仕事を辞めたい!辞めるべき?続けるべき? 解決策などを全て教えます

アイキャッチ画像

いざ、『仕事を辞めたい』と思っても、

仕事を辞めたいんだけど、辞めるべきかな?続けるべきかな?
仕事を辞めたあとはどうすればいいの?

など、仕事を辞めたい時って悩みが増えますよね。

実際に、『仕事を辞めたい』と思っている人は世の中にはたくさんいて、平成29年の上期だけで約400万人が離職したという統計もあります。

ただし、仕事を辞める理由やタイミングによっては、仕事を辞めてしまった後に後悔する場合もあるので注意が必要です。

そこで、本記事では過去に、
転職成功経験 + 転職エージェント利用経験のある筆者が

この記事の概要

  • 多くの人が『仕事を辞めたい』と思う6つの原因
  • 仕事を辞めたい8つの理由別でおすすめの解決方法
  • 仕事を辞めると決めたあとの選択肢
  • 辞めると決断!円滑に確実に辞めるために注意する4つのこと

などをわかりやすく解説します。

本記事は、過去に転職経験のある筆者が渾身の力で書きました。

本記事が、あなたの転職活動に少しでもお役に立てれば、これに勝る喜びはありません。

転職経験のある彼女(この記事の語り手)
慶応大学を卒業。看護師として2年間勤務したが、次第に以前から興味のあったIT業界に憧れを感じるようになる。
悩んだ末、やはり諦めることができず転職を決意。プログラミング未経験から独学でRubyを習得したのち、転職活動に取り組み念願のIT企業に入社した。
その際に培った転職ノウハウや多くの転職エージェントを利用した経験を活かして、このサイトでは語り手としてみなさんに情報をお伝えしている。

転職活動中の彼氏
大阪大学を卒業。大手重工業メーカーに入社し、ものづくりエンジニアとして4年間勤務。
しかし、得られる給料や仕事のやりがいに限界を感じ、転職を決意。
自身の年収アップと憧れであったIT業界への転職を希望している。

多くの人が『仕事を辞めたい』と思う6つの原因

厚生労働省の統計では、平成29年上期だけで約400万人の方が離職したと紹介されており、多くの方が退職しているのが現状です。

そこで、まずはどのようなことが原因で会社を辞めたくなるのかを見ていきましょう。

転職サイトのリクナビNEXTが、転職経験者に対して実施した退職理由に関するアンケートでは以下のような結果が出ています。

リクナビNEXTの退職理由ランキング出典:リクナビNEXT

上記のように、様々な理由で仕事を辞めていますが、仕事を辞めたいと思ってしまう要因の多くは『不満』からきており、そのパターンは大きく分けて以下の6つです。

  1. 人間関係に対する不満
  2. 労働時間・環境に対する不満
  3. 給料に対する不満
  4. 仕事内容に対する不満
  5. 社風に対する不満
  6. 評価方法に対する不満

ひとつずつ詳しく解説していきますので、自分が仕事を辞めたいと思う原因は何なのか、確認してみて下さい。

①人間関係に対する不満

職場の人間関係が上手くいかないことが原因で『仕事を辞めたい』と考え始める方も多いです。

例えばこのようなものがあります。

人間関係に対する不満

  • 上司からのハラスメント
  • 同僚と打ち解けられない
  • 職場の人間関係がギスギスしている

上司からハラスメントを受けていたり、陰で悪口を言う人がいたり、派閥ができていたりと、人間関係の悩みが増幅し業務に集中できないような職場環境では、仕事に向かう足取りも重くなってしまいます。

そのため、人間関係に対する不満は仕事を辞めたいと思う大きな要因になります。

彼氏

いじめがあったり、上司が怒鳴り散らすとか、職場の雰囲気が悪い状態はストレスが溜まるし、憂鬱な気分になるもんね。
転職・退職理由のトップの常連になっているのが、職場の人間関係に関するものなんだよ。

彼女

②労働時間・環境に対する不満

労働時間の長さから体力的にも精神的にも追いつめられ、その結果仕事を辞めたいと考えている方も少なくないでしょう。

労働基準法を無視した過酷な労働環境、いわゆる『ブラック企業』が問題視されてからしばらく経ちますが、心も体もボロボロになりながら働いている方は後を絶ちません。

例えばこのようなものがあります。

労働時間に対する不満

  • 『残業するのが当たり前』という職場環境
  • 毎日終電の時間まで残業している
  • 仕事を早くこなすと、次から次へと雑務をふられる。
  • 少ない仕事をダラダラこなす同僚に腹が立つ

仕事に対して、やる気に満ち溢れた方のなかには、

『やりがいのある仕事だから多少の残業はかまわない』

と考えている方もいるでしょう。

しかし、一日の大半を会社で過ごすような働き方は、精神的にも体力的にも疲れます。

また、ライフワークバランスの喪失は、仕事だけでなくプライベートにまで悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

彼氏

あまりに仕事量が多いと残業も増えるし、疲労やストレスがたまってしまうよね。
過度に仕事量があると、働く人達の心の余裕も失われるよね。
その結果、ミスや職場の人間関係の悪化っていう、別の悩みの種が増えてしまうこともあるみたい。

彼女

③給料に対する不満

こなしている仕事の量や質に対して、支払われる給料が低いことが原因で仕事を辞めたいと考える方もたくさんいます。

例えばこのようなものがあります。

給料に対する不満

  • 給料が上がらない
  • 残業代やボーナス、通勤手当が出ない
  • 真面目に働かない人と同じ給料

『残業代が出ない』『手当が不十分』といったような給与面の不満は、仕事を辞めたいという気持ちにつながります。

また、周りの友達や大学の同期の給料を聞いて、

『もしかして自分の給料は低いのかな?』

と疑問を持ったありませんか?

給料の相場は業界や職種によって異なりますが、自分の思う労働対価と実際の給料にズレが生じていると、仕事に対するモチベーションも当然下がります。

一度給料に対して不満を抱いてしまうと、仕事を辞めたいという気持ちを変えることは難しいでしょう。

④仕事内容に対する不満

仕事を辞めたいと思っている方のなかには、仕事内容に対する不満が原因の方もいます。

例えばこのようなものがあります。

仕事内容に対する不満

  • 自分のやりたい仕事と異なる仕事ばかりふられる
  • 毎日同じような仕事で嫌気がさした
  • そもそも今の仕事内容に興味を持てない

同じ職種であっても、仕事内容は会社によって異なります。

そのため、

『今の会社よりもマシな会社があるはず、、、』

と、今の仕事内容にやりがいを感じられないことが『仕事を辞めたい』という気持ちにつながるのです。

毎日対面する『仕事内容』だからこそ、やりがいを感じられる会社へと転職したくなるのです。

彼氏

僕も、自分の仕事をどうにか片付けて早く帰宅しようと思ったら、遅れている人のヘルプ要員として駆り出されて余計に仕事が増えた経験があるよ。
終わりが見えない仕事をこなさなければならないのは、憂鬱になる原因だよね。

彼女

⑤社風・経営方針に対する不満

社風・経営方針が合わないことも、仕事を辞めたいと考える原因の1つになります。

例えばこのようなものがあります。

社風・経営方針に対する不満

  • 社長の考え方と合わない
  • 現場を無視した経営方針に不安を感じた
  • 自分の意見を否定されて、新しいことに挑戦できない

社風・経営方針が合わない会社で働く事は非常に苦痛です。

しかも、社風・経営方針は、一社員であるあなたが変更することはとても難しいです。

そのため、社風・経営方針に対する不満は仕事の継続を左右する大きな要因となります。

彼氏

自分の考え方・価値観と勤め先の社風が合わない場合、前向きな気持ちで仕事に取り組むのは難しいよね。
あとで説明するけど、自分の努力で変えることが難しい『社風』の不一致は、転職して今の仕事を辞めるのがおすすめだよ。

彼女

⑥評価方法に対する不満

会社や上司からの評価方法が不当である場合も、仕事を辞めたいという気持ちにつながります。

本来、評価されるべきポイントは『仕事の成果』ですが、不当な評価をする会社も残念ながら存在します。

例えばこのようなものがあります。

評価方法に対する不満

  • ゴマすりが上手い人ばかり出世している
  • 容姿のいい社員を明らかに贔屓している
  • 同期と比較して、あれこれと嫌味を言われる

特定の社員だけひいきされたり、外見など仕事以外の部分が評価に影響する職場など、企業側の問題によって仕事に対するモチベーションを失った方も多いようです。

そのため、不当な評価方法は、結果として『仕事を辞めたい』という根深い悩みの原因となるのです。

彼氏

自分は仕事で職場に貢献しているのに、実績で劣るが上司にかわいがられている同僚だけが昇進するっていうケースとかあるよね。
適正に評価されない環境に身を置いていると、努力したところで報われないという諦めモードになるし、だんだん仕事へ行くのが憂鬱になるのは無理ないよね。

彼女

仕事を辞めたい時は自己分析がおすすめ

『仕事を辞めたい』という気持ちが消えない場合、それが『衝動的もの』なのか、または『解決できないもの』なのかを見極める必要があります。

そのため、仕事を辞めたいと考えた時に、まず自分で『なぜ会社を辞めたいのか』を自己分析することがおすすめです。

自己分析が必須な理由は、以下の3つです。

  1. 失敗を次に活かせる
  2. 仕事を辞める以外の解決策が見つかる
  3. 冷静な判断ができる

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

①失敗を次に活かせる

今の仕事に関して、少なからず夢や希望を持って選択したはずでしょう。

しかし、そんな仕事でも今あなたは辞めたいと考えています。

仮に、今の会社を辞めて次の仕事に就いたとしても、同じような悩みで辞めたくなってしまう恐れがあります。

そこで、そのようなことを未然に防ぐために、今の仕事のどんな所が嫌で、どんな仕事であれば自分は頑張れるのかを考えましょう。

彼女

さらに、今の仕事に就いた経緯を思い出し、その時の自分の判断に何か間違いがなかったかを自己分析することで、次のステップではより良い選択をすることができるでしょう。

②仕事を辞める以外の解決策が見つかる

あなたが『なぜ仕事を辞めたいか』を自己分析した結果、それが『人間関係』や『労働環境』が原因だった場合は、仕事を辞めずに部署を異動することで解決できる可能性があります。

もし、部署移動で解決できるのであれば、筆者は今の会社に残ることをオススメします。

その理由は以下の3点です。

筆者が会社に残ることを勧める3つの理由

  • せっかく築いてきた社内での地位や人脈がもったいないから
  • 本当に転職が必要な時に、転職回数は少ない方が選考に有利だから
  • 長く働いた方が、昇進や退職金の面で有利だから

また、部署移動を希望するなら、部署の異動を申し出ましょう。

その際、部署異動の理由に『仕事を辞めたい』というニュアンスの言葉を絶対に使ってはいけません。

その理由は以下の2点です。

異動交渉で『辞めたい』と言ってはいけない理由

  • 希望の部署に行けても腫れもの扱いを受ける恐れがあるから
  • 本当に転職が必要な時に切り出しにくくなるから

以上のことから、部署異動の理由は前向きなものにしましょう

例えば、以下のようなものが最適です。

自分のキャリアを考えた時に10年後は◯◯な仕事をしていたいです。そのために、今のタイミングで◯◯の部署で経験を積みたいです。

しかし、部署異動は却下されることもありますので、もし却下されるようであれば、転職を考えることをオススメします。

③冷静な判断ができる

冷静に自己分析することで、仕事を辞めたいと思ったことは一時的な衝動に過ぎず、『いま抱えている悩みは仕事を辞めるに値しない問題だ』という結論に至る可能性もあります。

また、上記のアンケート結果など、他の方の退職理由と自分の仕事を辞めたい理由を比べてみると、実は『今の会社はまだマシな会社だ』と感じられるかもしれません。

また、仕事を辞めたい理由を整理しやすくするために、ワークシートを用意しました。

自己分析ワークシート

ワークシートを活用していただくことで、あなたの仕事を辞めたい理由や具体的な要望が整理でき、転職が必要かどうかの正しい判断ができるでしょう。

ダウンロードはこちらから→『ワークシート

仕事を辞めると決めたあとの選択肢

自己分析をした結果『仕事を辞めたい』と考えた方は、仕事を辞める前に必ずその後の進路を考えていただければと思います。

その理由としては、以下の通りです。

仕事を辞める前に進路を決めておく理由

  • 収入がなく、焦って進路を決めることで誤った選択をしてしまう
  • 他の選択肢と現在を比較することで、辞めたいと思う気持ちが緩和される可能性がある

また、仕事を辞めた後の進路はたくさんありますが、よくある進路としては、以下の4つの進路があります。

仕事を辞めたあとの進路

  • 正社員として転職する
  • フリーターや派遣社員になる
  • 専業主婦(専業主夫)になる
  • 失業手当などの社会保障をもらいながら様子を見る

夫婦の話し合いの中で、専業主婦(専業主夫)になることを決断した方を除いては、正社員としての転職をオススメします。

なぜ、仕事を辞めたいと考えた時に、正社員としての転職をおすすめするかというと、正社員以外であった時期が長ければ長いほど、将来正社員になれる可能性が低くなるからです。

今、正社員になっておかないと、一般的な正社員のメリットの恩恵を受けたくなった時に、それが叶わなくなります。

そこで次に、なるべく正社員のままで、仕事を辞めたいと感じる原因を解決する方法をご紹介していきます。

そして、お次は、これらの4つの進路から最善の選択をするために考えてほしいことをお伝えしていきますね。

彼女

仕事を辞めたい8つの理由別でおすすめの解決方法

ここでは『仕事を辞めたいと理由別』におすすめの解決方法を紹介します。

『仕事を辞めたい』と思う6つの原因

  • 1. 人間関係に対する不満
  • 2. 労働時間に対する不満
  • 3. 給料に対する不満
  • 4. 仕事内容に対する不満
  • 5. 社風に対する不満
  • 6. 評価方法に対する不満

また、仕事を辞めたいと考えている方の中にはこんな理由の方もいるんではないでしょうか。

多くの人が仕事を辞めたいその理由

  • 7. 疲労やストレスの蓄積で働く意欲がなくなった
  • 8. 結婚する

上記の分類別に、会社を辞めるべきか、続けるべきかを筆者なりにアドバイスします。

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1. 人間関係

人間関係の悩みから仕事を辞めたいと思っている方は、以下の3つの方法をおすすめします。

  1. 人間関係が悪化した原因を分析する
  2. 部署異動を試みる
  3. 転職活動を始める

それでは順に見ていきましょう。

1-1. 人間関係が悪化した原因を分析する

具体的に行動に移す前に、自分自身にも問題がなかったか、もう一度考えてみましょう。

例えば以下のような点です。

自分自身の行動に対して考えること

  • 挨拶はしていたか
  • 上司は正当な理由で叱っているのに、理不尽だと捉えていないか
  • 謝らなければならない相手にきちんと謝っていたか

自分自身の行動に対して考えること』が必要なのは、もしあなたにも原因があった場合、あなた自身も変わらなければ、たとえ環境を変えたとしても、また同じ問題に直面するためです。

1-2. 部署異動を試みる

部署異動によって改善される場合は、部署異動を申し出てみましょう。

ここで注意したいポイントは、部署異動を希望する理由を現状の不満を解消するためではなく、将来の希望を理由に部署異動の交渉することです。

理由は以下の3点です。

将来の希望を理由にするべき理由

  • 前向きな理由の方が部署異動が叶う可能性が高い
  • 部署異動が実現しなかった時に自分自身が気まずい思いをする
  • 周りから退職するんじゃないかと腫れ物扱いをされる

そこで、以下のように、ポジティブな理由で異動を申し出ましょう。

将来、◯◯な仕事をしていたいので、今から◯◯の部署で経験を積みたい。

前向きな理由をきちんと伝えることが、部署異動を実現させる鍵です。

1-3. 転職活動を始める

もし、部署異動しても解決しない場合であったり、部署異動ができない場合は、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみましょう。

とりあえず転職活動を始める理由

  • 転職活動をすることで『いつでも仕事を辞められる』と、気持ちが楽になる
  • 人間関係に悩まずに働くことができる職場が見つかるから

上記の理由から、とりあえ転職活動を始めてみましょう。

今の仕事と並行して転職活動を進めることは十分可能です。

転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』を参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、確認することができます。

2. 労働時間・環境への不満

労働時間・環境の悩みから仕事を辞めたいと思っている方は、以下の3つの方法をおすすめします。

  1. 理想の労働時間・環境を考える
  2. 部署異動を試みる
  3. 転職活動を始める

それでは順に見ていきましょう。

2-1. 理想の労働時間・環境を考える

具体的に行動に移す前に、今の労働時間・環境のどこに不満があって、どのような労働時間や環境なら満足できるかを整理しておきましょう。

なぜなら、目先の不満や悩みを理由に焦って転職してしまうことで、転職先でまた違った不満が出たり、逆に不満が大きくなってしまう可能性もあるからです。

そのため、あなたの不満を整理するために、先ほど紹介したワークシートを活用してみてください。

ダウンロードはこちらから→『ワークシート

ワークシートを活用していただくことで、現状への不満と未来への要望を整理することができます。

長時間に渡り会社に拘束されると、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積していきます。

そして、仕事の効率が落ちたり、仕事に対するモチベーションが下がったりして仕事を辞めたくなるのは当然のことです。

また、長時間残業や休日出勤があったりすると、プライベートの時間も少なくなり、家族との不和や恋人とのすれ違いの原因にもなる可能性もあります。

一度きりの人生、本当に大切な人たちと過ごす時間を犠牲にして、会社で仕事をしていてよいのかと思えるのは当たり前なのです。

また、長時間残業でなくても、個人個人の理由で勤務時間が重荷になっている場合もあります。たとえば子育て期間中。保育園での子供の引き取り時間は決まっているのだけれど、定時に上がってギリギリ間に合うという場合、「あと30分早く上がれれば」などと思うでしょう。介護などの問題でも同様です。

2-2. 部署の異動を試みる

部署異動によって改善される場合は、部署異動を申し出てみましょう。

ここで注意したいポイントは、部署異動を希望する理由を現状の不満を解消するためではなく、将来の希望を理由に部署異動の交渉することです。

理由は以下の3点です。

将来の希望を理由にするべき理由

  • 前向きな理由の方が部署異動が叶う可能性が高い
  • 部署異動が実現しなかった時に自分自身が気まずい思いをする
  • 周りから退職するんじゃないかと腫れ物扱いをされる

そこで、以下のように、ポジティブな理由で異動を申し出ましょう。

将来、◯◯な仕事をしていたいので、今から◯◯の部署で経験を積みたい。

前向きな理由をきちんと伝えることが、部署異動を実現させる鍵です。

2-3. 転職活動を始める

もし、部署異動しても解決しない場合であったり、部署異動ができない場合は、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみましょう。

とりあえず転職活動を始める理由

  • 転職活動をすることで『いつでも仕事を辞められる』と、気持ちが楽になる
  • 人間関係に悩まずに働くことができる職場が見つかるから

上記の理由から、とりあえ転職活動を始めてみましょう。

今の仕事と並行して転職活動を進めることは十分可能です。

転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』を参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、確認することができます。

3. 給料への不満

給料への不満から仕事を辞めたいと思っている方は、以下の3つの方法をおすすめします。

  1. 理想の給料を考える
  2. 今の会社で実現可能か考える
  3. 転職活動を始める

それでは順に見ていきましょう。

3-1. 理想の給料を考える

具体的に行動に移す前に、給料に不満のある方は給料の目標値を設定してください。

現在の給料を考慮して、現実的に可能な範囲内で、具体的に数字を設定しましょう。

例えば、『30歳で〇〇万円、40歳で〇〇万円』といった感じです。

給料の目標値を設定する理由としては、以下の通りです。

給料の目標値を設定する理由

  • 転職しなくても、社内で出世すれば解決する可能性があるから
  • 転職の際に希望する業界や職種を明確にできるから
  • 転職先の給料でも満足できない恐れがあるから
  • 人生の長期的なビジョンを組み立てやすくなるから

以上のことから、まずは給料の目標値を設定しましょう。

3-2. 今の会社で実現可能か考える

設定した給料の目標値に対して、それを社内で達成することは可能かどうか考えてみましょう。

例えば、給料をあげる選択肢として以下の2点のようなものがあります。

社内で給料をあげる選択肢

  • 今の部署で昇給する
  • 成果が給料に反映されやすい営業の部署に異動する
  • 長時間残業でもいいから、残業の多い部署に移動する

このように、まずは社内で給料の目標値の達成が可能かどうか、もう一度考えてみてください。

また、社内で給料の目標値の達成が可能かどうか考える理由は以下の通りです。

社内で給料の達成可能かどうか考える理由

  • 一つの会社にいた方が、昇給や出世の面で有利だから
  • 給料を上げて転職するためには、高いスキルや経験が求められるから

以上のことから、まずは社内での実現を最優先に考えましょう。

また、給料が異動によって改善されるなら、異動を申し出てみましょう。

ここで注意したいポイントは、部署異動を希望する理由を現状の不満を解消するためではなく、将来の希望を理由に部署異動の交渉することです。

理由は以下の3点です。

将来の希望を理由にするべき理由

  • 前向きな理由の方が部署異動が叶う可能性が高い
  • 部署異動が実現しなかった時に自分自身が気まずい思いをする
  • 周りから退職するんじゃないかと腫れ物扱いをされる

そこで、以下のように、ポジティブな理由で異動を申し出ましょう。

将来、◯◯な仕事をしていたいので、今から◯◯の部署で経験を積みたい。

前向きな理由をきちんと伝えることが、部署異動を実現させる鍵です。

3-3. 転職活動を始めてみる

もし、部署異動しても解決しない場合であったり、部署異動ができない場合は、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみましょう。

とりあえず転職活動を始める理由

  • 転職活動をすることで『いつでも仕事を辞められる』と、気持ちが楽になる
  • 人間関係に悩まずに働くことができる職場が見つかる

上記の理由から、とりあえ転職活動を始めてみましょう。

今の仕事と並行して転職活動を進めることは十分可能です。

転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』を参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、確認することができます。

4. 仕事内容への不満

仕事内容への不満から仕事を辞めたいと思っている方は、以下の3つの方法をおすすめします。

  1. 理想の仕事内容を考える
  2. 今の会社で実現可能か考える
  3. 転職活動を始める

それでは順に見ていきましょう。

4-1. 理想の仕事内容を考える

具体的に行動に移す前に、どんな仕事であれば満足して働けるのか、理想の仕事内容を考えましょう。

なぜなら、今の仕事から逃げるために焦って転職をすることで、転職先の仕事内容にも不満を感じる可能性や、転職先でまた違った不満が出る可能性があるからです。

そのため、あなたの不満を整理するために、先ほど紹介したワークシートを活用しましょう。

ダウンロードはこちらから→『ワークシート

ワークシートを活用していただくことで、現状への不満と未来への要望を整理することができます。

4-2. 今の会社で実現可能か考える

他部署にあなたが満足できる仕事があるなら、異動を申し出てみましょう。

ここで注意したいポイントは、部署異動を希望する理由を現状の不満を解消するためではなく、将来の希望を理由に部署異動の交渉することです。

理由は以下の3点です。

将来の希望を理由にするべき理由

  • 前向きな理由の方が部署異動が叶う可能性が高い
  • 部署異動が実現しなかった時に自分自身が気まずい思いをする
  • 周りから退職するんじゃないかと腫れ物扱いをされる

そこで、以下のように、ポジティブな理由で異動を申し出ましょう。

将来、◯◯な仕事をしていたいので、今から◯◯の部署で経験を積みたい。

前向きな理由をきちんと伝えることが、部署異動を実現させる鍵です。

4-3. 転職活動を始める

もし、部署異動しても解決しない場合であったり、部署異動ができない場合は、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみましょう。

とりあえず転職活動を始める理由

  • 転職活動をすることで『いつでも仕事を辞められる』と、気持ちが楽になる
  • 人間関係に悩まずに働くことができる職場が見つかる

上記の理由から、とりあえ転職活動を始めてみましょう。

今の仕事と並行して転職活動を進めることは十分可能です。

転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』を参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、確認することができます。

5. 経営方針・社風への不満

経営方針・社風への不満から仕事を辞めたいと思っている方は、以下の2つの方法をおすすめします。

  1. 経営方針・社風のどこに不満があるかを考える
  2. 転職活動を始める

それでは順に見ていきましょう。

5-1. 経営方針・社風のどこに不満があるかを考える

具体的に行動に移す前に、会社に対してどこに不満があるのか、どうなれば不満なく働けるかを整理しましょう。

なぜなら、今の不満を明確にしておかないと、たとえ転職しても、また同じように経営方針や社風に不満を持つ可能性があるからです。

そのため、あなたの不満を整理するために、先ほど紹介したワークシートを活用しましょう。

ダウンロードはこちらから→『ワークシート

ワークシートを活用していただくことで、現状への不満と未来への要望を整理することができます。

5-2. 転職活動を始める

現状への不満と未来への要望を整理した上で、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めましょう。

なぜなら、経営方針や社風は、一社員であるあなたが変更することはとても難しいためです。

また、転職意欲がなくても、転職活動を始めると以下のようなメリットがあります。

とりあえず転職活動を始める理由

  • 転職活動をすることで『いつでも仕事を辞められる』と、気持ちが楽になる
  • 人間関係に悩まずに働くことができる職場が見つかる

上記の理由から、とりあえ転職活動を始めてみましょう。

今の仕事と並行して転職活動を進めることは十分可能です。

また、転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』を参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、確認することができます。

6. キャリアアップしたい

キャリアアップしたいから仕事を辞めたいと思っている方は、以下の3つの方法をおすすめします。

  1. キャリアアップできる環境を考える
  2. 社内にその環境がないかチェックする
  3. 前向きな理由は転職でも有利

それでは順に見ていきましょう。

6-1. キャリアアップできる環境を考える

具体的に行動に移す前に、あなたがどんな環境を求めているのかを整理する必要があります。

なぜなら、キャリアアップにも『スキルを身に付けたい』『管理職に就きたい』など様々あるからです。

そのため、あなたがどうキャリアアップしていきたいかを考えずに焦って転職してしまうことで、今より状況が悪化する恐れがあります。

そこで、あなたがどんな環境を求めているのかを整理するために以下の項目を考えてみましょう。

考えたい4つの項目

  • 今の仕事への不満
  • なりたい人物像
  • なりたい人物像の実現に向け必要な環境
  • 今の職場・会社で実現可能か

6-2. 社内にその環境がないかチェックする

キャリアアップできる環境を整理した上で、社内の他部署で実現可能という結果になった場合は部署異動を試みましょう。

ここで注意したいポイントは、部署異動を希望する理由を現状の不満を解消するためではなく、将来の希望を理由に部署異動の交渉することです。

理由は以下の3点です。

将来の希望を理由にするべき理由

  • 前向きな理由の方が部署異動が叶う可能性が高い
  • 部署異動が実現しなかった時に自分自身が気まずい思いをする
  • 周りから退職するんじゃないかと腫れ物扱いをされる

そこで、以下のように、ポジティブな理由で異動を申し出ましょう。

将来、◯◯な仕事をしていたいので、今から◯◯の部署で経験を積みたい。

前向きな理由をきちんと伝えることが、部署異動を実現させる鍵です。

6-3. 前向きな理由は転職でも有利

もし、部署異動しても解決しない場合であったり、部署異動ができない場合は、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみましょう。

とりあえず転職活動を始める理由

  • 転職活動をすることで『いつでも仕事を辞められる』と、気持ちが楽になる
  • 人間関係に悩まずに働くことができる職場が見つかる

上記の理由から、とりあえ転職活動を始めてみましょう。

今の仕事と並行して転職活動を進めることは十分可能です。

転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』を参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、確認することができます。

7. 疲労やストレスの影響で働く意欲がなくなった

例えばこのようなものがあります。

疲労やストレスの影響

  • 働くことが嫌になってしまって仕事が手につかない
  • 会社を辞めたいが、再就職もしばらくしたくない

疲労やストレスの影響で働きたくなかったり、仕事を辞めたいと思う時があると思います。

そんな方には以下の2点をオススメします。

  1. 転職活動をしながら会社に残る
  2. 休息期間を設ける

それでは順に見ていきましょう。

7-1. 転職活動をしながら会社に残る

仕事を辞めたいと思っても、今すぐに仕事を辞めることは危険です。

理由は以下の2点です。

すぐに仕事を辞めてはいけない理由

  • 失業手当の給付まで、3ヶ月以上要する場合があるため金銭面でのリスクがある
  • ブランク期間があると転職に不利

以上のことから、大変ではありますが、今の会社で働きながら転職活動をすることをおすすめします。

実際、仕事と転職活動を並行して行うことで、『今の仕事はいつでも辞めることができる』といった気持ちを持てるため、仕事へのストレスを軽減できる可能性があります。

そこで転職活動を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』をまずは参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、把握いただけます。

7-2. 休息期間を設ける

本当に限界なら休息期間を設けるのも1つの手です。

雇用保険に入っているでしょうから、退職後も失業保険を受け取ることができます。

『』を読んでいただければ、失業保険を最大限受給する方法をご理解いただけます。

失業保険の受給期間内に就職活動を行い、希望の転職を叶えましょう。

8. 結婚する

例えばこのような方に当てはまります。

  • 元々結婚したら辞めるつもりで入社した
  • 配偶者の転勤についていきたい

結婚生活に影響する場合は仕事を辞めたくなりますよね。

そんな方には以下の4点をオススメします。

  1. 社内で条件に合致する部署がないか探してみる
  2. 無理なら自分の幸せを最優先する
  3. 転職サイトに登録しておく
  4. 資格の勉強をしておく

それでは順に見ていきましょう。

8-1. 社内で条件に合致する部署がないか探してみる

経験を積んだ仕事を簡単に辞めてしまうことは非常にもったいないです。

そこで、まずは社内で勤務地や労働時間等で結婚生活に影響がない部署がないか探してみましょう。

そして、もし希望通りの部署があれば上司に部署異動の相談をしてみましょう。

8-2. 無理なら自分の幸せを最優先する

社内に最適な部署がない、または部署異動をさせてくれない場合は、仕事を辞めるのも一つの方法です。

結婚することと、今の仕事を続けることのどちらがあなたにとって幸せかを考え、後悔のない選択をしましょう。

8-3. 転職サイトに登録しておく

仕事を辞めると決めた後は、転職サイトに登録しておき、常に求人をチェックすることをオススメします。

理由は以下の2点です。

求人をチェックする理由

  • 数ある求人の中で、結婚生活と両立できそうな求人があるかもしれないから
  • 結婚生活にストレスを感じた時に、逃げ場ができるから

もし、転職サイトに登録するのであれば、『女性の転職におすすめの転職エージェントTOP5|転職理由別で人気の14選』を参考にしてみてください。

女性におすすめの転職エージェントの紹介からその活用法までを最大限ご紹介しています。

8-4. 資格の勉強をしておく

夫のリストラや離婚など、将来何があるのかわからない世の中です。

そこで、結婚を機に仕事を辞めた場合でも、空いた時間で自分のスキルを上げておくことをオススメします。

その際に参考にしていただきたいのが、『』です。

女性が取得しておくと、転職や復職の際に有利になる資格を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

辞めると決断!円滑に確実に辞めるために注意する4つのこと

1. 仕事を辞める前に転職活動を行う

仕事を辞めると決めたら、まずは転職活動を行いましょう。

その際、仕事を辞める前から転職活動を進めておくのがおすすめです。

その理由は以下の3点です。

メリット①余裕を持って仕事に取り組める

転職活動をすると、心に余裕を持って仕事に取り組むことができるので、悩みが緩和されます。

また、転職エージェント等に登録すると担当のキャリアアドバイザーから定期的に様々な求人が送られてきます。

それを「私にも転職のチャンスが十分ある」と捉えてみてください。

仕事を辞めたいと悩んでいる方の多くは、『今の会社にしがみつかなければならない』と考えているケースが多いです。

しかし、「辞めても大丈夫そうだ」と感じられることで、今の仕事の悩みも緩和することができます。

メリット②金銭的余裕を持てる

仕事を辞めてから転職活動をした際に、最も困るのが金銭面です。

仕事を辞めることで当然収入はなくなりますが、生活費は仕事を辞める前と同じようにかかります。

そのため、目先の生活費を稼ぐために焦って転職先を決めてしまい、仕事選びに失敗してしまう可能性があります。

しかし、今の会社で給料をもらいながら転職活動をすることで、じっくり次の仕事を選びながら転職活動をすることができるので、希望通りの仕事に就くことができるでしょう。

メリット③自分の市場価値を知る

仕事を辞める前に転職活動をすると、自分の市場価値を知ることができます。

転職活動において、あなたの経験や年齢によっては、今より労働条件が悪化する会社しか選べない可能性があります。

その場合、今の会社に残った方が良いという判断ができるので、会社へ在籍中に転職活動することをオススメします。

また、転職を始める場合、『転職に安心して臨むための準備は?転職経験者が転職ノウハウを徹底解説』をまずは参考にしてみてください。

この記事を読んでいただくことで、どのように転職準備を始めればいいのか、転職準備する上でのポイントは何かについて、把握することができます。

2. 上司に相談しない

仕事を辞めたい!と悩んでいても、上司に相談することは絶対に避けましょう。

理由は以下の2点です。

上司に相談をしてはいけない理由

  • 上司は自分の責任を減らすために、上司の上司に報告するから
  • 残る決断をした時に、「退職者予備軍」として腫れもの扱いされるから
  • 本当に退職が必要になった時に言いにくくなるから

そのため、誰かに仕事を辞めたいと相談したい時は、家族や信頼できる社外の友人に相談しましょう。

上司に伝えるのは、退職の意思が確定した時で大丈夫です。

3. 退職手続きの流れを確認しておく

退職手続きに関しても、転職活動と同等のパワーが必要です。

退職手続きを一歩間違えれば、あなたの望み通りの条件で退職することが困難になります。

そのため、しっかりと知識をつけた上で退職手続きに臨みましょう。

4. 退職理由は個人的なものにする

例1:将来やりたいことが明確になったが、今の会社では実現できないため退職します

例2:将来の目標に向け、専門学校に通いたいため退職します

現状の不満ではなく、未来に向けた前向きな思いであれば円満な退職につながりやすく、さらに応援してもらえる可能性も高くなります。

4-1. 将来やりたいことができた

例1:将来やりたいことが明確になったが、今の会社では実現できないため退職します

例2:将来の目標に向け、専門学校に通いたいため退職します

現状の不満ではなく、未来に向けた前向きな思いであれば円満な退職につながりやすく、さらに応援してもらえる可能性も高くなります。

4-2. 家族の介護をしなければならない

介護が理由であれば、上司の反対も少なく、職場の人も納得してくれます。

なぜなら家族の介護は、詳細まで聞く事がはばかられるためです。

4-3. 結婚を機に退職する

結婚や出産が理由の場合もおめでたい話なので円満に辞められるケースが多いです。ただ、結婚・出産後も働きやすい環境が整っている場合は下記のようになぜ退職するのかを聞いてくる場合もあるので答えを用意しておきましょう。

うちは産休取れるし、産休のあとも問題なく働いてる女性はたくさんいるよ。なんでわざわざ辞めちゃうの?

回答例は下記のようなものがあります。

私は、一つの事を中途半端にせずにやりたいという気持ちが人一倍強い人間です。今までは仕事を一番に考えて働いてきましたが、育児が始まればどちらかが中途半端になってしまいます。それを自分で許せないため、退職させていただきたいです。

さらに、結婚や出産に対して過剰に反応してくる人もいるので、浮かれた雰囲気にならないように注意しましょう。

まとめ|仕事を辞めると決めたら、まずは在職中に転職活動しよう!

仕事を辞めたいと悩んでいる人へ、アドバイスをさせていただきましたが、いかがでしたか。

仕事を辞めたいと思ったら、なんで辞めたいのかをしっかり振り返り、間違いのない決断をすることが大切です。

あなたの今後の人生がより明るいものであることを心から願っています。

今すぐには転職活動を始めないという方も、一度登録しキャリアアドバイザーに悩みや、今後のキャリアプランを相談してもいいでしょう。
新たな発見があるかもしれません。

彼女

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事を読んで下さった全ての方が、最高の転職をできるよう陰ながら応援しております。

彼女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください