【ADHDの転職事情】おすすめの職種を徹底解説!転職成功のコツも

アイキャッチ画像

ADHDで転職を考えているあなたは、こんな思いを抱いていませんか?

ADHDだけど転職したいな…。
でも、具体的にどうすべきか分からない。
そもそもADHDで転職は可能なのかな?

そこで、本記事では過去に、
転職成功経験 + 転職エージェント利用経験
のある筆者が、

この記事の概要

  • ADHDの方の長所と短所 
  • ADHDの方に向いている職種
  • ADHDの方に向いていない職種
  • ADHDの方に最適な職種を探すコツ
  • ADHDの転職成功者の体験談からわかった
    転職成功の秘訣3選

などをわかりやすく解説します。

本記事が、あなたの転職活動に少しでもお役に立てれば、これに勝る喜びはありません。

転職経験のある彼女(この記事の語り手)
慶応大学を卒業。看護師として2年間勤務したが、次第に以前から興味のあったIT業界に憧れを感じるようになる。
悩んだ末、やはり諦めることができず転職を決意。プログラミング未経験から独学でRubyを習得したのち、転職活動に取り組み念願のIT企業に入社した。
その際に培った転職ノウハウや多くの転職エージェントを利用した経験を活かして、このサイトでは語り手としてみなさんに情報をお伝えしている。

転職活動中の彼氏
大阪大学を卒業。大手重工業メーカーに入社し、ものづくりエンジニアとして4年間勤務。
しかし、得られる給料や仕事のやりがいに限界を感じ、転職を決意。
自身の年収アップと憧れであったIT業界への転職を希望している。

まずはADHDの仕事に対する長所・短所を理解すべき!

ADHDの方は、現代社会において多くの職種に就くことが難しいため、仕事に対して苦手意識を持っている方が多いです。

しかし、ADHDの方に適した職種に就くことができれば、その長所を生かして他の人よりも活躍することができます。

実際、ADHDの私の友達も、ADHDに適した職種であるプログラマーで活躍していますよ!

彼女

そのため、ADHDの方の仕事に対する悩みや不安は、長所を活かすことができる職種に就くことで、解消できる場合が多いです。

ADHDの方の仕事に対する長所

一般的に、ADHD(注意欠如・多動症)は大人の発達障害とも言われ、『約束や期日を守れない』『落ち着きがない』『協調性が低い』といった短所ばかりが知られています。

しかし、過去の研究から以下のようなADHDの方の長所が分かっています。

ADHDの長所

  • 好奇心旺盛でチャレンジ精神が強い
  • 思考がクリエイティブ
  • 感覚が敏感なので細かなことに気付ける
  • 自分の興味があることは食事や睡眠を忘れるくらい集中できる
  • 享楽的、楽観的なので不安を感じにくい
  • 薄く広い人間関係よりも濃く狭い人間関係を好む
  • 合理的で公平な評価・関係を好む
  • 自由主義者

ADHDの方はその長所を生かして、個人のスキルが要求される仕事において圧倒的な能力を発揮します。

実際、ADHDの方のツイートにもあるように、興味が持てる職種については驚くほどの集中力を発揮して取り組むことができるのです。

そのため、適職へ転職することさえできれば、素晴らしい成功をおさめることも可能です!

ADHDの方の仕事に対する短所

過去の研究から分かった、ADHDの方の短所には以下のようなものがあります。

ADHDの短所

  • マルチタスクが苦手
    =複数の作業を同時に、もしくは短期間に並行して実行することが苦手
  • 自分の興味があること以外集中できない
  • 自分が納得しないと行動できない
  • 協調性が低い
  • 計画通りに実行することが苦手
  • ケアレスミスをする
  • 忘れもの、無くしものが多い

ADHDの方は、現代社会によく見られるマルチタスク(複数の作業を同時に行うこと)が求められる職種を苦手としています。

そのため、複数の業務を管理する仕事、例えば事務職などには向いていません。

しかし、短所を理解した上で、長所を活かせる職種へ転職することができれば素晴らしい成功をおさめることが可能です。

そのためにも、以下でADHDに向いている職種を理解し、今後のあなたのキャリアと向き合っていきましょう。

ADHDの方に向いている職種は?

ADHDの方に向いている職種といっても様々あります。
まずは、ざっくりでいいので向いている職種を理解しましょう。

ADHDの方に向いている職種

  • デザイナー系
  • エンジニア系
  • マスコミ・メディア系
  • アーティスト系
  • 趣味・特技に特化系
上記は私の独断と偏見で分類しました。
とりあえず、この5パターンを理解すれば最低限の知識としてはOKかと思います。

彼女

それでは、順に見ていきましょう。

デザイナー系

デザイナー系の職種

  • Webデザイナー
  • Webクリエイター
  • イラストレーター
  • CGアニメーター
  • ファッションデザイナー
  • インテリアデザイナー
WebデザイナーやWebクリエイターを目指すのであれば、独学で勉強をしながら、未経験OKの求人を探すのがおすすめです。

具体的な転職方法は『未経験からのIT転職を成功させるには?IT転職成功者がノウハウを徹底解説』で解説しています。

彼女

エンジニア系

エンジニア系の職種

  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
プログラマー、エンジニア系の職業もWebデザイナーと同様に、独学で勉強をしながら、未経験OKの求人を探すのがおすすめです。

具体的な転職方法は『未経験からのIT転職を成功させるには?IT転職成功者がノウハウを徹底解説』で解説しています。

彼女

マスコミ・メディア系

マスコミ・メディア系の職種

  • 編集者
  • ライター
  • カメラマン
  • テレビのプロデューサー・ディレクターなど
編集者、テレビ関係の仕事などはある程度のマルチタスクが必要となります。

また、ライターはシングルタスクではありますが、着手から完成まで時間がかかる場合もあり、文章を書くことに興味がない方には苦痛かと思います。

とはいえ、マスコミ・メディア系に興味がある人は、求人数が多い『リクルートエージェント』で案件を探すのがおすすめです。

彼女

アーティスト系

アーティスト系の職種

  • 俳優・女優
  • 声優
  • ミュージシャン
  • スタイリスト
  • メイクアップアーティスト
  • 漫画家
  • 作家
  • 建築家
  • 画家
  • 書道家

彼氏

うーん…。いくらADHDに向いているといっても、声優やミュージシャン、漫画家など、どれも実現するのが難しそうだね…。
たしかに、生まれ持った才能や努力が必要な職種だから、転職するのは難易度が高いね…。

彼女

趣味・特技に特化系

もし、この記事を読んでいるあなたが、まだ学生の場合や、ADHDの疑いを持つ子の親であれば、得意分野を伸ばして下記の職種を検討するのもおすすめです。

趣味・特技に特化系の職種

  • 研究者
  • 大学教授
  • 調理師
  • 自動車整備士
  • 警察官
  • 消防士
  • スポーツ選手
  • スポーツインストラクター
  • eスポーツ(プロゲーマー)
  • 歩合の営業職
研究者や大学教授など、プロフェッショナルな仕事にADHDの方が多いです。

しかし、未経験から転職するのは正直難しいです。

ですが、調理師や整備士などの職種は求人数も多く、比較的簡単に求人が見つかります。

そのため、求人数が多い『リクルートエージェント』や未経験から正社員の転職に強い『ハタラクティブ』で求人を探すのがおすすめです!

彼女


これまで紹介してきたADHDに向いている仕事の中から、特におすすめな職種を厳選しました。

いますぐ向いてる仕事へ転職したい方は、下記の中から興味のある職種を選択しましょう。

ADHDの方におすすめな職種

  • IT・Web(未経験OKのWeb企業)
  • インストラクター
  • 調理師
  • 整備士

上記のような、個人のスキルを活かせて且つ未経験からでも比較的転職しやすい職種がおすすめです。

例えば、Web系企業で働きながらスキルを習得すれば、いずれフリーランスとして個人のスキルを活かして働くことや、起業することも可能です。

上記の職種はいずれも転職エージェントを利用して、プロに相談しながら転職活動を進めると、転職で失敗する確率を最小限にできるので、一度相談してみてください。

登録は2分ほどで、完全無料で利用できます。

ADHDの方におすすめの転職エージェント

ADHDの方に向いていない仕事

お次は、ADHDの方に向いていない職種を見ていきましょう。

ADHDの方に向いていない職種

  • マルチタスクが求められる職種
  • 仕事のミスが許されない職種
  • 仕事内容が単調な職種
上記も私の独断と偏見で分類しました。
とりあえず、この3パターンを理解すれば最低限の知識としてはOKかと思います。

彼女

それでは、順に見ていきましょう。

マルチタスクが求められる職種

マルチタスクが求められる職種

  • 保育士
  • パイロット
  • ドライバー(トラック・タクシー)
  • 受付
  • 接客
  • 人事
  • 総務
  • 経理
  • 事務
  • 金融関係
  • 旅行代理店
  • コールセンター
  • 通訳
  • 記者

ADHDの方の短所にもあるように、マルチタスク(複数の業務を並行して行うこと)が求められる仕事が得意ではありません。

なぜなら、複数の作業を同時に、もしくは短期間に並行して実行することが苦手なためです。

そのため、上記ようなマルチタスクを求められる職種はおすすめしません。

上記の職種に就いているADHDの方の中には、マルチタスクが苦手なため『自分は無能』と決めつけている方もいるでしょう。

しかし、複数の業務を並行して行うことが苦手はADHDの方には不向きな職種です。

決してあなたが無能ということではありません。

彼女

仕事のミスが許されない職種

仕事のミスが許されない職種

  • 医師
  • 看護師
  • 秘書
  • 校正
  • 弁護士

ADHDの方の短所にもあるように、仕事のミスが許されない職種(人の命に関わる仕事など)もADHDの方には向かないでしょう。

なぜなら、ケアレスミスや忘れもの、なくしものが多いためです。

もちろん、訓練や治療によって改善の余地はありますが、脳の機能障害が完全になくなるわけではないため、限界があります。

そのため、上記のような仕事のミスが許されない職種はおすすめしません。

仕事内容が単調な職種

仕事内容が単調な職種

  • 製品の仕分け・検査・検品
  • 工場などでのライン作業

ADHDの方の短所にもあるように単調・単純・簡単な作業が求められる仕事が得意ではありません。

なぜなら、自分の興味があること以外集中できないため、刺激が少ない注意力散漫になり、ミスが多くなるからです。

そのため、上記のような仕事内容が単調な職種はおすすめしません。

ADHDの方に最適な職種を探すコツ

結論から言うと、コツは『個人のスキルが要求される仕事に就くこと』です。

そこで、ADHDの方に最適な『個人のスキルが要求される職種』をまとめました。

個人のスキルが要求される職種

  • IT・Web系
  • インストラクター
  • 飲食・調理師
  • 整備士

なかでも、IT・Web系の仕事は他の3つの仕事と違い、職場環境が合わなくても転職しやすいです。

そこで、もしあなたがADHDで転職を考えているのであれば、IT・Web系のエンジニアになることを一度考えてみて下さい。

未経験の業種に飛び込むことは勇気のいることですが、ADHDの方は『最適な職種に転職することができれば、他の人よりも活躍できるため年収が上がることも多いです。

そのため、チャレンジする価値は多いにあります。

目的別|ADHDの方におすすめの転職方法

IT・Webの仕事をおすすめしましたが、IT・Web系以外の仕事に転職したい方もいるかと思います。

そこで、以下ではADHDの方向けの転職方法を目的別にまとめてみました。

記載した通りに転職を進めれば、きっと成功できるので一緒に頑張りましょう!

彼女

 

目的別でおすすめの転職方法

  • 今すぐADHDに向いてる仕事に転職したい方
  • スキルを身に付けてからADHDに向いてる仕事に転職したい方
  • 障害者雇用率制度を利用する

今すぐADHDに向いてる仕事に転職したい方

いますぐ転職したい方は、転職エージェントに相談してADHDに適した求人を見つけましょう。

ADHDの方こそ、転職失敗の確率を最小限に抑えるために、プロの力を借りて転職を進めるのがおすすめですよ!

ADHDの方におすすめの転職エージェント

転職エージェントは完全無料で利用できて、採用されやすい履歴書・職務経歴書の作り方から、面接時の実践的なテクニックまでサポートしてもらえます。

ただ、転職エージェントによって『サポートが強いところ』『求人数が多いところ』など、特徴があります。

また、『良質な求人』や『自分に合ったキャリアアドバイザー』と出会うためにも、転職エージェントは最低3〜4社以上に登録するのがおすすめです。

また、登録や面談に行ったからといって、必ず転職しなくてはならないという訳ではありません。

そのため、まずは気軽に登録して転職相談をしてみて下さい。

スキルを身に付けてからADHDに向いてる仕事に転職したい方

スキルを身に付けてから、ADHDに向いている仕事(IT・Web系のエンジニア職)に転職したい方は、以下の手順で転職活動を進めましょう。

IT・Web系への転職手順

  1. 転職エージェントに登録して、未経験OKのIT・Web企業に転職したいと相談する
  2. TECH::CAMP(テックキャンプ)』や『Progate』で学習しながら、理想の求人を探す

スキルの習得と転職活動を並行して行うのがおすすめです。

具体的には『TECH::CAMP(テックキャンプ)』や『Progate』でプログラミング言語のRubyRuby on Rails)を学びながら、未経験からのIT転職におすすめの『type転職エージェント』や『ワークポート』を利用して求人を探しましょう。

彼女

また、1ヶ月ほど学習すれば、作成したアプリケーションやWebサイトを用いて簡単なポートフォリオ(作品集)も作れますので、それを利用して転職活動を進めるのも良いでしょう。

そして、転職活動は一人で行わず、必ず転職エージェントを利用すべきです。

さらに、転職エージェント利用の際は、比較検討するためにも必ず複数の転職エージェントに登録すべきです。

転職エージェントは完全無料で利用できるので、この機会に登録して、あなたに合ったIT求人を探してみましょう。

ADHDの方におすすめの転職エージェント

転職失敗の確率を下げるためにも上記の中から最低3〜4社以上に登録しておきましょう。

障害者雇用率制度を利用する

障害者雇用率制度があるため、企業などは障害者雇用の枠を設けており、それを利用して転職するのも一つの手です。

ただし、障害者雇用枠に応募するためにはADHDの診断はもちろんのこと、障害者手帳(精神障害者保険福祉手帳)も必要です。

精神障害者保健福祉手帳とは、何らかの精神疾患により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方を対象にして、社会復帰、自立及び社会参加の促進を図ることを目的とて、都道府県知事又は指定都市市長が交付する手帳のことをいいます。

対象となるのは全ての精神疾患で、統合失調症、うつ病やそううつ病などの気分障害、てんかん、薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症、高次脳機能障害、発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)、その他の精神疾患(ストレス関連障害等)などがあります。

ただし、障害者手帳は、ADHDの診断後すぐにはもらえません。

病院でADHDと診断された日から6ヶ月以上経過して初めて申請ができるので、注意しましょう。

③転職エージェントを利用する

転職活動の際に利用をおすすめしたいのが、転職活動を全面的にサポートしてくれる『転職エージェント』です。

転職エージェントでは、転職活動のアドバイスやキャリア面談はもちろん、最適な求人の紹介や面接日のスケジュール調整、内定企業との年収交渉や退職手続きのサポートなどの手厚いサポート無料で受けることができます。

高卒の転職に関するノウハウを持った転職エージェントもありますので、ご自身の現状をしっかり把握するためにも転職エージェントに一度相談してみるのをおすすめします。

彼氏

転職エージェント』っていう転職支援サービスがあるんだね。
あとで解説するけど、ADHDの方が転職を成功させるためには転職エージェントの利用は必須だよ!

彼女

ADHDの方こそ転職エージェントは利用必須!

結論から言いますと、転職すると決めているのであれば、

ADHDの方こそ転職エージェントの利用は必須

と言えます。

その詳しい理由については、これから解説していきますね。
それでは、順に見ていきましょう。

彼女

そもそも転職エージェントとは?

先述の通り、『転職エージェント』は転職活動を全面的にサポートしてくれる転職支援サービスです。

代表的な転職エージェントとしては、以下のようなものがあります。

転職エージェント一覧

転職エージェントと転職サイトは別物なのでご注意を!

転職エージェントと間違えやすい転職支援サービスに『転職サイト』があります。

名前は似ていますが、両者は全く異なるサービスです。

そのため、転職エージェントについて詳しく見ていく前に、

転職エージェントと転職サイトの違い』について詳しく見ていきましょう。

転職エージェント
転職エージェントは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスのことです。
登録後に行うキャリアアドバイザーとの面談の内容をふまえて、最適な求人を紹介してくれます。

転職サイト
転職サイトは、サイト内に企業の求人情報を掲載し、求職者が自ら求人情報の検索及び応募を行う情報提供サービスです。

例として、マイナビエージェント(転職エージェント)とマイナビ転職(転職サイト)を両者を比較すると、以下のようになります。

マイナビエージェントとマイナビ転職の比較

サービスの違いや特徴を理解した上で、自分にあった方法で転職活動を進めましょう。

彼氏

転職エージェントの方が求人数も多いし、より手厚くサポートしてくれるんだね。
そうだね!
自分に合った求人も見つけやすいし、書類の添削・面接対策もしてくれるよ!
転職サービスを利用するなら、絶対転職エージェントがおすすめ!

彼女

転職エージェントを利用すべき3つの理由

では、なぜ転職エージェントが利用必須なのかを説明しますね。
これを知れば、納得して転職エージェントを利用することができると思いますよ!

彼女

転職エージェントを利用すべき理由は、下記の3点です。

転職エージェントを利用すべき理由
  1. 年収アップが期待できる
  2. 転職にかかる時間を削減できる
  3. 転職で企業が抱える悩みを
    解消してくれる

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

①年収アップが期待できる

キャリアアドバイザーの説明

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがつき、転職活動から入社に至るまでの過程をサポートしてくれます。

さらに、キャリアアドバイザーは「内定が取れて終わり!」ではなく、より高い年収で入社できるように企業の人事に掛け合ってくれるのです。

パソナキャリアの年収アップ率

実際、パソナキャリアでは、利用者の67.1%が年収アップに成功しており、

多くの方がキャリアアドバイザーの適切なアドバイス・サポートにより年収アップを実現させています。

彼氏

転職したら年収ダウンのイメージだったけど、転職エージェントを利用すれば年収アップも期待できるんだね。
パソナキャリアやリクルートエージェントでは転職者の半分以上が年収アップに成功しているよ。
お金持ちの男はやっぱりモテるよね。

彼女

②転職にかかる時間を削減できる

実際、一人での転職活動は時間と体力をかなり犠牲にします。

求人情報の確認、履歴書などの書類作成、面接日時の調整などなど…。

仕事が忙しい方にとって、転職活動は苦痛で面倒なものでしかないでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すると、さまざまな転職サポートを無料で受けることができます。

主に、以下のようなサポートを受けることができます。

転職エージェントのサポート内容

  • キャリアカウンセリング(面談)
    ➡︎転職活動に関する不安・疑問を解消できる
  • 求人紹介・面接日程調整
    ➡︎時間的な負担が軽減される
  • 履歴書や職務経歴書の添削
    ➡︎転職活動のための実践的スキルが身に付く
  • 面接対策
    ➡︎転職活動のための実践的スキルが身に付く
  • 内定後の年収交渉
    ➡︎年収が上がりやすい

自分で求人を調べて企業に応募をしたり、応募書類を作成しなくても、転職エージェントの
キャリアアドバイザーがサポートしてくれるので
、転職活動の時間を削減できます。

何かと忙しく、プライベートの時間が取りづらい方こそ、転職エージェントの利用をおすすめします。

③転職で企業が抱える悩みを解消してくれる

転職では企業は下記のような不安を抱えています。

  • 即戦力であるか
  • 入社してすぐに辞めないか
  • ストレスに弱くないか
  • 良好な人間関係を築けるか
  • 自分で考え自主的に行動できるか
  • 戦力になる素質はあるか

これらを解消しなければ内定は出ません。

しかも、1度の面接でこれら全てを解消するのは難しいでしょう。

そこで、頼りになるのが
転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

あなたに代わって企業を説得してくれ、
企業が抱える不安を解消してくれるのです。

そのため、転職エージェントを使うべきだといえ、実際に多くの方が転職エージェントを利用して転職に成功しています

彼氏

たしかに、転職エージェントを利用した方が転職が有利になりそうだね。
でも、具体的にどんな転職エージェントがあるのか分からない人も多いよね。
初めて転職エージェントを利用する時は、勇気がいると思うけど、転職に成功している多くの人が活用してるから、利用必須だと思うよ。
次は、どの転職エージェントを利用するべきかを解説していくね。

彼女

ADHDの方におすすめの転職エージェント4選

①パソナキャリア

パソナキャリアのロゴ

パソナキャリアは大手人材派遣会社の『パソナ』が運営する転職エージェントです。

25万人の転職をサポートとした豊富な実績を活かした手厚いサポートに定評があり、サポートの質はトップクラスの評価となっています。

また、『転職初心者に対するサポートが手厚く転職に関する不安や疑問を丁寧に解決してくれる優秀なキャリアアドバイザーも在籍しています。

親身で丁寧なサポートをしてくれるため、ぜひ一度面談を受けてみて下さい。

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

②type転職エージェント

type転職エージェントのロゴ

type転職エージェント』は『IT・Web系』『営業系』『企画・管理系』の3領域に特化した転職エージェントです。

サポートの質が高く、キャリアカウンセリングも丁寧だと評判ですが、大手のリクルートエージェントやDODAほど利用者数が多くありません。

そのため、丁寧なサポートを受けられる
穴場転職エージェント』となっており、未経験からのIT転職も親身にサポートしてくれます。

【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

③リクルートエージェント

リクルーtページェントのロゴ

リクルートエージェントは、
リクルートグループの『リクルートキャリア』が運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントは、圧倒的な求人数の多さが最大の特徴で、企業との幅広いコネクションを活かした約20万件の求人を保有しており、その数は業界No.1です。

さらに、求人は全業種・全職種・全年代・全地域に対応しているので、自分に合った企業や職種を見つけることが可能です。

また、業界トップクラスの約470名の経験豊富なキャリアアドバイザーから、ご自身のキャリアの見直しや書類選考・面接対策などのアドバイスを受けることができます。

そのため、転職活動をする全ての方が利用必須の転職エージェントと言えますので、まずは一度相談してみてください。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

④ワークポート

ワークポートのロゴ

ワークポート』は、IT・Web・ゲーム業界への転職で利用必須の転職エージェントです。

ワークポートは企業理念として『人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。』を掲げています。

そのため、求職者をスキル・キャリアで判断することがなく、例えスキル・キャリアが低くても登録を拒否されることはありません。

ですので、未経験からのIT転職もしっかりサポートしてくれる、心強い転職エージェントです。

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

ADHDの転職成功者の体験談からわかった転職成功の秘訣3選

ADHDの転職成功者の体験談をヒヤリングした結果、3つの秘訣があることがわかりました。

それでは、順に詳しく見ていきましょう。

転職に成功した人は転職エージェントを4社以上併用している

転職サイト『リクナビNEXT』によると、転職成功者の転職エージェント利用社数は平均4.2社となっています。

リクナビNEXTの転職エージェントを活用するポイント出典:リクナビNEXT

つまり、転職成功者の多くは『4社以上の転職エージェントを同時に利用していることになります。

彼氏

え!4社以上も登録するの?
少し面倒だなぁ、、、
たしかに手間はだけど、これにはちゃんと理由があるんだよ!

彼女

では、なぜ『4社以上の転職エージェントを同時に利用』するのでしょうか?

この理由を調査したところ、

転職エージェントを複数利用するメリットが3つあることが分かりました。

転職エージェントを複数利用するメリット

  • 自分に合った求人と出会える可能性が高くなる
  • 自分に合ったキャリアアドバイザーと出会える可能性が高くなる
  • 用途や目的に応じて転職エージェントを使い分けられる

もし、あなたが1社しか登録しなかった場合、

質の低いキャリアアドバイザーに転職活動のサポートを頼ってしまい、結果的に損してしまう可能性があります。

希望条件に合わない求人ばかり紹介される。

キャリアアドバイザーからの報告・連絡が遅い。

など、転職が遠回りになるリスクがあるのです。

また、キャリアアドバイザーとの相性も転職活動が成功するかに影響してきます。

そのため、転職成功のポイントは、実際に複数の転職エージェントで面談を受け、あなたに最適なキャリアアドバイザーと出会うことです。

複数登録は2chでもおすすめされているんですよ!

彼女

584名無しさん@引く手あまた2017/06/25(日) 12:34:01.09ID:ZmVoyW3D0>>585>>586

一社登録した

複数のエージェントへ登録推奨と雑誌やらWebでよく見かけるが、

複数登録しといて良かったって人いる?

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/584

585名無しさん@引く手あまた2017/06/25(日) 12:51:12.03ID:9CaSYnr00>>587

>>584

1つのエージェントが持っている求人の中でのみ応募先を選びがちになる。

でも、会社選びってそーじゃないはず

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/585

586名無しさん@引く手あまた2017/06/25(日) 13:40:06.65ID:N4GzeJfx0>>588

>>584

複数登録は必要でしたよ。私はリクエーとパソナだった。求人はあまり被りがなくいいバランスでした。

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/586

304名無しさん@引く手あまた2017/06/06(火) 04:23:13.32ID:2T+4AtRU0>>305>>306

リクエーとDODAって片方登録しとけばOKでしょうか?

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/304

305名無しさん@引く手あまた2017/06/06(火) 06:31:26.69ID:+uYyhWZe0

>>304

両方登録しておくと何かと幸せ。

片方だけの方がスケジュールの調整は楽だけどね。

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/305

306名無しさん@引く手あまた2017/06/06(火) 06:35:42.11ID:5E3toc+m0

>>304

どっちも

出典:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/job/1489100561/306

※2chの書き込みは↑を押すと見られます。

彼氏

たしかに、複数利用した方が転職が有利になりそうだな。
でも、具体的にどんな組み合わせで利用すればいいか分からないよ…。
私も転職エージェントは4社使ったよ!
組み合わせに関しては、まずは記の転職エージェントは3社に登録しつつ、話を聞いてみるのがいいと思うよ!

彼女

②ADHDで転職に成功した人は『若いうち』に転職活動している

20代であれば高卒でも未経験職種に転職できる可能性は非常に高いです。

その理由としては、あなたの『伸びしろ』に期待した、いわゆる『ポテンシャル採用』です。

20代のうちは未経験というハンデがあっても、
即戦力というよりは数年後に期待する』という考え方の下で会社も採用を行います。

一方、30代や40代の転職の場合は、20代とは違い、
高いスキルとノウハウが求められるようになるので、未経験からのIT転職はとても難易度が高いと言えます。

③ADHDで転職に成功した人は仕事を続けながら転職活動をしている

転職活動を行う際、仕事を続けながら転職活動を進めておくのがおすすめです。

その理由は以下の3点です。

メリット①余裕を持って仕事に取り組める

転職活動をすると、心に余裕を持って仕事に取り組むことができるので、仕事の悩みが緩和されます。

また、転職エージェント等に登録すると担当のキャリアアドバイザーから定期的に様々な求人が送られてきます。

それを「私にも転職のチャンスが十分ある」と捉えてみてください。

仕事を辞めて転職したいと悩んでいる方の多くは、『今の会社にしがみつかなければならない』と考えているケースが多いです。

しかし、「辞めても大丈夫そうだ」と感じられることで、今の仕事の悩みも緩和することができます。

メリット②金銭的余裕を持てる

仕事を辞めてから転職活動をした際に、最も困るのが金銭面です。

仕事を辞めることで当然収入はなくなりますが、生活費は仕事を辞める前と同じようにかかります。

そのため、目先の生活費を稼ぐために焦って転職先を決めてしまい、仕事選びに失敗してしまう可能性があります。

しかし、今の会社で給料をもらいながら転職活動をすることで、じっくり次の仕事を選びながら転職活動をすることができるので、希望通りの仕事に就くことができるでしょう。

メリット③自分の市場価値を知る

仕事を辞める前に転職活動をすると、自分の市場価値を知ることができます。

転職活動において、あなたの経験や年齢によっては、今より労働条件が悪化する会社しか選べない可能性があります。

その場合、今の会社に残った方が良いという判断ができるので、会社へ在籍中に転職活動することをオススメします。

また、転職を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』をまずは参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、把握することができます。

まとめ|転職エージェントを利用して希望の転職を叶えよう!

ADHDで転職することの概要や方法をアドバイスさせていただきましたが、いかがでしたか?

先述の通り、ADHDの方に向いていない職種があることは事実です。

しかし、最適な職種に就くことで個人のスキル・技術を発揮し、他の人よりも活躍することが可能です。

今の世の中は、転職エージェントなどの転職支援サービスが充実しており、どんな状況からでも転職活動を前向きに進めていくことができます。

無料でプロからアドバイスをもらいながら転職活動を進めていくことができるので、職歴・学歴関係なく、よい転職先を探すことも可能です。

そのため、転職エージェントはぜひ利用していただきたいと思います。

特に、ADHDの方の転職であれば『パソナキャリア』を利用するのがおすすめです。

親身で丁寧なサポートをしてくれるため、ぜひ一度相談してみて下さい。

ADHDの方におすすめの転職エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です