代男性

転職の理由
Q.転職を考えたきっかけは何ですか?
A.大学を卒業後、薬品メーカーでOTC向けの営業に従事、その後、2社においてサプリメントや漢方薬の営業に従事していました。
自分自身の将来をイメージ出来ないことに加え、大幅な年収ダウン!転職をするという強い意志を持って、パソナキャリアに登録しました。

 

私の転職活動
Q.どのように転職活動をされましたか?
A.まずは自分の希望することを全て担当のキャリアアドバイザーへ伝えました。
最終的には、MRなどの専門領域は今までの経験からは難しいということで、主に大衆薬や健康食品分野の求人をご紹介頂きました。
その中で「医薬関連で営業職」このシンプルな要求にマッチしている求人は積極的に受けました。受けてみないと分からないという思いもありましたし、転職をするという強い意志が積極的な活動に繋がったと考えております。
面接では特に無理はしませんでした。自分の中で面接=お見合いと位置付け、等身大の自分で勝負しました。転職回数・年齢を考えても、無理して入社することは望ましくないと考え、また現職中でしたので日程調整に関してもキャリアアドバイザー経由で行いました。

 

入社先について
Q.今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
A.結果的には内定を頂いた会社は1社で、その会社に決めました。キャリアアドバイザーを通じて実際の残業時間や労働環境など細かいことを確認し、意思決定に関しては家族(妻)とも十分に話し合いをしました。
最終的な決め手は「長く働ける会社かどうか」でした。企業の人事からも入り口の年収や仕事の話に留まらず、年収やポジション、期待することなど将来の話まで頂けたこともポイントになりました。

出典:パソナキャリア公式サイト 転職成功事例

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/

30代がパソナキャリアを利用するメリット

メリット

評判・口コミなどから分かった『30代がパソナキャリアを利用するメリット』は、下記の5点です。

  1. 転職にかかる時間を削減できる!
  2. 転職先のリアルな内部情報が分かる!
  3. 年収アップしやすい!
  4. 面接では伝えきれないあなたの長所を企業に伝えてくれる!
  5. 転職で企業が抱える悩みを解消してくれる!

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

メリット①:転職にかかる時間を削減できる!

パソナキャリアの女性の転職のサポート体制

パソナキャリアに登録すると…

あなた専属のキャリアアドバイザーがついて、転職活動から入社に至るまでの過程をサポートしてくれます!

主に、以下のようなサポートを受けることができます。

パソナキャリアのサポート内容

  • キャリアカウンセリング(面談)
    ➡︎転職活動に関する不安・疑問を解消できる
  • 求人紹介・面接日程調整
    ➡︎時間的な負担が軽減される
  • 履歴書や職務経歴書の添削
    ➡︎転職活動のための実践的スキルが身に付く
  • 面接対策
    ➡︎転職活動のための実践的スキルが身に付く
  • 内定後の年収交渉
    ➡︎年収が上がりやすい

上記のようにキャリアアドバイザーは…

利用者とカウンセリング(面談)を行い、利用者の希望条件とのマッチング、求人紹介、求人応募、履歴書作成、面接日程調整、面接対策、年収アップなどの条件交渉、入職後のサポートまで徹底的に行ってくれます。

しかも…

これらのサポートは全て無料で受けることができます。

実際、パソナキャリアを利用せず一人で転職活動を行う場合には…

求人情報の確認、履歴書などの書類作成、面接日時の調整などを一人ですることになるので、時間と体力をかなり犠牲にします。

そのため…

仕事やプライベートのことで忙しい30代の方にとって、転職活動は苦痛で面倒なものでしかないでしょう。

しかし、パソナキャリア を利用することで、細々したことも全てキャリアアドバイザーに任せることができるため、効率よく転職活動を進められます。

何かと忙しく、転職活動の時間が取れない30代の方こそ、パソナキャリアの利用をおすすめします!

あれこれ調べたり、応募するのが嫌いな面倒くさがりの方は最適ですよ!

彼女

メリット②:転職先のリアルな内部情報が分かる!

パソナキャリアを利用すれば…

転職先のリアルな内部情報を聞くことができます!

30代のよくある退職理由に『職場の人間関係の問題』『労働条件の問題』があります。

ハローワークでの転職や、転職エージェントを利用せず個人で転職をする場合には、内部情報を得ることが難しいため…

転職後にも同様の問題で早期退職する可能性が高くなります。

勇気を出して転職したのに、思っていた職場と違っていたら本当に悲しいですよね…

彼女

しかし、パソナキャリアを利用すれば安心です!

職場の人間関係や雰囲気はもちろんのこと、休暇日数や残業、給与の実態、有給消化率などの詳細情報を把握しているので…

最新でよりリアルな職場情報を元に、様々な角度から自分が希望する職場を決めることができます!

私も、内部情報教えてもらったのおかげでぴったりな職場が見つかったので、転職エージェントを利用して本当に良かったです!

彼女

メリット③:年収アップしやすい!

パソナキャリアの年収アップ率

パソナキャリアでは…

求職者が内定後に現在の職場を円満退職するための退職サポートや、より高い年収で入社できるように企業の人事に交渉する年収交渉などのサポートも充実しています!

実際、パソナキャリアの公式サイトに記載があるように…

パソナキャリアを利用して転職した方の67.1%が年収アップに成功しています!

なぜパソナキャリアが『年収アップに強い』かと言うと…

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは交渉力が高いので、『内定が取れて終わり!』ではなく、より高い年収で入社できるように企業の人事に掛け合ってくれるからです。

自分では難しい医療機関との年収交渉も全てキャリアアドバイザーが行ってくれるため、年収アップして転職することが可能になります。

そのほかにも、入職時期などのあらゆる条件交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

できる限り好条件で転職できるよう、転職エージェントを賢く利用しましょう!

彼女

メリット④:面接では伝えきれないあなたの長所を企業に伝えてくれる!

転職活動において、希望の条件に合う求人が見つかったあとは…

履歴書や職務経歴書での書類審査や面接になります。

その際…

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、面接の前後で企業の採用担当とコミュニケーションをとり、面接では伝わりきらない長所をあなたの代わりにアピールしてくれるのです!

  • 即戦力の人材であること
  • 戦力になる素質があること

など、転職においてプラスとなる長所を企業にアピールしてくれるので、転職成功の可能性がグッと上がるのです。

メリット⑤:転職で企業が抱える悩みを解消してくれる!

転職では企業は下記のような不安を抱えています。

  • 即戦力であるか
  • 入社してすぐに辞めないか
  • ストレスに弱くないか
  • 良好な人間関係を築けるか
  • 自分で考え自主的に行動できるか
  • 戦力になる素質はあるか

これらを解消しなければ、なかなか内定は出ません。

しかも、1度の面接でこれら全てを解消するのは難しいでしょう。

そこで…

頼りになるのがパソナキャリアのキャリアアドバイザーです!

あなたに代わって企業を説得してくれ、企業が抱える不安を解消してくれるのです。

そのため…

転職エージェントを使うべきだといえ、実際に多くの方が転職エージェントを利用して転職に成功しています!

30代がパソナキャリアを利用するデメリット

デメリット

評判・口コミなどから分かった『30代がパソナキャリアを利用するデメリット』は、下記の1点です。

  1. 担当のキャリアアドバイザーによってサポートに差がある

詳しく見ていきましょう。

デメリット①:担当のキャリアアドバイザーによってサポートに差がある

看護師

パソナキャリアの悪い評判として、キャリアアドバイザーによってサポートに差があるという意見がありました。

この理由としては…

  • 担当のキャリアアドバイザーとの相性が合わない
  • 自分の希望や求める条件をきちんとキャリアアドバイザーに伝えられていない

などが考えられます。

ちなみに…

『パソナキャリア 』に限らず、他の転職エージェントを利用しても担当のキャリアアドバイザーと合わないという問題は発生します。

そこで…

担当のキャリアアドバイザーと合わないと感じたら、キャリアアドバイザーの変更を申し出ることをおすすめします!

以下のような文章を担当のキャリアアドバイザーに送れば、直接顔を合わせることなく担当の変更が申請できますよ。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいキャリアアドバイザーの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、担当変更がしづらい時には…

他社の転職エージェントをメインに利用すると良いでしょう!

パソナキャリア以外で30代の方にオススメの転職エージェントは後ほど紹介しますね。

また、キャリアアドバイザーに『希望の条件』を詳しく伝えられていない場合や、『面接対策や書類添削の依頼』をできないことにより、あまりサポートしてもらえないと感じることもあります。

そのため…

担当のキャリアアドバイザーには、『自分の思っていること』や『希望の勤務形態・勤務地・年収』など求める条件は、遠慮せず詳しく伝えるようにしましょう!

パソナキャリア以外の転職エージェントを利用しても、担当と合わないという問題は発生してしまうので…

転職を円滑に進めるためにもサポートがあまり良くないと感じたら、担当変更することが重要です!

彼女

まとめ|パソナキャリアを利用して希望の転職を叶えよう!

人生

私も転職エージェントをはじめて利用する時はちょっと不安でしたが、いざ登録してみると…

なんでもっと早く利用しなかったんだろう!

と後悔するほど充実したサポートを受ける事ができました。

1分で登録できて、しかも無料なのに悩んでいるなんてもったいないです。

パソナキャリアに登録するだけで、担当のキャリアアドバイザーさんがあなたの転職活動を代行してくれます。

楽して理想の職場に出会える可能性がぐっと上がるなんてとってもお得なサービスです。

『パソナキャリア』を利用すれば、あなたに合った職場に出会うことができますよ!

勇気を出して転職してみてくださいね。

彼女

この記事を読んでくださったみなさんが、理想の職場に出会えることを心から願っています!

\今すぐ登録したい方はこちらから/

パソナキャリアのロゴ画像

 

\公式サイトはこちらから/

https://www.pasonacareer.jp/


パソナキャリア以外でおすすめの転職エージェント

 

リクルートエージェント
 公式サイト:https://www.r-agent.com/

マイナビエージェント
 公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

doda
 公式サイト:https://doda.jp/

①リクルートエージェント

リクルーtページェントのロゴ

リクルートエージェントの評価
30代が活躍できる求人の量・質
(5.0)
キャリアアドバイザーの質
(4.0)
サポートの質
(4.0)

リクルートエージェント』は、リクルートグループの『リクルートキャリア』が運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントは圧倒的な求人数の多さが最大の特徴で…

企業との幅広いコネクションを活かした約20万件の求人を保有しており、その数は業界No.1です!

大手転職エージェントの求人数比較

転職エージェント求人数
リクルートエージェント22万件
DODA13万件
パソナキャリア5万件
マイナビエージェント3万件

上記のように…

実際に他社の大手転職エージェントと比較しても圧倒的に求人数が多いことが分かります。

求人は全業種・全職種・全年代・全地域に対応しているので…

自分に合った企業や職種を見つけることが可能です!

また、業界トップクラスの約470名の経験豊富なキャリアアドバイザーから…

ご自身のキャリアの見直しや書類選考・面接対策などのアドバイスを受けることができます。

実際、30代の利用者からも…

転職活動を始めるなら、とりあえず最初に登録するべき!

という評判が見られました。

そのため…

転職活動をする全ての30代の方が利用必須の転職エージェントと言えます。

業界No.1の求人数を保有し、全業種・全職種・全年代・全地域に対応しているので、まずは一度相談してみてください。

 

 

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

②マイナビエージェント

マイナビエージェントのロゴ

マイナビエージェントの評価
30代が活躍できる求人の量・質
(4.5)
キャリアアドバイザーの質
(4.0)
サポートの質
(4.5)

マイナビエージェント』は、大手求人広告会社の『マイナビ』が運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントの年齢別利用者分布

メインターゲットを『20代前半〜35歳』としているので、上記のように利用者も若年層の割合が高いです。

そのため…

『20代の転職』や『第二新卒の転職』であれば最高のサポートを受けることができます!

また、最近では30代の転職にも力を入れています!

30代の転職実績はまだ豊富ではありませんが…

新卒・第二新卒の分野で培ったノウハウやクライアント企業との関係性を活かして、手厚くサポートしてくれます。

初めての転職も1からサポートしてくれるため…

まずは話を聞いてみたい』という方は、ぜひ面談を受けてみて下さい。

 

 

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

③doda

DODAのロゴ

dodaは、大手人材サービス会社の
『パーソルキャリア(旧インテリジェンス)』が運営する転職エージェントです。

dodaの求人は、全業種・全職種・全年代・全地域に対応しており、30代が活躍できる求人の量・質ともに高評価です。

DODAのサポート体制

また、上記のように…

dodaは独自の2名体制で転職をサポートしてくれます。

そのため…

面接対策などのサポートの質も高く、キャリアアドバイザーも非常に優秀で質が高いです。

転職活動をする全ての人におすすめの転職エージェントと言えるほど総合力が高いので…

30代の転職でもおすすめの転職エージェントです。

 

 

【公式サイト】https://doda.jp/

 

\パソナキャリア以外の転職エージェントも見てみたい方はこちら/

アイキャッチ画像【2019年最新版】おすすめ転職エージェントランキング TOP8 アイキャッチ画像【2019年最新版】30代に人気でおすすめの転職エージェント TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください