ワークポートの評判は?転職成功者が評判・口コミを徹底解説

ワークポートのロゴ

いざ『ワークポート』を利用しようと思っても、

本当に自分に合った転職エージェントなのかな
評判の悪い転職エージェントじゃないかな?

と不安ですよね。

転職エージェントは頼りになる存在ですが、間違った選び方をすると、

あなたの転職活動の足を引っ張ってしまう可能性もあります。

そのため、自分に合った転職エージェントを選び、正しく使いこなすことが転職成功の鍵になります。

そこで、ワークポート利用者の方、計500名にアンケート調査を行い信用できる評判・口コミを集めました。

この調査結果を元に、本記事では過去に、
転職成功経験 + 転職エージェント利用経験のある筆者が、

  • ワークポートの評判
  • ワークポートを利用すべき人
  • ワークポートを最大限活用する方法
  • ワークポートと併用すべき転職エージェント

などをわかりやすく解説します。

この記事は、過去に転職経験のある筆者が渾身の力で書きました。

『自分に合った職に就ければ、仕事は楽しくなり、人生は充実する』と筆者は確信しています。

もし、あなたがワークポートの利用を考えているのであれば、この記事を読むことで、

ワークポートを利用すべきかどうか自信を持って判断でき、転職成功への第一歩を踏み出せるようになるでしょう。

本記事があなたの転職活動に少しでもお役に立てれば、これに勝る喜びはありません。

気になる項目へジャンプする
▶︎ワークポートを利用すべき人
▶︎ワークポートを最大限活用する方法

転職経験のある彼女(この記事の語り手)
慶応大学を卒業。看護師として2年間勤務したが、次第に以前から興味のあったIT業界に憧れを感じるようになる。
悩んだ末、やはり諦めることができず転職を決意。プログラミング未経験から独学でRubyを習得したのち、転職活動に取り組み念願のIT企業に入社した。
その際に培った転職ノウハウや多くの転職エージェントを利用した経験を活かして、このサイトでは語り手としてみなさんに情報をお伝えしている。

転職活動中の彼氏
大阪大学を卒業。大手重工業メーカーに入社し、ものづくりエンジニアとして4年間勤務。
しかし、得られる給料や仕事のやりがいに限界を感じ、転職を決意。
自身の年収アップと憧れであったIT業界への転職を希望している。

ワークポートの総評:
IT・Web・ゲーム業界への転職に利用必須』の転職エージェント

ワークポートは、人材サービス会社の『ワークポート』が運営する転職エージェントです。

計500名に対して行った、全8社の大手転職エージェントの評判・口コミに関するアンケート調査の結果、ワークポートの評価は下記の通りでした。

ワークポートの総合評価

ワークポートは他社の転職エージェントに比べ、IT・Web・ゲーム業界への転職に強みがあります。

そのため、IT・Web・ゲーム業界へ転職したい方は利用必須の転職エージェントと言えます。

しかし、ワークポートはIT・Web・ゲーム業界以外の転職では他社の転職エージェントに劣ります。

そこで、IT業界以外で転職したい方は、『DODA』『パソナキャリア』『マイナビエージェント』などの転職エージェントをメインに利用すべきです。

彼氏

IT・Web・ゲーム業界へ転職したい方に利用必須なら僕にぴったりのエージェントだね。
絶対使った方がいいよ!
詳しい理由はこれからバシバシ説明していくね。

彼女

ワークポートの6つの良い評判・口コミ

評判・口コミからわかるワークポートの良い評判は下記の6点です。

  1. 『IT・Web・ゲーム業界』への転職に強い
  2. サポートの質が高く、『転職決定人数No.1』を受賞
  3. 他社に比べて初回登録が簡単
  4. スピード感のある転職活動が可能
  5. 登録を拒否されない
  6. 高卒・フリーターからハイクラス・ハイキャリアの転職まで対応

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

『IT・Web・ゲーム業界』への転職に強い

先述の通り、ワークポートの最大の特徴は、他社の転職エージェントに比べ『IT・Web・ゲーム業界』への転職に強いことです。

実際、この記事を読んでいる方も、『ワークポートはIT・Web・ゲーム業界の転職に強いと聞いて利用を考えている方』大半かと思います。

ワークポートのCEO挨拶

上記の代表挨拶にも書かれてあるように、

ワークポートは創業から10年間はIT業界に特化した転職エージェントでした。

そのため、長年培った『IT転職のノウハウ』を持っており、それらを存分に教えてくれます。

また、IT企業やIT企業の採用担当の方と信頼関係を築いているため、質の高いIT求人を多く保有しています。

そのため、『ワークポートだけにしか求人を出さない企業』『ワークポートだから特別な条件で選考を免除する企業』もあるほどです。

ワークポートが『IT・Web・ゲーム業界』への転職に強い理由
  • IT転職のノウハウが豊富
  • IT企業やその採用担当との信頼関係を築いている
  • 質の高いIT求人を多く保有している

彼氏

創業から10年間、IT業界に特化してたからIT業界に強いんだね!
IT業界希望の僕にぴったりの転職エージェントだ。
IT業界希望なら、ワークポートは利用必須だね!
長年培ったIT転職のノウハウを教えてくれるし、質の高いIT求人を紹介してくれるよ!

彼女

ワークポート利用者の口コミ

ワークポートを利用したきっかけはITに強いということをどこかで聞いていたからです。(どこだったか覚えていませんが…)
利用していて不満に思ったことは特になく、IT業界の求人を多く持っているようで、他社では紹介してもらえなかったIT求人をたくさん紹介してくれたのが良かったです。

(Webデザイナー/32歳/女性/年収450万円)

高卒なので転職では不利になるのでは、ブラック企業にしか転職できないのではないか、と不安でした。
でも、ワークポートは応募条件では大卒以上のところを、コンシェルジュの方の推薦で受けさせてくれた企業もいくつかありました。

(SE/24歳/男性/年収300万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

サポートの質が高く、『転職決定人数No.1』を受賞

ワークポートは応募者の年収などに関わらず、『面談・求人紹介』などの手厚いサポート・フォローにも定評があります。

実際、ワークポートは面談時間を、他の転職エージェントの倍ほどの1~2時間とっており、求職者のスキル・キャリアを徹底的に洗い出します。

そして、求職者の強みや希望の条件を整理した上で、ピッタリな求人を紹介してくれるのです。

ワークポートの転職実績

そのため、上記のように、
『DODA Valuable Partner Award2017』にて『転職決定人数部門 第1位』を受賞しています。

この実績からも、ワークポートのサポートの質が高いことが分かります。

ワークポートのサポートの質が高い理由
  • 面談でスキル・キャリアを徹底的に洗い出してくれる
  • 強みや希望の条件を整理し、ピッタリな求人を紹介してくれる

彼氏

『転職決定人数部門 第1位』はすごいな!
それほどワークポートのサポート力は高いんだね。
この実績からもワークポートの高いサポート力が分かるよね。
面談でスキル・キャリアを徹底的に洗い出して、強みや希望の条件に合ったピッタリな求人を紹介してくれるよ!

彼女

ワークポート利用者の口コミ

大卒じゃないので学歴で落とされてしまうことを心配していましたが、コンシェルジュの方は僕のスキルを選考前に企業に伝えてくれました。
そのため、専門卒でも応募でき、書類選考免除でいきなり面接でした。そして、すぐに内定を決めることができました。

(エンジニア/22歳/男性/年収300万円)

必要なこと以上のことをしてくれたので満足。
面接や書類選考ではサンプルを見せてもらって過去の動向も教えてくれました。

おかげですいすい転職活動が進みました。

(プリセールス/40代/男性/年収700万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

③他社に比べて初回登録が簡単

転職エージェントを利用しようか考えている人の中には、

初回登録の作業が面倒だなぁ。

と考えている方もいるでしょう。

一般的に、転職エージェントの初回登録の作業は3~5分ほどかかることが多いです。

しかし、ワークポートは他社に比べて、初回登録が非常に簡単だと評判です。

ワークポートの登録方法

実際、上記の登録フォームにも書かれているように、ワークポートの初回登録は60秒ほどで完了してしまいます。

そして、初回登録完了後は、2日以内(だいたいの場合は、初回登録完了から1時間以内ほどで)に電話がかかってきます。

電話も、面談の日程を調整するだけの簡単なものなので安心して下さい。

彼氏

60秒で登録できるのは、面倒くさがりの僕にとって非常に嬉しいなぁ。
他社の転職エージェントは初回登録に3~5分はかかるから、ワークポートがいかに簡単に登録できるか分かるよね。

彼女

ワークポート利用者の口コミ

他社の転職エージェントに登録したのですが、面談までに職務経歴書を用意しなくては行けないのが面倒くさくなって面談にいきませんでした。
ワークポートは手ぶらで面談に行けるので、「本気で転職したいけどなかなか行動が起こせない」みたいな方だけでなく、僕みたいに「本気では転職を考えていない」「なんとなく転職が気になっている」みたいな人にとっても最適だと思います。

(エンジニア/20代/男性/年収500万円)

ワークポートは2回目の利用です。前回もなのですが、とにかく手間がかからないのが魅力です。
前回は3社使っていたのですが、ワークポートさんは気軽に、楽に利用できるのが面倒くさがり屋の私にはピッタリで今回はワークポートさんだけにお世話になりました。

(SE/30代/女性/年収500万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

④スピード感のある転職活動が可能

大手の転職エージェントでは、担当によって電話・メールなどの連絡が遅いことがあり、デメリットとしてあげられることもあります。

しかし、ワークポートは大手の転職エージェントであるにも関わらず、電話・メールなどの連絡が速く、スピード感のある転職活動が可能と評判です。

先述の通り、ワークポートは60秒で登録が終わりますし、面談前の電話面談などもありません。

また、面談には履歴書や職務経歴書の準備が不要であったりと、ワークポートでの転職活動はストレス無く、サクサク進めていくことができます。

さらに、ワークポートのコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)は非常に優秀で、求人紹介や面接日程などの連絡も非常に速いです。

その結果、スピード感のある転職活動が可能なのです。

そのため、『転職を早くしたい方』や『転職活動の時間があまり取れない方』には非常にオススメの転職エージェントです。

ワークポートがスピード感のある転職活動が可能な理由
  • 60秒で登録が終わり、面談には履歴書や職務経歴書の準備が不要
  • コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)の求人紹介や面接日程などの連絡が非常に速い

彼氏

連絡が遅いと不安で落ち着かないし、予定も立てずらそう。
転職エージェントからの連絡が遅いと不安で落ち着かないし、ストレスが溜まるよ。
だから、連絡が速いことは転職活動中には本当にありがたいよね!

彼女

ワークポート利用者の口コミ

紹介会社はワークポート含めて4社利用していましたが、他の3社では連絡が2日こないことなど多々ありました。しかし、ワークポートはとにかくレスポンスが早い!
基本的に1日以内には絶対レスポンスがありますし、求人紹介から選考までのスピード感が最高でした。
ストレスを感じることなく1ヶ月で転職活動を終えることができたので、利用して不満に思ったことはありません。

(Web広告営業/27歳/男性/年収500万円)

思ったより早く転職活動を終えることができましたが、それは担当者がかなりの数の求人を紹介してくれたところと、連絡の速さによると思っています。
企業からの返信も早かったので、企業担当の営業さんとの連携もしっかりと取れているのだと感じました。

(エンジニア/32歳/男性/年収700万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

登録を拒否されない

実際、他の転職エージェントでは登録を拒否されるケースもあります。

他社の転職エージェントは、初回登録時のプロフィールを見て、

キャリア・スキル的に紹介できる求人がなさそう。
売上につながらそう。

と判断した場合、『紹介できる求人がありません』などの理由で登録を拒否する場合があります。

しかし、ワークポートは登録を拒否されることがなく、100%登録でき、その後面談に進むことができます。

なぜ、ワークポートは『登録を拒否されない』かと言うと、

ワークポートの企業理念

上記のように、ワークポートは企業理念として『人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。』を掲げているからです。

求職者をスキル・キャリアで判断することなく、『企業と求職者の出会いをひとつでも多く生み出していくこと』をミッションとしています。

そのため、登録を拒否せず、あなたの転職できる可能性を一緒に探してくれるのです。

ワークポートで登録を拒否されない理由
  • 企業理念として『人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。』を掲げている
  • 求職者をスキル・キャリアで判断しない

彼氏

実際、登録を拒否されたら劣等感で絶望しそう、、、
だから、登録を拒否されないってのはすごいメリットだ!
そうだね!
ワークポートは登録を拒否されることはないから、まずは面談でコンシェルジュに気軽に悩みを相談してみるのもいいと思うよ!

彼女

ワークポート利用者の口コミ

高卒で正社員じゃないため、3社に登録を拒否されて劣等感で絶望していましたが、ワークポートはすぐに面談をしてもらえて求人も紹介してくれ、こんな低スペック中年に対しても丁寧にサポートしてくれました。
なんも取り柄もないと思ってましたが正社員として希望の転職が実現できたのはワークポートのおかげです。

(派遣/32歳/男性/年収300万円)

はっきりって経歴にはそれなりの自信があったので、J社から「紹介できる求人がない」と言われたときは「えっ」と思いましたしもう転職できないんじゃないかと絶望しました。
でも、ワークポートさんはすぐに面談が決まって、求人も紹介してくれました。
丁寧にサポートまでしてくれて救われました。

(外資/37歳/男性/年収800万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

⑥高卒・フリーターからハイクラス・ハイキャリアの転職まで対応

ワークポートは、高卒・フリーターからハイクラス・ハイキャリアの転職まで対応しており、利用者からも評判です。

先述の通り、ワークポートは企業理念として人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。を掲げています。

ワークポートの未経験の転職専用ページ

そのため、上記のように未経験の転職専用ページを設置しており、フリーター・派遣社員などの非正規雇用から正社員になれる求人や、高卒でも応募できる求人を保有しているのです。

ワークポートのハイクラス専門の転職支援

また、上記のようにハイクラス・ハイキャリア転職専用ページを設置しており、年収800万円以上の方のハイクラス求人や管理職等のハイキャリア求人も保有しています。

このように、ワークポートは高卒・フリーターからハイクラス・ハイキャリアまで幅広い層の方々に対してサポートしています。

彼氏

なるほど。
企業理念をそのまま実践してるんだね。
高卒・フリーターからハイクラス・ハイキャリア の転職まで幅広い層の方々に対してサポートしてるのは、企業理念の人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。』のとおりだよね。

彼女

ワークポート利用者の口コミ

高卒でフリーターで、これからが心配になり、未経験でも活躍できるIT企業に転職を目指そうとこちらを利用しました。
今まで定職についたことなく、飲食のウェイターしか経験なかったのですが、コンシェルジュの方は私の行動力と考えを評価してくれて企業にも推薦書を書いてくれました。「え、ここまでやってくれるの!?」て感じでした。
フリーターを脱出して正社員としてエンジニアデビューできたので大満足です。

(フリーター/28歳/女性/年収200万円)

前回の利用は6年前なので結構前でしたが、今回も満足できました。
ワークポートで紹介された求人は目を見張るような質の高い求人が目立ち、年収2,000万円クラスの求人も!
他の転職エージェントより紹介された求人の量も質もダントツでした。
若い人の多い職場なのでおっさんの私は少々浮きますが、役員としてキャリアアップできてよかったです!

(PM/42歳/男性/年収1,300万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

ワークポートの3つの悪い評判・口コミ

評判・口コミからわかるワークポートの悪い評判は下記の3点です。

  1. 『IT業界・Web業界・ゲーム業界』以外の転職に弱い
  2. 希望・要望に合わない求人を提案してくることがある
  3. 対応が事務的と感じることがある

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

『IT業界・Web業界・ゲーム業界』以外の転職に弱い

先述の通り、ワークポートの特徴は、他社の転職エージェントに比べIT・Web・ゲーム業界』への転職に強いことです。

その一方で、ワークポートは他社の転職エージェントに比べ『IT・Web・ゲーム業界』以外の転職には弱いです。

なぜ、ワークポートが『IT業界・Web業界・ゲーム業界』以外の転職に弱いかと言うと、

それは、ワークポートがIT業界に特化した転職エージェントから総合型転職エージェントに移行したのが2014年と、最近だからです。

そのため、IT業界以外の求人数と実績もまだ少ないのです。

彼氏

『IT・Web・ゲーム業界』以外に転職したい場合は、他の転職エージェントが良さそうだね。
例えば、どの転職エージェントがオススメかな?
私は、以下の転職エージェントをメインに利用することがおすすめだと思うよ!
パソナキャリア
評判・口コミはこちら
マイナビエージェント
評判・口コミはこちら
リクルートエージェント
評判・口コミはこちら

彼女

ワークポート利用者の口コミ

登録がめちゃくちゃラクだったのが良かった点です。
しかし、紹介された求人はどれもイマイチ。担当者に訊いたら私の希望する業界の求人は中小ばかりとのことでした。

(メーカー/23歳/女性/年収300万円)

自分が思っていたような求人は紹介されなかったので、他社の紹介会社を利用して転職を決めました。
対応も迅速でコンシェルジュの方も丁寧にしてくれただけあって、求人の少なさはもったいないと思いました。

(土木設計/33歳/男性/年収450万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

積極的に対応してくれるが、少々強引なところがある

ワークポート利用者への調査で、

少々強引なところがある。
コンシェルジュの押しが強かった。

などの悪い評判の口コミもみられました。

しかし、この口コミはワークポートに限らず、他の転職エージェントでも見られるケースがあります。

そこで、この悪い評判の理由を調査したところ、

ワークポートは以下の理由で、対応が強引だと感じてしまうことがあるようです。

ワークポートの対応が強引と感じる理由
  • コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)にもノルマがあるため

ワークポートに限らず、転職エージェントでは完全無料でサービスを利用することができますが、不思議だとは思いませんか?

実は、転職エージェントは利用者の採用が決まると、その求人企業から紹介手数料(転職した利用者の年収の30%ほどが相場)が支払われます。

それを売上としているため、採用が決定するまでの求人紹介や日程調整、転職希望者へのアドバイスなどはすべて無料で行っているのです。

逆に言えば、求人企業に対して利用者を転職させないと、ワークポートをはじめとする転職エージェントに売上は入りません。

そのため、キャリアアドバイザーに対してはノルマが課せられ、結果的にノルマ達成のために押しが強くなり、強引だと感じる方もいるようです。

MEMO
キャリアアドバイザーもノルマを抱えていますので、『対応が強引だ!』とやけになる前に、労わってあげましょう。
キャリアアドバイザーと良好な人間関係を築くことも、転職成功への大事なポイントですよ。

彼氏

なるほど。だから無料でサポートしてくれるんだ。
キャリアアドバイザーの方もノルマがあって大変なんだね。
そうだよ。
だから、キャリアアドバイザーの方をを労わることも大切!

みんな意外と気づいてないけど、キャリアアドバイザーと良好な人間関係を築くことも、転職成功への大事なポイントなんだよ!

彼女

ワークポート利用者の口コミ

必要なことはすべてしてもらったと思っているので満足していますが、内定を取った後辞退するときに説得され、なかなか辞退しにくかったです。

(セールスエンジニア/33歳/女性/年収500万円)

日中は電話に出れるタイミングが少ないのにも関わらず、しつこいほど「今内定された企業の志望度はどうですか?」「いつまでに決められそうですか?」と電話をかけてきました。
結果的に転職が決まったので気にするまでのことではなかったと思いますが、ちょっと強引さは感じてしまいました。

(Webマーケティング/27歳/男性/年収700万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

③対応が事務的と感じることがある

ワークポート利用者への調査で、

対応が事務的だった。
スピード重視で疲れた。

などの悪い評判の口コミもみられました。

そこで、対応が事務的だと感じてしまう理由を調査したところ、

ワークポートは以下の理由で、対応が事務的だと感じてしまうことがあるようです。

ワークポートの対応が事務的だと感じる理由
  • スピード重視のサポート体制

先述の通り、ワークポートはスピード重視のサポート体制で、スピード感のある転職活動が可能です。

当然、コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)の求人紹介や面接日程などの連絡も非常に速くスピード感があります。

そのため、『自分のペースで転職活動をしたい方』にとっては、対応が事務的でそっけないと感じることもあるようです。

そこで、『IT転職を希望しているけど、自分のペースで転職活動したい方』は『マイナビエージェント』をメインに利用するのがおすすめです!

キャリアアドバイザーはじっくりと相談に乗ってくれて、自分のペースで転職活動を進めることが可能です。

彼氏

IT転職を希望していて、短期間でスピーディーに転職を進めたい人にはワークポートは向いてそうだね。
その通り!
ワークポートはスピードを重視しているし、キャリアアドバイザーにもノルマがあるから積極的な対応しくれるよ。
人によっては少し強引と感じることもあるから、IT転職を希望しているけど、自分のペースで転職活動したかったら『マイナビエージェント』をメインに利用するのがおすすめだね!

彼女

ワークポート利用者の口コミ

とことん合理的さを重視しているためか、とてもシステマチックに感じました。例えば求人の紹介から選考までのフローなど。非常にスピードが早い上、チャットでの事務的なやり取りがメインになって面談以降担当の方と会うことはありませんでした。

(Webデザイナー/34歳/男性/年収600万円)

私はやりやすかったのですが、コンシェルジュという割にはサポートがあまり期待できませんでした。なので、私の場合は求人紹介マシーンとして活用していました。

(事務職/29歳/女性/年収300万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

ワークポートを利用すべき人の特徴

ここまで、ワークポートの良い評判・悪い評判を紹介してきました。

次は、先ほどの結果をもとに、ワークポートを利用すべき人の特徴を見て行きましょう。

以下に当てはまる方はワークポートを利用すべきと言えます。

ワークポートを利用すべき方
  • 『IT業界・Web業界・ゲーム業界』へ転職したい方
  • 今すぐ転職先を決めたい方
  • 『派遣社員・フリーター』から正社員になりたい方

登録は60秒で完了しますので、
『ワークポート公式サイト』から行いましょう。

登録後、数日以内にメール・電話で担当のキャリアアドバイザーから連絡が来ます。

もちろん料金はかかりません。完全無料です。

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

 

気になる項目へジャンプする
▶︎【画像つき解説】ワークポートの登録方法

ところで、結論から言うと、
ワークポートを単独で使うのは賢い選択肢ではありません。

その詳しい理由については、次で解説します。

彼女

ワークポートを最大限活用する方法

ワークポートを利用するなら、当たり前ですが、転職活動が有利になるように最大限活用したいですよね。

ワークポートを最大限活用ために、ここでは、転職成功者の多くが使っている『最大限活用する方法』を見ていきましょう。

他社エージェントと併用する

転職サイト『リクナビNEXT』によると、転職成功者の転職エージェント利用社数は平均4.2社となっています。

リクナビNEXTの転職エージェントを活用するポイント出典:リクナビNEXT

つまり、転職成功者の多くは『4社以上の転職エージェントを同時に利用している』ことになります。

彼氏

え!4社以上も登録するの?
少し面倒だなぁ、、、
たしかに手間はだけど、これにはちゃんと理由があるんだよ!

彼女

では、なぜ『4社以上の転職エージェントを同時に利用』するのでしょうか?

この理由を調査したところ、

転職エージェントを複数利用するメリットが3つあることが分かりました。

転職エージェントを複数利用するメリット

  • 自分に合った求人と出会える可能性が高くなる
  • 自分に合ったキャリアアドバイザーと出会える可能性が高くなる
  • 用途や目的に応じて転職エージェントを使い分けられる

もし、あなたが1社しか登録しなかった場合、

質の低いキャリアアドバイザーに転職活動のサポートを頼ってしまい、結果的に損してしまう可能性があります。

希望条件に合わない求人ばかり紹介される。

キャリアアドバイザーからの報告・連絡が遅い。

など、転職が遠回りになるリスクがあるのです。

また、キャリアアドバイザーとの相性も転職活動が成功するかに影響してきます。

そのため、転職成功のポイントは、実際に複数の転職エージェントで面談を受け、あなたに最適なキャリアアドバイザーと出会うことです。

複数登録は2chでもおすすめされているんですよ!

彼女

584名無しさん@引く手あまた2017/06/25(日) 12:34:01.09ID:ZmVoyW3D0>>585>>586

一社登録した

複数のエージェントへ登録推奨と雑誌やらWebでよく見かけるが、

複数登録しといて良かったって人いる?

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/584

585名無しさん@引く手あまた2017/06/25(日) 12:51:12.03ID:9CaSYnr00>>587

>>584

1つのエージェントが持っている求人の中でのみ応募先を選びがちになる。

でも、会社選びってそーじゃないはず

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/585

586名無しさん@引く手あまた2017/06/25(日) 13:40:06.65ID:N4GzeJfx0>>588

>>584

複数登録は必要でしたよ。私はリクエーとパソナだった。求人はあまり被りがなくいいバランスでした。

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/586

304名無しさん@引く手あまた2017/06/06(火) 04:23:13.32ID:2T+4AtRU0>>305>>306

リクエーとDODAって片方登録しとけばOKでしょうか?

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/304

305名無しさん@引く手あまた2017/06/06(火) 06:31:26.69ID:+uYyhWZe0

>>304

両方登録しておくと何かと幸せ。

片方だけの方がスケジュールの調整は楽だけどね。

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/305

306名無しさん@引く手あまた2017/06/06(火) 06:35:42.11ID:5E3toc+m0

>>304

どっちも

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/306

※2chの書き込みは↑を押すと見られます。

彼氏

たしかに、複数利用した方が転職が有利になりそうだな。
でも、具体的にどんな組み合わせで利用すればいいか分からないよ、、、
私も転職エージェントは4社使ったよ!
組み合わせに関しては、次で説明するからしっかり聞いてね。

彼女

ワークポートと併用すべき転職エージェント

転職エージェントは大きく分けて

◆総合型転職エージェント:求人が豊富

◆特化型転職エージェント:専門性が高い

の2つに分けられます。

それぞれのタイプでメリット・デメリットがあるので、自分の置かれている状況に合わせて組み合わせてください。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェント

特化型転職エージェント

特化型転職エージェント

※『ワークポート』と『JACリクルートメント』に関しては総合転職エージェントですが、IT転職や外資・海外転職において圧倒的な強みを持っているので、特化型転職エージェントでも重ねて紹介しています。

ワークポートとおすすめ併用パターン

転職成功者の多くは4社以上の転職エージェントを同時に利用しているを採用して、

ワークポートの他に総合評価が高い

に登録しつつ、さらに下記のニーズに合わせてもう1社登録することをオススメします。
(※ワークポートは第7位)

といったように、職エージェントを組み合わせて併用することをオススメします。

彼氏

なるほど!転職エージェントはこうやって組み合わせるんだね!
じゃあ、僕もIT業界に挑戦したいから『ワークポート』と、総合順位の高い『パソナキャリア 』、総合評価が高くIT転職に強い『マイナビエージェント』と、あと求人数確保のために『リクルートエージェント』の4社に登録してみようかな。
うん!
それでバッチリだと思うよ!!

彼女

【画像つき解説】ワークポートの登録方法

  • STEP.1
    ワークポート公式サイトへ
    まずは以下のボタンをクリックして、ワークポートの公式サイトへアクセスしましょう。

    【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

  • STEP.2
    登録画面へ
    次にトップページに移動するので、画面中央のオレンジ枠「無料転職相談サービスに登録」をクリック。

    ワークポートの登録方法

  • STEP.3
    入力①
    会員登録画面に移るので、順に入力していきましょう。

    ワークポートの登録方法

  • STEP.4
    入力②
    すべての入力が完了したら、最画面中央のオレンジ枠『無料転職相談サービスに登録』をクリックしましょう。

    ワークポートの登録方法

  • STEP.5
    登録完了
    以上で登録は完了です。
    あとはエージェントからのメールを待つだけです。

ワークポートの『評判・口コミ』

『第二新卒の利用者』の評判・口コミ

専門学校を卒業後に一度企業に入ったのですが、あまりの労働環境の過酷さに耐えかねて辞めてしまっていることもあり、ブランクが心配でした。
でも、コンシェルジュはブランク期間をブランクにさせない訴求の仕方を教えてくれ、条件の良い企業に内定を頂くことができました。

(Sier/23歳/男性/年収250万円)

スピーディーな対応は非常に良かったです。ただ求人の紹介は数が多すぎて受ける企業を選ぶのが大変でした。

(システム/24歳/男性/年収300万円)

映像制作会社でブラック労働をしており、このままではやばいと転職を決意しました。
コンシェルジュに前職のことを相談したら、Aさんは映像制作が好きで労働環境や社風さえ合えば同業界で転職したほうがよいといわれ、自分の本心に気づくことができました。紹介された企業もホワイトな環境の企業を厳選して紹介してくれ、ほかの転職会社ではない魅力的な求人が多くありました。

(映像系/25歳/女性/年収300万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

『20代の利用者』の評判・口コミ

エンジニアの転職に強いと評判だったので利用してみました。実際、評判通り自分の求める条件の求人をどんどん紹介してくれました。スピード感もあるので早く転職したい方におすすめです。

(フロントエンジニア/26歳/男性/年収400万円)

転職ではワークポートと他3社を使っていましたが、ワークポートの良い点は
・マッチした求人を紹介してくれる
・コンシェルジュが業界に詳しい
・実践的な面接対策ができる
の3点でした。IT業界の転職に強いだけあると感じました。

(Web広告代理店/27歳/女性/年収450万円)

良かった点は自分の条件通りの求人をたくさん紹介してくれたことです。悪かった点としては事務的なところです。スピーディーにどんどん求人の数を打って受けていく形式だったので、じっくり自分のペースで転職活動したい方には向いていないかもしれません

(ソーシャルゲーム開発/29歳/男性/年収700万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

『30代の利用者』の評判・口コミ

全く畑の違う分野でしたが、こちらのサービスを利用して小売りからSEに転職することができました。
選考では独学で学んだ行動力が評価されたとコンシェルジュの方は言っていましたが、私は無料でプログラミングを学べたことが非常に大きいと思っています。

(小売業/35歳/男性/年収600万円)

前職ではベンチャー企業でRuby on Railsを用いて開発していました。今後もRubyエンジニアとしてより好条件でサービスを開発できる企業を探していたのですが、ワークポートは求める条件以上の求人を多く紹介してくれました。しかも、担当者が元Rubyエンジニアということもあり、各求人の選考で求められていることや事業内容にも詳しく優位な状態で選考に臨むことができました。

(SE/33歳/男性/年収800万円)

他の転職エージェントも使っていたのですが、他の転職エージェントと比較して非常に対応がドライだと感じました。膨大な量の求人が送られてくることや直接会わずにチャットでやり取りすることが多かったからだと思います。
だからこそ他の転職エージェントを併用していてよかったです。特にパソナキャリアのサポートは最高でした。

(IT/37歳/女性/年収600万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

『40代・50代の利用者』の評判・口コミ

高卒40代派遣社員のおっさんの自分が50を手前に正社員として転職できるとは思ってませんでした。
今まで幾多の転職エージェントにサポートを拒否されましたが、ワークポートは嫌な顔一つせずに親身にサポートしてくれました。面接前には電話で励ましてくれたりポイントをおさらいしてくれたのが個人的には非常に助かりました。

(派遣/49歳/男性/年収450万円)

はっきりいって50代での転職はかなり無謀だと思っていましたが、すいすいと進んですんなり決まったのが驚きでした。
ワークポートを利用したおかげで大企業に転職することができましたが、コンシェルジュのすばやく丁寧な対応があってこそだと思います。

(PM/53歳/男性/年収600万円)

求人を出し惜しみせずガンガン紹介してくれたのはよかった。迅速に対応してもらえたところも満足。
ただ、マイナビ、パソナと比べるとサポートがぜんぜん期待できなかった。

(Webディレクター/42歳/男性/年収1,000万円)

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

 

口コミの出典:https://tenshoku.wiki/workport/

まとめ|ワークポートに登録して希望の転職を叶えよう!

『IT・Web・ゲーム業界へ転職したい方』は登録して間違いのない転職エージェントです。

ただし、先述の通りワークポートを単独で使うのは、転職成功を実現させる上で賢い選択ではありません。
(※転職成功者は平均4.2社以上使用)

求人数を確保するためにも、総合評価が高い

に登録しつつ、さらに下記のニーズに合わせてもう1社登録することをオススメします。
(※ワークポートは第7位)

どの転職エージェントにもメリット・デメリットはあるから、転職活動を成功させるには4社以上の転職エージェントを併用することが大事だね。
幅広い求人に出会るし、合わないと感じたら他の転職エージェントを利用すればいいしね!

彼女

彼氏

ありがとう!
登録も無料で簡単だし、まずは行動することが大事だね!

今すぐには転職活動を始めないという方も、一度登録しキャリアアドバイザーに悩みや、今後のキャリアプランを相談してもいいでしょう。
新たな発見があるかもしれません。

彼女

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事を読んで下さった全ての方が、最高の転職をできるよう陰ながら応援しております。

彼女

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です