【手術室看護師(オペナース)】ってどう…?仕事内容や給料を解説

看護の転職サイトおすすめランキング

 

▼当サイトから申し込みの多い転職サイト

【1位】看護のお仕事
     総評:『看護師で転職を考えている全ての方が利用必須』
     公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

【2位】ナースではたらこ
     総評:『初めての転職で利用必須』
     公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

【3位】看護roo!
     総評:『丁寧なサポートを希望する方におすすめ』
     公式サイト:https://www.kango-roo.com/career/

この記事では、『手術室看護師ってどうなの?』と思っている看護師さんのために《手術室看護師の仕事内容や給料》などを詳しくご紹介します。

今まで一般病棟で看護師をしてきたけど、『手術室看護師』ってどうなんだろう…。

手術室看護師の年収(給料)は…?

手術室看護師をするメリットやデメリットは…?

手術室看護師の求人を探すには転職サイトを利用すべき…?

と疑問を持っている看護師さんも多いと思います。

そこで、本記事では過去に…

転職成功経験 + 転職サイトや派遣会社利用経験

のある現役看護師の筆者が…

  • 『手術室看護師』の仕事内容
  • 『手術室看護師』の給料や労働条件
  • 『手術室看護師』のメリット・デメリット
  • 『手術室看護師』が向いている人の特徴

などをわかりやすく解説します。

もし、あなたが手術室看護師をすることについて悩んでいるのであれば、この記事を読むことで…

『手術室看護師』をするべきかどうか自信を持って判断でき、看護師として新たな働き方の一歩を踏み出せるようになると思いますよ!

気になる項目へジャンプする
▶︎手術室看護師が向いている人の特徴

看護師として転職経験のある彼女

4年制大学を卒業後、国家試験に合格し看護師として3年間大学病院に勤務した。しかし、給料が仕事量に見合わないことや職場環境の悪さから、悩んだ末に転職を決意。転職では、看護師専門の転職サイトを利用し希望の転職を実現した。
その際に培った転職ノウハウや多くの転職サイトを利用した経験を活かして、このサイトでみなさんに情報をお伝えしている。

キャリアアドバイザーとして働く彼氏

大阪大学を卒業。大手人材紹介会社に勤務し看護師の転職部門のキャリアアドバイザーとして4年間勤務。キャリアアドバイザーの視点から看護師転職ノウハウや評判についてみなさんに情報をお伝えしている。

『手術室看護師』とは…?

『手術室看護師』とは…?

『手術室看護師』とは…

病院の手術室で働く看護師のことを言います。

主な仕事は…

手術室における医師の介助、手術を行う患者のサポートです。

MEMO

『手術室看護師』は、一般病棟とは異なる特殊な環境で働くため…

『オペ室ナース』『オペナース』『オペ看』

と呼ばれることもあります。

病棟勤務に比べて体力的も精神的にもハードな職場ですが…

病棟勤務とは違った患者さんとの関わり方や、病棟や外来では身につけることの難しい専門知識を得ることができます。


『手術室看護師』は、ドラマや映画などでもよく目にすることが多いかと思いますが…

実際の仕事内容はどうなのでしょうか?

これについて、次で詳しく解説していきますね。

彼女

『手術室看護師』の仕事内容とは…?

『手術室看護師』の仕事内容とは…?

『手術室看護師』の仕事内容は、以下のようなものがあります。

【手術室看護師の仕事内容】

  • 術前訪問
  • 病棟看護師との申し送り
  • 手術準備(医療器具の準備と環境整備)
  • 手術中の外回り業務
  • 手術中の直接介助
  • 手術後の申し送り
  • 手術終了後の片付け

まず、『手術室看護師』は…

手術予定の患者さんの情報収集を行います。

患者名、疾患、術式、感染症の有無、合併症の有無を把握し、術中のリスクを考えます。

そして…

手術前日もしくは当日に、病棟の患者さんの元へ行き術前訪問を行います。

MEMO

術前訪問では…

手術についての説明を再度行い、手術の流れ、不安や訴えの傾聴をし、注意事項を確認します。

手術前後には…

必ず病棟看護師と申し送りを行い、『患者誤認』『既往歴』『アレルギー』を最終確認します。

また、手術中は…

『直接介助』『外回り業務』の2種類に分かれます。

ここで…

『直接介助』『外回り業務』について少し詳しく見ていきましょう。

彼女

直接介助
  • 手術前の器具確認(滅菌の有無)
  • 器械台へ器具をセットし数や破損、欠損の有無を確認
  • 術中の手術器具の判断
  • 術中に医師へ手術器具を手渡す
  • 患者が急変した場合には物品や人を手配
  • ドレーンの挿入部位や数を医師と確認し外回り看護師へ伝える
  • 手術終了前に外回り看護師と器具やガーゼカウントを行う
  • 手術後使用した器具や機材を片付ける

直接介助の仕事は…

『器械出し』と言われる業務になります。

器械出しは…

医師の隣に立ち、手術に必要な医療器具やガーゼ等を手渡します。

常に手術の進行を見ながら、執刀医の使いたい道具をすぐに渡せるように準備します。

MEMO

器械出し看護師は、手術に対応できるよう…

数十種類ある器具を覚え、手術の流れを理解するための病理知識を学ぶ必要があります。

医師の指示を待ってから器具を渡すのでは不十分です。

そのため…

看護師も手術の流れを把握し、次に必要な器具をスムーズに手渡せるよう準備しておく必要があります。

器械出し看護師のスキルは、手術進行のスムーズさに直接影響するとも言える重要な役割です。

彼女


外回り業務
  • 術前訪問
  • 麻酔方法の確認、必要な薬品や医療機器の準備
  • 術前の申し送りと本人確認
  • 麻酔導入の介助
  • 手術室の環境整備(室温調整など)
  • 術中の患者の状態観察と記録
  • 出血量や尿量を測定して医師に報告
  • 必要な場合は輸血用の血液製剤を薬剤部から取り寄せる
  • 手術台にある照明器具の調整
  • 麻酔科医への指示確認
  • 器械出し看護師との器具確認やガーゼカウント
  • ドレーンの固定と気管内チューブの抜去を介助
  • 手術後の申し送り
  • 手術後の片付け

外回り看護師は…

麻酔導入の補助や患者さんの体位固定、術中のバイタルチェック、術中経過の記録などを行います。

また…

麻酔科医との連携や手術前後の病棟看護師との申し送りも行います。

患者さんを間に、外科医や麻酔科医のどちらにも気を配る必要があり、集中力と観察力が求められます。

彼氏

手術室に配属された新人は…

まず、『器械出し看護師』を経験し、2〜3年後に『外回り看護師』を任されるようになるのが一般的です。

手術室看護師は専門性の高い業務が多く、一人前になるまで3年以上かかると言われますが…

看護師免許以外に必要な資格はないため、志望すれば未経験でも就ける職種です。


以下は、『手術室』の外回り看護師の一日のスケジュール例です。

病院によって多少の違いはありますが、参考までにチェックしてみて下さいね。

彼女

『手術室』の外回り看護師の一日のスケジュール例

  • 8:30
    出勤

    当日のスケジュール管理と訪問準備。

  • 8:50
    手術準備

    手術で使用する器具や薬剤、手術室環境を整え準備する。

    麻酔科医や直接介助看護師と手術内容の確認を行う。

    病棟看護師と患者情報の申し送りを行う。

  • 9:30
    患者の術前ケア

    手術前の説明、不安の軽減。

    患者の体調チェック。

  • 10:00

    患者の容態を確認し、異状がある場合には医師に報告する。

    手術室の室温など環境管理。

  • 14:00
    手術終了

    患者をリカバリー室に移動する。

    患者の術後経過や観察を行う。

    手術室の後かたずけを行う。

  • 14:30
    引き継ぎ

    病棟看護師へ手術中の患者情報を申し送りする。

    手術中の記録を完成させる。

  • 15:00
    休憩

    手術が終了次第、休憩に入る。

  • 16:00
    術前訪問

    明日に手術を控えた患者に術前訪問を行う。

  • 17:00
    退勤

    業務終了。

以上のように、『手術室』での看護師さんは…

“手術が円滑に進むように、さらには患者さんの安全・安楽を確保できるように援助を行うこと”

が役割です。

また…

同じ疾患でも術式や患者さんの体格、手術の受け止め方など、一症例ごとで全て異なります。

そのため…

術前訪問で得た情報や患者さんの希望を考慮し、個別性を考えたケアを行うことも、手術室看護師さんの重要な仕事と言えます。

『手術室』の看護師さんの1日のスケジュールを紹介しましたが…

勤務時間・昼食時間等は、配属施設により異なります。

そのため…

必ず就業前に確認しましょう。

彼女

『手術室看護師』の年収(給料)は…?

『手術室看護師』の年収(給料)は…?

『手術室看護師』の給料は…

一般的な病院勤務の看護師の給料と同様と考えて良いでしょう。

看護師専門の転職サイトの『ナースフル』のアンケートによると…

『病院看護師』の平均年収は “約418万円” です。年齢別で見てみると…

20〜24歳:366万円

25〜29歳:413万円

30代  :435万円

40代  :459万円

50代  :495万円

出典:看護師の給与事情 勤務先でどう違う?

となっています。

MEMO

『手術室看護師』は…

予定されている手術は日中に行われるため、基本的には日勤勤務となりますが…

病院ごとに当直、オンコールを決めて緊急手術の対応をしています。

当直の場合には、病院で待機し緊急手術の場合のみ対応。

オンコールは、自宅で待機し連絡があれば出勤する形です。

当直やオンコールでは…

オンコール手当(待機手当)に加えて、オペ室へ行った際に別途手当が支給される形をとっています。

そのため…

オペ室で働く看護師さんの給料は、当直やオンコールの頻度・回数により変動することになります。

手術室看護師は、平均すると病棟勤務と大きく収入が変わることはないですが…

夜勤や当直が少ない場合には、給料が少なくなることもあるので注意しましょう。

また…

当直やオンコール手当、勤務体制(自宅待機の回数や緊急時の呼出し後の勤務について等)は、病院によって異なるので…

事前に確認しましょう。

『手術室看護師』の3つのメリット

『手術室看護師』の3つのメリット

『手術室看護師』のメリットは、下記の3点です。

  1. 『手術室看護師』の経験は、転職しても役に立つ!
  2. チームで働く達成感がある!
  3. 基本的に日勤で土日休み!

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

メリット①:『手術室看護師』の経験は、転職しても役に立つ!

『手術室看護師』として働くことの、最大のメリットは…

手術室での経験は他部署へ転職しても役に立つことです。

手術室では、一般病棟のように特定の診療科だけでなく…

外科(呼吸器・消化器・脳外科・循環器)、泌尿器、整形外科、眼科など全ての診療科の手術を経験します。

そのため…

手術室で働く場合、救急外来やICU、SCU、NICUなどと同様に、幅広い疾患の病態や解剖生理、全身状態の観察スキルを学ぶことができます。

『手術室看護師』から他部署へ転職する場合には…

手術室で培った幅広い知識や観察力を活かすことができます。

病棟勤務では、このようなスキルを学ぶ機会が少ないため…

『手術室看護師』は重宝される傾向にあります。

彼女


メリット②:チームで働く達成感がある!

『手術室看護師』は、医師や臨床工学技士と深く関わりがあり『手術チーム』の一員として働いています。

安全でスムーズに手術が進行するように、それぞれの職種がプロフェッショナルとして最善を尽くします。

そのため…

手術が無事に終わったときには、手術をやり遂げた達成感をチーム内の皆と共有することができるのです。

特に、長時間の手術や、難しい手術をやり遂げた時には、より達成感を感じることができ…

これが手術室看護師のやりがいとも言えるでしょう。

彼女

病棟看護師の場合、患者さんを一対一で看護することが多いため…

チームで達成感を共有する場面は、『手術室看護師』ほど多くありません。

ですので…

誰一人かけてはならない状況でチームとして手術をやり遂げる達成感は、『手術室看護師』ならではのメリットです。


メリット③:基本的に日勤で土日休み!

『手術室看護師』は、基本的に日勤勤務で土日休みという勤務形態が多いです。

そのため…

休日が明確なので、プライベートの予定が立てやすくなります。

『手術室看護師』の仕事は、土日をしっかり休みたい看護師にオススメです!

しかし…

規模の大きい病院では、緊急手術の対応として当直やオンコールを取り入れています。

当直やオンコールの頻度は、病院により異なり…

多い場合には週1回、少ない場合には月に1〜2回などという場合もあります。

彼女


以上が、看護師さんが手術室で働くメリットです。

ただ、どんな職場でもメリットとデメリットがありますので、転職してから…

『こんなはずじゃなかった…。』

とならないように、『手術室看護師』のデメリットについても詳しく見ていきましょう。

『手術室看護師』の3つのデメリット

『手術室看護師』の3つのデメリット

『手術室看護師』のデメリットは、下記の4点です。

  1. 疾患の知識や医療器具など覚えることが多い…
  2. 患者さんと深く関わる機会が少ない…
  3. 手術は緊張感が高くプレッシャーがある…

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

デメリット①:疾患の知識や医療器具など覚えることが多い…

『手術室看護師』は、自分の受け持ちの患者が特定の診療科と決められている訳ではないため…

全ての疾患の知識や病態生理、解剖生理を理解していなければいけません。

それに加え…

手術室特有の医療器具の名称や使用用途についても学ぶ必要があります。

そのため…

一般病棟の看護師と比較すると、勉強量は多いと言えます。

『手術室看護師』は、勉強会も多く、覚えることが多いですが…

知識を身につけてキャリアアップしたい看護師さんにはおすすめの仕事です。

彼女


デメリット②:患者さんと深く関わる機会が少ない…

『手術室看護師』は、病棟看護師と比べると患者さんとのコミュニケーションは少ないです。

そのため…

『患者さんとたくさんコミュニケーションを取りながら、信頼関係を築いて行きたい』

という方には、『手術室看護師』の仕事は、物足りなさを感じるかもしれません。

『手術室看護師』は、術前訪問など手術前には患者さんとコミュニケーションを取ることができますが…

基本的には手術室での勤務となります。

そのため、病棟看護師のように…

患者さんが元気になり退院していく姿を見たり、患者さんから「ありがとう」と直接感謝の言葉をもらえることは少ないです。

彼女


デメリット③:手術は緊張感が高くプレッシャーがある…

他の部署でももちろん看護師は命を預かっているため、緊張感を伴う仕事ですが…

手術室においては、一段と緊張感が高く、小さなミスが命に直結してしまいます。

そのため…

チーム全体の緊張感が高く、手術室看護師はプレッシャーに感じることも多くあるようです。

たとえば…

手術器具の破損に気づかずに医師に渡してしまったり、患者さんの出血量の増加に気づかなかった場合…

大変なアクシデントにつながってしまうかもしれません…!

彼女

そのため…

『手術室看護師』は、常に緊張感をもって手術にのぞむ必要があります。


このように、『手術室看護師』にもデメリットがあるんです。

『手術室看護師』が向いてる人の特徴とは…?

『手術室看護師』が向いてる人の特徴とは…?

ここまで、『手術室看護師』のメリット・デメリットを紹介してきました。

次は、先ほどの結果をもとに、『手術室看護師』が向いてる人の特徴を見て行きましょう。

以下に当てはまる方は『手術室看護師』という働き方を視野に入れてみましょう。

  • 幅広い知識を身につけスキルアップしたい方
  • 専門性を磨きたい方
  • 観察力や判断力が優れている方
  • メンタルが強く、責任感がある方
  • 『手術チーム』の一員として他職種と関わり働きたい方

これまで解説したようにメリットもたくさんあります!

職場や働き方には個人の向き不向きもあるため…

自分がどのような職場や働き方が合っているかしっかり考えて選択しましょう。

『手術室看護師』に興味がある方は、後ほど紹介する…

“転職サイト” に一度相談して見てもいいでしょう!

無料で相談することが可能ですし、プロのキャリアアドバイザーが利用者の希望に合った職場を紹介してくれますよ。

『手術室看護師』に応募する際の志望動機の書き方や例文

『手術室看護師』に応募する際の志望動機の書き方や例文

ここでは、『手術室看護師』の求人に応募する際に…

履歴書や面接での『志望動機』で悩んでいる…。

そんな看護師さんのために…

志望動機の例文をご紹介します。

MEMO

履歴書を書く時は…手書きで書きましょう!

一般企業では、パソコンで履歴書を作成する場合が多いのですが…

医療の場では、手書きの履歴書の方が好まれるケースが多いようです。

また、誤字・脱字は修正テープや修正液で安易に修正せず、新しい履歴書に書き直しましょう。

【経歴別】志望動機の例文

例文①:オペ室専任で働ける大規模病院への転職を希望

前職の病院では、オペ室の看護師は病棟と兼任でした。

自分により向いていると感じたオペ室で手術介助のスキルを磨くため、オペ室を専任で務められる病院を探していました。

貴院は手術件数も県内トップクラスで、地域の方たちからの信頼も厚い病院です。

手術室認定看護師の資格取得をバックアップしてくださる環境にも魅力を感じ、ぜひ貴院で精進したいと思い、志望しました。

出典:看護師さんのための志望動機の書き方&ケース別例文集


例文②:消化器外科病棟から手術室看護師へ転職

私はこれまで大学病院の消化器外科病棟で働いており、消化器外科の手術前後の看護について学んできました。

以前から手術室看護に興味があったことと、消化器だけでなく幅広い疾患の知識を身につけ、手術室特有の専門性についても学んで行きたいと思い転職を決意しました。

貴院を選んだ理由は、症例や手術件数が多く、豊富な知識を吸収でき、自分の力を高められると思ったからです。

そして貴院の教育体制が充実していることや、手術室の雰囲気にも魅力を感じました。

貴院のオペ室ナースとして、努力していきたいと考えています。

出典:看護師の志望動機 厳選200例文!


『手術室看護師』の求人探しの3つのポイント

『手術室看護師』の求人探しの3つのポイント

『手術室看護師』の求人を探すときは、以下の2つのポイントを必ずチェックしましょう。

  1. 当直とオンコールの有無や回数を確認する!
  2. 給料や労働条件、教育体制を確認する!

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ポイント①:当直とオンコールの有無や回数を確認

『手術室看護師』は、病院によって当直とオンコールの有無や回数は異なります。

例えば…

当直体制の場合には、月に何回か決められた回数当直があるため…

緊急手術対応として夜間も病院で待機することになります。

その一方で…

オンコール体制の場合には、自宅や病院の近くでいつでも緊急手術が入った時に出勤できるよう待機していることになります。

そのため…

当直やオンコールを希望しない方は、日勤のみ手術を行う医療機関を選びましょう!

当直かオンコールどちらか希望がある場合には、就業前に勤務形態と回数を確認しましょう!


ポイント②:給料や労働条件を確認する!

働く上で、給料はとても大事ですよね!

いくらやりがいがあって興味のある仕事でも…

『給料が少なく金銭的に生活がきつい』となるとしんどいですよね…。

特に『手術室看護師』は、当直とオンコールの有無、回数によっても給料が変わってきます。

そのため…

就業前に必ず月収(手取りでいくらもらえるのか)、年収、当直やオンコール手当、賞与の有無を確認しましょう。

また、以下の5点を確認しておくことをオススメします!

  1. 就業時間、残業手当の有無
    ➡︎実際の勤務時間は、何時から何時までか
    ➡︎残業になった場合、残業手当が支給されるのか
  2. 社会保険の内容
    ➡︎健康保険や厚生年金などに加入しているのか
  3. 産休・育休制度について
    ➡︎産休・育休の取得実績があるか
  4. 教育制度を確認する
    ➡︎未経験者向けの教育制度やスキルアップの資格取得のための制度があるか
  5. 職場の雰囲気を確認する
    ➡︎医師や看護師、臨床工学技士の連携や人間関係はどうか

これら2つのポイントをしっかりと押さえながら、自分に合う職場選びを進めていきましょう。

ただ、これらの情報は、自分で調べてもわからないケースが多いです。

そのため…

自分に合った職場をきちんと見極めたい方は、これから紹介する…

“『手術室看護師』の転職におすすの転職サイト”

を利用することをオススメします!

紹介会社に登録しておけば…

仕事内容や人員体制、給与体系の詳細、職場の人間関係の確認を、キャリアアドバイザーに依頼することも可能です。

また…

求人が出たときに優先して教えてもらえますし、一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらうことが可能です。

手術室への転職を考えている看護師さんは…

『転職サイト』の活用を検討してくださいね!

彼女

『手術室看護師』の転職におすすめの転職サイト3選

『手術室看護師』の転職におすすめの転職サイト3選

ここからは、『手術室看護師』の転職に強い看護師専門の転職サイトを厳選し、実際に利用した方の口コミ評価から

評価基準

  • 総合評価
  • 求人の質・量
  • サポートの質

を総合して、評価が高く、『手術室看護師』の転職に強い以下の3つの転職サイトを紹介します。

  1. 看護のお仕事
    総評:求人数、質、サポート全てにおいて満足度No.1
    公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
  2. ナースではたらこ
    総評:手厚いサポートは業界No.1
    公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/
  3. ナースフル
    総評:非公開求人を沢山見たい方
    公式サイト:https://nurseful.jp/

また、詳細情報も確認できますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめ①:看護のお仕事

★一番おすすめの転職サイトです★

看護のお仕事の評価
総合評価
(5.0)
求人の量・質
(5.0)
サポートの質
(4.0)

看護のお仕事』はITや人材の分野で勢いのあるベンチャー企業『レバレジーズ株式会社』が運営する看護師専門の転職サイトで、求人の量・質、サポート面において利用者から非常に高い評価を得ています。

『看護のお仕事』は…

  • 10万件以上の豊富な求人
  • 質の高い非公開求人を多数保有していること

を最大の特徴としており、求人は全国に対応しているため、地方での転職を希望する方でも希望の求人を探すことができます。

看護のお仕事の説明

上記のように…

  • サービス満足度No.1
  • キャリアアドバイザーの対応満足度No.1
  • 友達に勧めたいランキングでNo.1

を獲得しており、月間利用者数は20万人を突破しています。

また…

求人募集をしていない病院に応募ができる求人リクエスト希望があれば面接にも同席してくれるため、サポート力の高さも魅力です。

求人の量・質、サポート面の全てにおいてバランスが良いため…

看護師で転職を考えている方は利用必須の転職サイトと言えます!

看護のお仕事』は、転職したい方はとりあえず登録しておいて間違いない転職サイトです!

彼女

『看護のお仕事』を利用すべき方

  • とりあえず間違いない転職サイトに登録したい方
  • 地方に住んでいる方(全国対応なのでもちろん都市部もOK)
  • 夜間や早朝にも電話対応して欲しい方(24時間電話対応)
  • 早急に転職活動がしたい方(対応がスピーディー)
  • 質の良いアドバイザーさんに出会いたい方

実際に利用した方の口コミ

シングルマザー。不安と負担が転職で軽くなった!

30歳で4歳になる子供がいます。シングルマザーになって1年。日勤で働いていましたが、子供の将来のことを考えるともう少し稼ぎたい。そこで院内託児所のある病院を探して、相談したのですが、キャリアアドバイザーの方は、もっと詳しく、子育て中の看護師さんの人数や、急なお休みへの理解など、事業所ごとの子育て環境を教えてくれました。給与は前より少し上がる程度ですが、育児補助と家族手当など合わせると安心できる額になります。貯金もできそうです。職員の雰囲気や周辺の環境、前に紹介した方からのアドバイスなんかも教えてくれたので、転職後の具体的なイメージが沸いてきて、不安というより、楽しみの方が大きい転職でした。

(30代/女性)

出典:看護のお仕事公式サイト 転職成功事例

全国サポートで遠方への転職も引越しもスムーズに実現!

39歳のシングルマザーです。息子の中学入学を機に、実家の近くに思い切って引っ越すことに。引越しに入学にと何かとお金がかかるし、北海道から富山まで就職活動や転居手続きに行くのは大変。でも、看護のお仕事は全国サポートだったので、地域に詳しいキャリアアドバイザーが希望条件の病院を探してくれました。とても助かったのは、引越し先のこと。病院紹介の不動産屋を利用すると、家賃が半額になるということで、その不動産屋にも取り次いで頂き、家まで決めることができたんです。有給消化しやすいのも、学校行事のある私には嬉しいポイントでした。離れた場所への転職がスムーズに決まって、ホッとしています。有難うございました。

(30代/女性)

出典:看護のお仕事公式サイト 転職成功事例

 

 

【公式サイト】https://kango-oshigoto.jp/


おすすめ②:ナースではたらこ

ナースではたらこの評価
総合評価
(4.5)
求人の量・質
(3.5)
サポートの質
(5.0)

ナースではたらこ』は…

アルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社の『ディップ株式会社』が運営する看護師向けの転職サイトです。

『ナースではたらこ』は逆指名制度を採用しており…

求人が出ていない医療機関でも、希望の病院を指定しキャリアアドバイザーが求人状況や条件を確認し、可能であれば紹介してもらえます。

また、キャリアアドバイザーはエリア別担当制としているため…

各地域の求人情報に精通した専属キャリアアドバイザーが、その地域の詳しい情報を教えてくれます。

求人に関しては全国地域に対応しており…

札幌・東京・名古屋・大阪・福岡

の全国5ヶ所のオフィスでナースキャリアステーションを開催しているため、キャリアアドバイザーにマンツーマンで転職の悩みを相談できます。

そして、キャリアアドバイザーは利用者の希望をじっくりヒヤリングし、要望をしっかりと汲み取った上で、求人を紹介してくれます。

このような求人のマッチング率の高さや、手厚いサポートにより、利用者満足度No.1の実績もあります。

首都圏での転職を希望する方はもちろん…

地方での転職、初めての転職、転職したい医療機関が決まっており逆指名制度を利用したい看護師さんにおすすめの転職サイトです!

実際に利用した方の口コミ

勤務先 デイサービス(日勤・非常勤)→透析(日勤・常勤)
給与 月給13万円→月給18万円

転職のきっかけ

仕事と子育ての両立を考え、時間の調整が利くデイサービスセンターで看護の仕事をしていました。しかし、透析看護の勉強をしていたため、この技術を生かして働きたいと考えたのが転職のきっかけです。

転職の際の悩み

3歳の子どもがいるため、通常の勤務形態では仕事と子育ての両立が難しく、勤務時間に制約があります。このため、勤務先が見つからないのが悩みでした。

転職先を決めたポイント

子育てとの両立に悩んでいることをキャリア・アドバイザーから病院に伝えていただいたところ、勤務時間の調整が難しい透析にも関わらず、クリニックが子どものお迎え時間を考慮し、勤務時間を調整してくれました。

そこで、面接を受けることにしたのですが、実際にお会いしてみたところ職場環境もよく、仕事と子育ての両立ができると考え、入職を決定しました。

出典:ナースではたらこ公式サイト 転職成功事例

勤務先 介護福祉施設(派遣)→病棟(常勤・2交替)
給与 時給1,600円→年収約430万円

転職のきっかけ

出産のために派遣で働いていましたが、出産を終えたため就業したいと思い、転職活動を開始しました。

転職の際の悩み

シングルマザーであり、子どもがまだ0歳であることから、育児との両立が最優先事項でした。このため、条件にあった仕事がなかなか見つからないのが悩みでした。

転職先を決めたポイント

0歳児の育児と仕事を両立させるために、母子寮と24時間託児所がある病院をピックアップしていただきました。加えて、東京都内に住みたいという希望に合致する転職先を紹介していただきました。

育児に対して理解があるなど、病院側の対応が非常に良かったことから安心して入職を決定し、無事に引越しも済ませました。

出典:ナースではたらこ公式サイト 転職成功事例

 

 

【公式サイト】https://iryo-de-hatarako.net/


おすすめ③:ナースフル

ナースフルの評価
総合評価
(4.0)
求人の量・質
(4.0)
サポートの質
(4.0)

ナースフルは…

人材業界最大手『リクルート』のグループ会社である、『リクルートメディカルキャリア』が運営する看護師向けの転職サイトです。

転職業界において日本トップクラスであるリクルートグループが運営していることもあり…

認知度・信頼度ともにNo.1

の実績があります。

ナースフル最大の特徴は…

業界トップクラスの豊富な非公開求人と好条件で高給与の質の高い求人を保有していることです。

そのため…

治験看護師産業保健師看護教師、保育園』など…病院以外への転職や、看護部長看護師長など役職の求人も保有しており、NICU透析ホスピスと行った希少求人も扱っています。

上記のように…

ナースフルでは『転職のプロ』とされる、看護師専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、豊富な実績と独自の転職ノウハウで利用者の転職を成功へ導きます。

キャリアアドバイザーは女性特有の結婚や出産、育児、ブランクの悩みなどライフバランスに考慮した転職支援や、利用者の看護観を大切にし、今後のキャリアアップを見据えた職場選びができるよう求人を提案するなど…

利用者一人一人の個別性に合わせ寄り添い、将来を見据えた転職支援を心がけています。

また、面接対策や書類添削のサポートレベルも高く、交渉力も高いため…

同じ求人でも、他の転職サイトより給与や福利厚生の条件が良いケースがあります!

そのため…

キャリアアップしたい看護師さん、『年収アップしたい看護師さん、結婚・出産・育児などライフバランスに合わせた転職をしたい看護師さんにおすすめの転職サイトです!

実際に利用した方の口コミ

離婚後、母子家庭に。前の職場の給料では生活が困難になりそうでしので、収入アップできて、母子寮と院内保育を完備している病院へ転職を決意しました。透析施設でしか働いたことがないので、スキル不足がかなり不安でしたが、ナースフルのキャリアアドバイザーの方に相談に乗ってもらい、アドバイスや励ましで背中を押してもらいました。

1ヵ月位の転職活動期間でしたが、希望条件以上の病院に転職できました。収入もアップ、もちろん母子寮、院内保育も完備。その上、正看護師の資格取得のための様々な支援もあり、子育てと人材育成に手厚い病院です。スタッフの方もみな親切で、未熟な私をやさしくフォロー、応援してくれています。転職は不安でしたが、いい人たちに出会えて、決断・行動してよかったと思っています。

(女性/29歳)

出典:ナースフル公式サイト 転職成功体験談

自分でも少し無茶な条件かなと思っていたので、希望を叶えてくれたキャリアアドバイザーの方には本当に感謝ですね。面接は3社受け、うち1社に面接にまで同行してくれました。おかげさまで有給も取りやすく、スタッフがお互いに余裕を持って助け合える職場に転職できました。「ケアマネ―ジャー」の資格を取れたのも、周りのサポートあってこそ。同じ子育て世代が多いのも気に入っています。

(女性/28歳)

出典:ナースフル公式サイト 転職成功体験談

 

 

【公式サイト】https://nurseful.jp/search/

まとめ|手術室看護師で希望の転職を叶えよう!

まとめ|手術室看護師で希望の転職を叶えよう!

『手術室看護師』の働き方はどうでしたか…?

『手術室看護師』はメリットもたくさんありますが、向き不向きもあるためしっかり自己分析をしましょう。

また、医療機関によっては、インターネット上に記載されている求人票の労働条件より悪条件の場合もあります。

そのため、『手術室看護師』に転職する際には…

転職サイトを活用し、職場の雰囲気や労働条件をきちんと確認しましょう!

転職サイトのキャリアアドバイザーに相談しながら、転職先を決めることで希望の条件や働き方ができます!

最後に、『手術室看護師』が向いている方の特徴をまとめました。

  • 幅広い知識を身につけスキルアップしたい方
  • 専門性を磨きたい方
  • 観察力や判断力が優れている方
  • メンタルが強く、責任感がある方
  • 『手術チーム』の一員として他職種と関わり働きたい方

適切な転職サイトを利用し、自分に合った働き方や職場を見つけましょう!

どの転職サイトにもメリット・デメリットはあるから、複数の転職サイトを併用することが大事だね。

幅広い求人に出会るし、合わないと感じたら他の転職サイトを利用すればいいしね!

彼女

彼氏

登録も無料で簡単だし、まずは行動することが大事だね!


今すぐに転職をしないという方も、一度登録しキャリアアドバイザーに悩みや、今後のキャリアプランを相談してもいいでしょう。

新たな発見があるかもしれません。

彼女

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んで下さった全ての方が、最高の職場に出会い希望の働き方ができるよう陰ながら応援しております。

彼女


▼看護師の転職サイトを見てみたい方はこちら

【2019年最新版】看護師さんにおすすめの転職サイトランキング TOP10

▼転職サイトについて詳しく知りたい方はこちら

病院【保存版】看護師の転職サイトってどう?メリット・デメリットを解説

▼楽な職場を見つけたい方をはこちら

【仕事に疲れた看護師さん必見!】楽な仕事(部署)ランキング TOP3

▼看護師以外の職種に転職したい方をはこちら

看護師におすすめの転職先とは…?病院以外へのジョブチェンジも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください