【20代向け】看護師辞めたいなら、今すぐ行動すべき話【私は辞めた】

この記事では、《看護師を辞めたいと思ってる20代の方向けに、私の経験談などを交えつつ解説していきます。

新卒入社した大学病院を3年で辞めて、その後に派遣看護師に転職しました。 現在は派遣で幼稚園看護師として働きつつ、Webデザイナー目指して勉強中です。

さて、インスタグラムで下記の投稿を発見しました。

View this post on Instagram

. ※想定読者は3年前の自分です😌 . 高専卒、4年働いて24歳。 . そのタイミングで会社を辞めて思ったのは、もっと早く辞めればよかったってこと。 . 例えば、『スキルが積み上がると、将来的に自由に働けるような職種』なら話は別やけど… . その会社でしか通用しないスキルしか貯まらないなら、サクッと辞めて大丈夫かと、、、。 . なので、3年前の自分に伝えたい。今すぐ辞めても大丈夫!😌 . #yabublog 毎日更新15日くらい . 🔽ブログはプロフィールから @y.a.m.m.o . #gopro #goprojp #エンジニア #フリーランス #プログラミング #プログラマー #サーフィン #サーファー #海

A post shared by やぶ 🏄 (@y.a.m.m.o) on

※想定読者は3年前の自分です。

高専卒、4年働いて24歳。そのタイミングで会社を辞めて思ったのは、もっと早く辞めればよかったってこと。

例えば、『スキルが積み上がると、将来的に自由に働けるような職種』なら話は別やけど、その会社でしか通用しないスキルしか貯まらないなら、サクッと辞めて大丈夫かと、、、。

なので、3年前の自分に伝えたい。今すぐ辞めても大丈夫!

コレを見て、私も『その通りだな』って思ったんですよね

なので、この記事では『看護師辞めたい』と考えている20代の方向けに、『看護師辞めても大丈夫ですよ』という話をした後に…

私の経験を交えて、少しアドバイスできたらなと思います。

【20代】看護師辞めたいなら、今すぐ行動すべき話

【20代】看護師辞めたいなら、今すぐ行動すべき話

看護師を辞めても生きていける時代ですし、新卒入社しても3割の人が3年以内に辞める時代です。

なので、仕事を辞めるなんてよくある話でして、実際に行動に移してる人もかなりいます。

ですが、過去の私のように、なかなか一歩が踏み出せない方もいると思うので、少しでも勇気になれば幸いです。

提案:『病院からのリターンは充分?』と、少し考えてみましょう

あなたは看護師(Employee)として、病院などに自分の時間やスキルなどの労働力を提供することで、収入を得ていますよね。

なので、提供する労働力と得られる対価がイコールなら、なんの不満もないはずです。

つまりは…

提供する労働力 = 得られる給料やスキル

でバランスが取れている状態が理想です。

一方、『サービス残業』とか『スキルが全く積み上がらない業務内容』とかだと…

提供する労働力 > 得られる給料やスキル

となって、その病院で働き続ける限り、あなたは損をする一方です。病院や経営者は得する訳ですけど、それをあなたが奉仕する理由は、どこにもないと思います。

なので、どうせ働くなら稼げる仕事か、もしくは自分の市場価値が高まる仕事をすべきです。それができないなら、今の病院にいても、『看護師辞めたい』と思い続ける人生かと、、、。

体験談:私が『病棟看護師』を辞めた理由を話します

体験談:私が『病棟看護師』を辞めた理由を話します

いくつか理由はありますが…

1番の理由は、『看護師として一生働き続けるのは嫌と思ったから』です。

世間一般的には『看護師 = 安定、高収入』と、わりと良いイメージがあるかと思いますが、実際の現場は、それはそれは綺麗なモノじゃありません。

ただ、我慢すればわりと給料もらえるし、休みもそれなりにもらえます。

なので、メリットもあるのですが、とはいえ…

  • 冷静に分析したら、一般職で通用するスキルがない…。(看護スキルのみ)
  • 体力や気力のある若い時期に、こんな仕事してていいのか?
  • 看護師免許は一生モノだから、さいあくいつでも復職可能だな

と自問自答していました。

一方で、病院に行っていたら給料は支払われるので、居心地はよかったんですけどね、、、。

しかし、このまま看護師として働き続けても『自分の市場価値は上がらない』『病院の歯車で終わる人生はい嫌だ』と感じて、辞めることを決断しました。

看護師を辞めた後、紆余曲折ありましたが、現在は保育園看護師として働きつつ、プログラミングやWebデザインの勉強に取り組んできます。

週4〜5日のフルタイム勤務になりましたが、夜勤がないので生活リズムが安定していて、勉強するには丁度良いですね。

なお、『自分の将来が不安』と思っているは『看護師』から『他職種』への転職は怖いけど、実はリスクは小さい話も参考になると思います。

余談:過去の私は、なかなか辞める決断ができなかった話

現在では、『今すぐ看護師辞めてもOK』と話していますが…

ぶっちゃけ過去の私も、なかなか辞める決断ができませんでした。

幸か不幸か、私は運よく大学病院に入れたので、同期とかもほとんど辞めてないですし、周りからの『いま辞めたらモッタイナイ』という意見もあったので、、、。

あとは、『仕事を辞める=ダメなやつ』という日本独特の風潮もありますしね。

ですが、最終的には『自分がどうしたいか』が大事ですね。成果を出せば、反対してた人も手のひら返すので、周りに流されず、自分の信じた道を歩みましょう。

20代で看護師を辞めたい人に、それっぽいアドバイス【3つ】

20代で看護師を辞めたい人に、それっぽいアドバイス【3つ】

最初に謝罪しておくと、私は別に大した実績とかないので、人にどうこうアドバイスできる立場にはないと思ってます。

なので、3年前の悩める自分にアドバイスするという観点で話していきます。

それ前提で、読んでいただけたら幸いです。

 看護師を辞めたい人が、やるべきこと【3つ】

下記の3つです。正確には、私がやってよかったことですかね。

  1. 『何かに挑戦してます』的なコミュニティに属する
  2. 同世代で活躍する人のSNSをフォローする
  3. 辞めた後の予定を、ぼんやり考えてみる

会社を辞める前に、やってみるのがオススメです。

順番に解説していきます。

その①:『何かに挑戦してます』的なコミュニティに属する

所属しているコミュニティが、看護師の同期や元々の友達だけっていうのは正直NGかと。そういった状況だと、仕事を辞めるという行動を起こしづらいですし、新しい知識も入ってこないです。

今なら、オンラインサロンに入ってみるとか、SNSで繋がりを増やすとか、、、方法はいくらでもあるので、行動すべしです。

MEMO

ちなみに、私の場合は…

『プログラミングスクール』に入りました。TECH::CAMP(エンジニアスクール)に入ったので、同世代でIT転職を目指すよき仲間であり、ライバルができましたね。

『何かに挑戦してます』的なコミュニティに属することを、意図してやった訳じゃないですが、結果的にいい影響を与えてもらいました。

≫【無料あり】現役エンジニアおすすめすのプログラミングスクール3社 

その②:同世代で活躍する人のSNSをフォローする

その②:同世代で活躍する人のSNSをフォローする

現実世界で切磋琢磨できる人がいないなら、SNSでも良いかと思います。できれば同い年(タメ)が良いですね。

私の場合、悲観的になった時によく見てましたね。病棟のトイレとかで、少し仕事をサボりつつ、インスタ見てやる気アップ、みたいなヤバイやつでしたね、、、笑

やる気になると同時に、悔しい気持ちにもなって…

『私、なんでこんな所にいるんだろう?』と考えさせられました。

なので、自分の将来を考える上で非常にいい影響を与えてくれました。

需要ないかもですが、私が影響もらってた一人を紹介します。私の一個下のクリエイターで、『職業=自分』みたいな人です。好きなことを仕事にしてて、圧倒的に自由に生きてますよ。

インスタ:≫ 旅するクリエイター Kei

その③:辞めた後の予定を、ぼんやり考えてみる

その③:辞めた後の予定を、ぼんやり考えてみる 

わたし的に、『看護師を辞めた後、すぐに転職しないといけない』とは思わないですし、『明確な目標がないと仕事を辞めてはいけない』とも思わないです。

無職の期間があると、転職活動で苦戦します、、、。

という価値観は日本特有ですし、転職エージェントのポジショントークってのもあるので、あまり気にしなくてOKですよ。

※余談ですが…わたしの彼氏も、正社員としては1年間ブランクありでしたけど、普通に採用されましたよ。

海外では、1~2年仕事を休んで世界一周したり、30歳・40歳という人生の節目にプチリタイアして大学に通ったりなど、日本ではあまり浸透していないような人生の歩み方をしている人もいるので安心してください。

そして、看護師を辞めるなら、なんとなくでもいいので、その後の予定を考えておくのもいいと思います。

  • 海外旅行や一人旅をしてみる
  • とりあえず、実家に帰ってニートする
  • 専門学校やスクールに通う

…etc

要は、なんでもいいと思います。 何もせず、一旦のんびりするってのもいいかもですね。結局、焦って決めるのが一番よくないです。

補足:『あと1年は続けようかな…』は思考停止してる話

補足:『あと1年は続けようかな…』は思考停止してる話

よく、『あと1年は続けようかな…』と言ってる人がいますが…

これは完全に思考停止して、目の前の現実から逃げてるだけかな、、、と個人的に思います。

『1年続ける』意味ってなんなんですかね…?

時間が解決してくれる問題ならいいですけど、、、そんな訳ないですよね。

例えばですけど、1年もあれば人生を大きく変えることができます。

私の場合、大学病院を辞めてから紆余曲折ありましたけど、結果的に自分のやりたい仕事(Webデザイナー)が見つかりましたし、それが実現できるように努力する環境も整えることができました。

まだ、目標は達成できてないので説得力ないかもですけど、夢に近づいているのを自分自身が一番実感しています。

同じ1年でも過ごし方によって人生を変えることも可能なので、『とりあえず1年続ける』みたいな、消極的な行動はよくないと思います。※言い過ぎかもですが、わたしのホンネです。

まとめ|20代は、看護師(仕事)を辞めても大丈夫です

まとめ|20代は、看護師(仕事)を辞めても大丈夫です 

今回の記事はこれくらいにします。

最後に、この記事のポイントをまとめます。

  • 『病院からのリターンは充分?』と、少し考えてみましょう
  • 20代は、看護師(仕事)を辞めても大丈夫です
  • 『あと1年は続けようかな…』は思考停止してる証拠です
  • 看護師を辞めたい人が、やるべきこと【3つ】
    1.『何かに挑戦してます』的なコミュニティに属する
    2.同世代で活躍する人のSNSをフォローする
    3.辞めた後の予定を、ぼんやり考えてみる

上記のような感じです。

なお、この記事は3年前の私に向けて書いています。

当時は、自宅から電車で病院に向かいつつ、『私、なんで看護師やってるんだろう…』と思いながら働いていました。

なので、当時の私みたいな方に、この記事が届けば幸いです。

人気記事

≫【2019年版】他職種へ転職する看護師さんにおすすめの転職サイト3選

≫『看護師辛いは、普通の感情です』という話【脱出方法も解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください