エグゼクティブにおすすめの転職エージェントランキングTOP5

アイキャッチ画像

エグゼクティブの方々向けの転職エージェントについて紹介しています。いざ転職するとなってもどのエージェントを利用すればいいのか悩むのではないのでしょうか。ここでは、特にエグゼクティブの方々向けに特化しています。エグゼクティブならではの注意すべき点やお勧めのエージェントについての情報などを載せています。この記事を参考にして、新たな企業とのミスマッチを防ぐためにも自分が転職前に出来ることをやっていきましょう。

エグゼクティブ向け転職エージェントの選び方

転職率といえば、大体が新卒者のイメージですよね。確かにそうなのですが、上級管理職のエグゼクティブの方々も転職をします。そこで、新卒者向けではなくエグゼクティブの方ならではの転職エージェントについて紹介します。

<エグゼクティブが転職エージェントを使用する際に注意すべきポイント>

  • 会社の実態を知る為に、口コミサイト「Vokers」を活用しミスマッチを回避

転職エージェントも売り上げの為、都合の悪いことは隠し、どうにかエグゼクティブの方々に転職をここで決めてもらいたいと願っています。優良なエージエントはそんなことをしないでしょうが、優良だという確信もなかなか持てません。「Vokers」には、ほぼ全ての上場企業についての口コミが集まっています。そこで、自分を守る為にもこの「Vokers」という口コミサイトを利用して、企業の裏をとっていくようにしましょう。

  • 転職エージェントに登録後は適度な頻度で連絡する。

転職エージェントが行う作業の流れとして、企業から依頼を受ける⇒データベース内で条件を絞る⇒応募者を探すといった感じです。この、「データベース内で条件を絞る」際に表示されるエグゼクティブの順番が更新日順となるのです。つまり、たとえエグゼクティブの条件が良かったとしても更新されていないとすでに転職済みであると判断され、紹介メールが届かないのです。そこで、最適な頻度として2週間に1回は転職エージェントに連絡する事をおすすめします。

  • 転職時期を問われたら「すぐにでも」と回答する

キャリアコンサルタントとの最初のコンタクトで「いつ頃転職したいのか」を問われます。この時に、あいまいな回答や時期が先である趣旨の回答をしてしまうと優先順位が下がる恐れがあります。なぜなら、キャリアコンサルタントは売り上げ目標を設定しているからです。その売上に繋がる人と繋がらない人では、売上に繋がる人の方をもちろん、優先しますよね。そこで、転職時期を聞かれた際は「すぐにでもする気持ちがある」という趣旨の回答をしましょう。そうすれば、対応の優先順位を上げてくれるでしょう。

  • 経歴詐称はNG

スキルや経歴に嘘をつくと今回の登録情報と数年前の登録情報が異なるという場合があります。そんなことが発覚すると、信用が失われるのは確かです。コンサルタント側としては、虚偽報告を行う人材として扱われ、紹介する案件を狭められます。

  • 推薦文の確認は必須

担当コンサルタントになると約200字~1000字程度でエグゼクティブの紹介文を作成します。それは優秀なコンサルタントの場合です。そうでないコンサルタントは、エグゼクティブの経歴を丸写しする場合もあるのです。それを防ぐ為にも、推薦文はまずいったん送ってもらい、自分で確認しましょう。

  • 1つの案件には1つのコンサルタントから応募する

何社かの転職サイトを使うということは悪いことではありません。しかし、1つの案件に複数の転職サイトを使用することはNGです。企業側から担当へと連絡が行き、企業と担当コンサルタントの両者から信用を失います。その後、転職エージェントより良い案件を紹介されることはないでしょう。

注意すべきポイントを見た上でエグゼクティブ向けの転職エージェントの選択の仕方を紹介していきます。

  • 「転職希望期間」に応じた転職エージェントを選ぶ

どうしても今転職したいと考えている人⇒総合職エージェント・中長期的にじっくり考えてから転職したいと考えている人⇒ヘッドハンティング型の転職エージェントとエグゼクティブ向け転職エージェントには2種類あります。時間的に余裕があるエグゼクティブの方々は、2つとも利用する事をお勧めします。

以下ではそれぞれのエージェントを詳しく紹介していきます。

  • 総合転職エージェント

エージェントでいうと一般的な形式です。具体的には、エグゼクティブ専任のコンサルタントが付きます。エグゼクティブにマッチするような案件を膨大なデータベースから探し出し、提示してくれます。メリットは、膨大なデータベースが常時存在しているので、比較できたり自分にあった案件を早く見つけられるという点です。

  • ヘッドハンティング型の転職エージェント

総合転職エージェントのようなエグゼクティブの方々に専任のコンサルタントが付くことはありません。それぞれのエグゼクティブの条件に合ったコンサルタントより、連絡が来る形式です。メリットは、ハイクラス案件を見つける事が出来るという点です。

エグゼクティブにおすすめの転職エージェントランキング

いざ転職するとなってもいったいどの転職エージェントを利用すれば良いのか分かりませんよね。ここでは、ランキング形式で優良な転職エージェントを紹介していきます。

1位:ビズリーチ

公式サイトはこちらからhttps://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0VCBN0000011_PC_&utm_source=vcts&utm_medium=affiliate&utm_campaign=vcts&utm_content=bizreach-07

この転職エージェントは、ハイクラスである管理職・専門職向けの求人に特化しています。ヘッドハンターが約1700名以上登録しています。案件も2000万以上保有しており、外資系案件に強いです。大手だけでなく、ベンチャーの案件までカバーしています。

2位:JACリクルートメント

公式サイトはこちらからhttps://www.jac-recruitment.jp/lp/f06/?wapr=5a027766

コンサルタントが企業に直接訪問している為、リアルな情報を入手できます。さらに、企業側に直接アピールすることも可能です。満足度も92.9%と高いものとなっています。

3位:キャリアカーバー

公式サイトはこちらからhttp://career-theory.net/careercarver-1902

ヘッドハンティングの大手と提携しており、独占案件を多く保有しています。担当コンサルトとのトラブルを避け、効率的に転職活動を進められます。しかし、2015年12月に約3.7万人の個人情報流失騒動があったので、その点を考えてビズリーチを勧めます。

 

4位:リクルートエージェント

公式サイトはこちらからhttps://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaccesstrade00035

非公開の求人数が100,000件存在しています。キャリアアドバイザーが、自身の自覚していないであろう潜在スキルを発見するサポートを行ってくれます。業界最多となる相談拠点数を誇っています。

5位:パソナキャリア

公式サイトはこちらからhttp://www.pasonacareer.jp/

求人件数は25,000件以上、取引実績企業16,000社以上、年収UP率61.7%を誇るエージェントになります。それぞれの専門業界や地域エリアに精通した経験を多く持つキャリアアドバイザーが用意されています。

 

 

まとめ

以上が注意すべきである良い点とおすすめエージェントです。時間的に余裕のあるエグゼクティブの方々は無料で利用できるので、様々なエージェントに相談するのも良いでしょう。

そこで自分では見つけられなかった新たな発見もあるはずです。第二の人生が輝くように願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です