40代におすすめの転職エージェントランキングTOP5

アイキャッチ画像

現在の会社からの転職を考えている40代の方、転職エージェントへの登録が最初のステップです。幅広い求人情報を入手するためにも複数登録しましょう。今回は40代向けの転職に強いエージェントを紹介しています。各エージェントの特徴をよく理解して検討してみてください。

40代向け転職エージェントの選び方

 

近年の景気回復から、企業が採用を拡大しており、若手だけでなく30代・40代・50代といった中高年の転職が増えてきています。新規事業の立ち上げや海外への進出に豊富なビジネス経験が生かされており、交渉力や問題解決能力の高い40代へのニーズは高まっています。

中堅・中小企業を中心として、経験豊富なキャリア層の登用が顕著ですが、40代の転職ではキャリアに自信がある人とない人とで対策も180度変わるものです。また、景気は上向きとはいえ、20代、30代と比べて、40代以上の求人は少ないのが実状です。

40代はさらに自身のキャリアだけでなく、家族、そして家のローンなどのさまざまな悩みを抱えながら転職活動をしなければなりません。頑張りが必要な40代の転職希望者にとって転職エージェントは心強い存在です。

40代が転職に成功するためには、とにかく数多くの求人に応募していくことです。そのためには、まず複数のエージェントに登録しましょう。

複数のエージェントを併用すると、各エージェントが得意とするサービスを同時に受けられる点がメリットといえます。例えば、求人量が圧倒的に多い、業界知識に詳しい、面接対策をしてくれるなど、それぞれ独自の強みや得意とする分野、サービスがあるはずです。

違う情報やサービスを同時期に受けることができると、転職活動が効率よく進むでしょう。

 

40代におすすめの転職エージェントランキング

 

転職エージェントの力を借りて転職活動を始めようとしても、どのエージェントを選んで登録すべきか、迷う人は少なくないはずです。自分のこれからの人生が転職エージェント次第で大きく変わってくるかもしれないのですから、慎重に選びたいものです。

ここでは、数ある転職サイトの中から、求人数も多く、40代の転職に強い転職エージェント5社を厳選してご紹介します。

各エージェントの特徴などをご紹介していますので、自分の目指している方向性に合うエージェントをうまく活用してみましょう。

1位:ビズリーチ

ビズリーチは、会員制の転職サービスとして、国内最大級の規模を誇ります。

  • エグゼクティブ向けの転職サービス

管理職への転職や年収1000万円が希望など、ハイクラスな求人を希望している人にとって、使い勝手が良いサービスです。管理職経験者や年収が該当する人であれば、ヘッドハンティングの可能性が広がってきます。

ハイクラスの求人は、採用の詳細を他社に知られたくなかったり、新規事業などがあるケースが多かったりするため、非公開求人の案件が多いことが特徴です。

  • ヘッドハンターまたは企業からのスカウト

ビズリーチは、スカウトサービスのシステムをとっているため、自分が応募するというのではなく、ヘッドハンターから紹介を受けて、推薦してもらうシステムになっています。また、企業からのスカウトがある場合もあります。

  • ヘッドハンターを選べる

ヘッドハンターは、登録者にとって重要な役割を果たす存在ですので、ヘッドハンターとの相性は、転職成功のカギとなる大切なポイントと言えます。そのため、ビズリーチでは、登録者がヘッドハンターを選ぶことも可能です。優秀なヘッドハンターと良好な関係が築ければ、理想的な転職をより実現しやすいでしょう。

また、ヘッドハンターは5点満点で評価されているため、登録者がヘッドハンターを選ぶ際の目安となります。

公式サイトはこちらから

https://www.bizreach.jp/

2位:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、転職エージェント型のサービスが専門の会社です。転職サイトと転職エージェントの併用する会社が多い中で、一貫して転職エージェントに絞っています。

  • ミドル層の転職サポートが強い

20代~40代くらいまでの転職希望者を対象としている総合転職サービスの会社が多いですが、JACリクルートメントは、経験を活かしてキャリアップにつなげたいと考える30代~40代の、ミドル層の転職サポートに力を入れています。

転職コンサルタントは、各業界のスペシャリストだった人が多く、業界の事情や必要なスキルについての知識があるため、適切なアドバイスが可能です。

なお、公開している求人は全体のうちの30%ほどで、残りの70%は非公開求人です。他の転職サービスでは知ることのできない非公開求人を見ることができることも、JACリクルートメントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

  • 転職支援サービスに特化

転職支援に絞ったサービスを行っているため、コンサルティングの質が高いことが魅力です。紹介先企業には、事前に訪問して、企業文化や事業戦略までリサーチするなど、情報収集に力を入れているので、転職希望者は安心して紹介された企業の転職について決断ができます。

  • 外資系企業の求人に強い

JACリクルートメントは、日本の他にアジア7ケ国に拠点があるので、外資系企業や海外勤務の求人に強いことが特徴です。

これまでにも多くの実績があり、ノウハウが豊富なため、グローバルな転職に不安のある方にとって頼りになる存在となることでしょう。英文レジュメの作成なども、ていねいにアドバイスをしています。独自のグローバルなネットワークを活かして最新の情報を提供してくれます。

海外勤務の場合、転職者が年俸交渉するのはかなり難しいとされていますが、JACリクルートメントではコンサルタントが代行して交渉してくれることも安心できる点です。

公式サイトはこちらから

http://www.jac-recruitment.jp/

 

3位:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、世界60カ国に拠点がある人材紹介会社アデコの転職サービスです。

  • 専門分野に特化した体制により、専門的なサポートができます。

職種ごとに以下の専門部門に分かれており、専門分野に精通しているキャリアコンサルタントが質の高いサポートを提供。

・HR&ファイナンス

・セールス&マーケティング

・IT&エンジニアリング

・ライフサイエンス&メディカル

さらに各部門ごとに、産業・職種別の専門チームが組まれているため、転職希望者が持っている価値を正しく把握し、また職種や業界についての見識も深いため、最適な求人を提案してくれます。

  • グローバルな転職にも対応

アデコは、世界60カ国以上の国に、およそ5100拠点あり、国際ビジネスに関する知識やノウハウが豊富です。

国際的に活躍しているアデコならではの規模を活かしSpring転職エージェントは、グローバルな転職にも対応可能。外資系企業や海外企業への転職希望者にはおすすめのエージェントと言えるでしょう。

特に外資系企業の求人では、非公開求人が多いという評判です。

  • 面談希望者の登録を断らない

Spring転職エージェントは、面談希望者と必ず面談するというスタンスをとっています。

キャリアがなかったり、年収が低かったりなど転職市場価値が低い転職希望者は、登録さえも断わるエージェントが多い中、Spring転職エージェントに関しては登録拒否がほとんどありません。

他のエージェントで転職がうまくいかなかった方もSpring転職エージェントで再挑戦してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちらから

http://www.springjapan.com/lp/af/bigword/?banner_id=vctg074

4位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No.1の求人案件数を誇るリクルートキャリア運営の最大手です。

  • 求人数・転職成功実績ともにトップクラス

非公開求人もおよそ10万件以上。転職成功実績では、30万人以上を成功に導いています。 実績を支えるのは、質の高い担当スタッフと、組織としての以下のような仕組みです。

・面接力向上セミナー:面接の必勝法を指導する

・エージェント レポート:さまざまな企業情報を提供する

・パーソナルデスクトップ:転職希望者の応募や活動の進捗状況を管理する

他の転職エージェントと比較しても、強力な仕組といえます。

  • 担当者の充実のサポート

利用者の感想で多いのが、「担当者がとても頼りになる」ということです。創業30年以上の経験と実績のある転職エージェントだけあり、ベテランの担当者も多いため、質の高いサポートを受けられます。実績の多さから、転職希望者に伝える情報量も多いです。

40代・50代の中高年の転職についても積極的にサポート。求人案件の幅が広いので、中高年の多様なキャリアにも対応可能です。

求人量とサポートの質などを総合的に判断して、まず登録しておきたいエージェントといえます。

公式サイトはこちらから

https://www.r-agent.com/

5位:DODA

DODAは、パーソルキャリア運営による転職支援サービスです。

  • 求人数の量が多く、質も高い

公開求人数は約4万3千件以上ありますが、求人の80~90%が非公開求人です。しかも、優良企業や大手企業からの優良求人が非常に多いことも特徴です。

  • IT・エンジニア系・技術系の求人が多い

DODAの求人掲載数の約半分が、IT・エンジニア・技術系の業種です。ITエンジニアなどの専門サイトもあります。

  • スカウトメールの多さが抜群

転職活動の幅を広げるために利用したいサービスのひとつが企業からのスカウトメール。DODAではスカウトメールの頻度が非常に多く、利用者1人のメール受信数は平均するとひと月に25通。

企業からのオファーが受けられるスカウトメールを利用すると、忙しい転職活動の時間が短縮されるというメリットがあります。

しかも、DODAの1ケ月のスカウトメール配信実績はおよそ1,220万通であり、他の転職エージェントと比較しても圧倒的な実績数です。

  • 多くの転職フェアなどのイベントが充実

DODAは多くの転職フェアを開催することが良く知られています。転職フェアは、最近では開催しなくなっている所が多い中、DODAは貴重な転職エージェントです。

転職フェアは、IT系企業合同・販売職向け転職など、業界または職種ごとに行われる企業説明会です。多くの企業と出会える転職フェアは、転職活動中の人や多くの企業を一日で見たい人には絶好の機会といえます。

公式サイトはこちらから

https://doda.jp/

 

40代の転職エージェントの活用方法

 

複数の転職エージェントを併用する

転職に成功した人は、ハローワーク以外にも情報収集はインターネットを活用して、日々求人情報をさまざまな媒体からチェックしています。求人情報の8割ほどはインターネット上にあると言われているほどです。

しかし、転職エージェントでは、求人サイトには掲載されていない非公開求人を入手できますので、出来るかぎり多くのエージェントに登録して、幅広く情報のアンテナを広げるようにしましょう。1社のみ登録して転職活動をスタートすると、もしかして優秀とはいえないコンサルタントに大事な転職先選びを任せていることになるかもしれません。

転職の成功へのカギは、求人案件を多く保有するエージェントに登録すること、そして相性の良いコンサルタントに出会うことです。

そのためには、最初の登録の際に、少なくとも3社以上に登録を済ませ、面談を速やかに行うことが大事です。求人は日々変動しています。転職の成功の確率をあげるためには、できるかぎり早いうちに複数のエージェントに登録して、最適なコンサルタントに出会える機会をつくっておきましょう。

信頼できるコンサルタントに出会えたら、エージェントを徐々に絞っていくことも、転職活動をより効率良く進めるためには大切なポイントです。

 

キャリアコンサルタントを本気にさせる

転職エージェントでは、キャリアコンサルタントと良好な関係をもつことが成功への秘訣です。キャリアコンサルタントは真摯に転職希望者と向き合って対応してくれますが、常に忙しい状況ですので、ただ聞かれたことに応えるのではなく、アピールすることも必要です。

最初の面談では必ず転職時期を聞かれますが、「良い企業があればすぐにでも転職したい」と答えることをおすすめします。

キャリアコンサルタントにも売り上げ目標があるため、すぐに売り上げになりそうだと考えれば優先順位をあげるでしょう。要は、キャリアコンサルタントを本気にさせることがカギになります。

そのため、応募先の企業のニーズをつかんで、ポイントを絞り自分を売り込みましょう。職務能力だけでなく、プラスアルファの知識やスキルなどがあれば、積極的にキャリアコンサルタントにアピールしてみましょう。

 

まとめ

40代で転職活動を始めるのは、20代や30代の頃とは違いって難しい面があります。しかし、多くの転職エージェントに早めに登録を済ませ、優秀なキャリアコンサルタントと出会い、多数の求人案件を紹介してもらうことが転職成功へのカギとなります。今回ご紹介したエージェントをぜひ参照してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です