仕事が精神的に辛くて行きたくない人がやるべき5つの事

朝起きて仕事に行く前に、

今日は仕事に行きたくないなぁ。
もう仕事を辞めたいかも。

など、思ったことはありませんか?

おそらく、働いている方なら一度は経験があるかと思います。

実際に、『仕事を辞めたい』と思っている人は世の中にはたくさんいて、平成29年の上期だけで約400万人が離職したという統計もあります。

ただし、仕事を辞める理由やタイミングによっては、仕事を辞めてしまった後に後悔する場合もあるので注意が必要です。

そこで、本記事では過去に、
転職成功経験 + 転職エージェント利用経験
のある筆者が

この記事の概要

  • 仕事が精神的に辛いと感じる理由
  • 仕事が精神的に辛いと感じている人がやるべき事
  • 精神的に楽でおすすめの仕事

などをわかりやすく解説します。

本記事が、あなたの転職活動に少しでもお役に立てれば、これに勝る喜びはありません。

転職経験のある彼女(この記事の語り手)
慶応大学を卒業。看護師として2年間勤務したが、次第に以前から興味のあったIT業界に憧れを感じるようになる。
悩んだ末、やはり諦めることができず転職を決意。プログラミング未経験から独学でRubyを習得したのち、転職活動に取り組み念願のIT企業に入社した。
その際に培った転職ノウハウや多くの転職エージェントを利用した経験を活かして、このサイトでは語り手としてみなさんに情報をお伝えしている。

転職活動中の彼氏
大阪大学を卒業。大手重工業メーカーに入社し、ものづくりエンジニアとして4年間勤務。
しかし、得られる給料や仕事のやりがいに限界を感じ、転職を決意。
自身の年収アップと憧れであったIT業界への転職を希望している。

仕事が精神的に辛いと感じる理由

仕事が精神的に辛いと感じているのはあなただけではありません。

実際、大手転職サイトの『エン・ジャパン』が実施したアンケートでは、社会人の約7割が仕事上で強いストレスを感じているとの結果が出ています。

エンジャパンのアンケート出典:エン・ジャパン

また、仕事上で強いストレスを感じている点で最も多かったのが『上司との人間関係』となっていました。

つまり、多くの方が人間関係が理由で仕事が精神的に辛いと感じているのです。

彼氏

自分は仕事で職場に貢献しているのに、実績で劣る同僚が上司にかわいがられているって理由で昇進するっていうケースとかあるよね。
適正に評価されない環境に身を置いていると、努力したところで報われないという諦めモードになるし、だんだん仕事へ行くのが憂鬱になるのは無理ないよね。

彼女

仕事が精神的に辛いと感じている人がやるべき5つ事

仕事が辛いからとは言っても、何の準備もせずに仕事を辞めるのはおすすめしません。

何の準備もせずに仕事を辞めてしまうと、そのあと大変苦労することになるでしょう。

そこで、仕事を辞めても苦労しないようにするために、『今なにをすべきか』『なにをやっておくべきか』をお伝えしたいと思います。

1. 自分の市場価値を確認する

仕事をしていると、

人間関係が原因で仕事が辛い。
仕事の内容が辛い。

など、人それぞれ悩みを抱えているかと思います。

仕事が辛いことを我慢しながら仕事を続けているのであれば、気分を変えて転職活動をして、仕事を変えてみる勇気も必要です。

しかし、いざ転職活動をしてみようと思っても中々踏み出せないのが現状ですよね。

そんな時は『ミイダス』を利用して、自分の市場価値を調べてみてください。

ミイダスのロゴ

ミイダス』はあなたの経験・スキルから現在の市場価値を無料で診断することができる転職サービスで、登録した内容を元に企業から書類選考合格済み(面接確約)のオファーが届く仕組みです。

自ら求人に応募するのではなく、あなたの経験・スキルに関心を持った企業からオファーがくるのでマッチした仕事を見つけることが可能です。

また、『ミイダス』に登録することで、『今のあなたの年収、評価、ポジションが適切かどうか』『自分と同じ経歴の人はどこに転職できたのか、その人の年収、職種、業種』なども分かります。

すべて無料の会員登録で利用できるので、ぜひ一度登録してあなたの『市場価値』『転職の現状』を把握しましょう。

2. 思い切って転職を考えてみる

自分の現状を把握するために、

いまの仕事の何が辛いのか?
いまの会社で解決可能か?

など、自己分析してみましょう。

また、自分自身の将来のビジョンを考えたとき、

いまの会社で
理想の未来を実現できるのか?

と、自分の人生をしっかり見直すことも大切です。

そして、もし自分のやりたいこと、将来の目標と違っているなと感じた場合は、思い切って転職を考えてみるべきです。

また、その際に利用をおすすめしたいのが、転職活動を全面的にサポートしてくれる『転職エージェント』です。

転職エージェントでは、転職活動のアドバイスやキャリア面談はもちろん、最適な求人の紹介や面接日のスケジュール調整、内定企業との年収交渉や退職手続きのサポートなどの手厚いサポート無料で受けることができます。

まず、ご自身の現状をしっかり把握するためにも転職エージェントを一度使ってみるのをお勧めします。

パソナキャリアを利用して転職活動してみよう

いざ転職活動を始めようと思っても、やはり一人で転職活動を進めるのは勇気もいるし、不安でいっぱいですよね。

そんな方には、転職エージェントの中で圧倒的にサポート力が高い『パソナキャリア』の利用をおすすめします。

パソナキャリアのロゴ

パソナキャリアであれば、無料登録後のキャリアカウンセリングを通して、具体的な自分の経歴や希望を親身に聞いてくれます。

そして、今後のキャリアプランを一緒に考えてくれて、内定までのプロセスをすべてサポートしてくれます。

また、業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが在籍しているので、業界知識や求人票からでは分からない職場環境や会社の風土についても教えてもらうことができ、一人で転職活動をするより断然有利です。

ここまで手厚くサポートしてくるのに、全て無料でサービスを利用できます。

そのため、転職を考える際は、ぜひ一度パソナキャリアに相談してみてください。

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

3. 一時的な衝動で仕事を辞めない

毎日仕事をしていると、

上司に怒られてイライラするので仕事を辞めたい。
こんなところで働くくらいなら辞めてしまいたい。

と、『誰しも一度は衝動的に仕事を辞めたい』と思ったことがあるかと思います。

しかし、このような一時的な衝動でで仕事を辞めてしまうのはおすすめしません。

これは決して仕事を辞めるなという意味ではなく、会社を辞める時にネガティブな動機ばかりで辞めてしまうと、その後の生活も影響があるということです。

また、無事に新しい就職先も決まったが、
前の会社の方がマシだったな・・・
という話をよく聞きます。

今の会社を辞めても後悔しないよう、辞める理由については深く考えてください。

そうすれば、近い将来の転職活動やその後のキャリアに必ず良い影響を与えてくれます。

しっかり考えたあと、今の会社を辞めるという決断をしても遅くはないですよ。

4. 経済的な余裕をもつ

仕事を辞めて最も困るのが金銭面です。

そのため、仕事が辛くて辞めたいと思った時、具体的な行動を起こす前にまず『金銭面』について考えてください。

一人暮らしの方も、実家暮らしの方も、家庭を持っている方も、生きていくためにはお金が必要不可欠です。

生活するのでぎりぎりという経済状況では、
落ち着いて将来について考え方こともできません。

あなたの人生において良い選択をするためにも、ある程度の経済的余裕は確保しておくことが大事です。

お金という何よりも強い精神安定剤を確保しておくことで、きっとこれからの人生において様々な場面で良い選択ができるようになるでしょう。

仕事が辛くて辞めたいと思ったあなたに、経済的余裕はありますか?
いま辞めて経済的余裕のある生活を送ることができますか?

辞めたい理由は様々だと思いますが、もし本気で仕事を辞めたいのならもう一度冷静に考えてみてください。

5. 何か一つ自分の得意な事をつくる

人には苦手なこともありますが、
何か一つは得意なことがあるはずです。

そこで、仕事が辛くて精神的に追い詰められてしまったときは、改めて自分の得意なことを考えてみましょう。

いまあなたは、自分の苦手なことを
我慢して続けていませんか?
私の友達には、それまで会社に勤めていましたが、自分の得意なことを改めて見つめ直した結果、独立して仕事をすることにした人もいます。

今まで自分の苦手分野に取り組んでいたことに気付き、反省し、これからは自分の得意なことを伸ばして、自分で仕事をしようと思ったそうです。

その友達は、経済的に頼れる場所がなかったので必ず働かなければなりませんでした。

そこで、仕事で悩むことなく働き続けるためにフリーランスという道を選んだそうです。

彼女

ですが、みなさん全員が必ずフリーランスにならなければならないということではありません。

自分の得意なことを生かせる職場と出会うことでも、あなたの人生はより幸せなものとなります。

それを実現させるためにも、自分の得意なことを考え、本当にやりたいこと、本当に自分に合っていることを見つけてみて下さい。

精神的に楽でおすすめの仕事5選

精神的に楽でおすすめの仕事があればなぁ、、、

と、少しでも考えたことはありませんか?

仕事をしてお金を稼ぐことは大切ですが、精神的に疲れてしまっては元も子もありません。

自分を大切にする為にも、自分に合った仕事を探してみてはどうでしょう。

そこで、これから精神的に楽でおすすめな5つの仕事をご紹介します。

今の仕事が辛いと感じている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

自分のペースで仕事ができる事務職

自分のペースで仕事ができる事務職は精神的に楽でおすすめな仕事の筆頭です。

事務職は簿記などの資格さえ取っておけば、すぐにでも再就職が容易なため、転職を考える際には容易に行動を起こすことが可能です。

ただし、事務職が精神的に楽な仕事であるという情報は、すでにインターネットで広まってしまっているため、事務職はすっかり人気の職業となっており、求人数が減少しています。

そのため、気になる求人を見つけた際はすぐに行動した方が良いでしょう。

4〜5時間で1日の業務が終わることもある事務職は、隠れてネットサーフィンや社外を散歩できる時間があり、営業職などの他の職種に比べると仕事量も比較的少ないです。

しかし、企業の規模や業界によっては激務の事務職もあるため、実際に転職をするときには面接の時などに、

◆帰宅時間はいつごろになるのか
◆残業はあるのか

などを確認しておくと良いでしょう。

また、薄給のイメージが強い事務職ではありますが、長く勤めることで収入アップも望めます。

リクルートエージェントを活用してみる

リクルーtページェントのロゴ

リクルートエージェントを選出した理由は、
非公開も含めた事務職の求人数の多さ』と
職種の網羅性が高い』の2点です。

リクルートエージェントの事務職の求人数は、
非公開も含めて『13,252件』です。

これは、非公開求人数を公開している転職エージェントのなかでは一番の求人数です。

また、リクルートエージェントは職種の網羅性が高く、一般的に少なくなりがちな『医療事務』や『学校事務』などの職種の求人案件もしっかりと有しています。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

精神的負担が少ない法人向けコールセンター

個人向けのコールセンターは、
苦情やクレーム対応などの理不尽なものが多いので、精神的な負担から離職する人も多いです。

その一方、法人向けのコールセンターは、
個人向けコールセンターよりも圧倒的に精神的負担が少ないです。

ただし、法人向けなので当然ノルマが存在しますので、それなりの結果を残さなければいけないという部分もあります。

しかし、法人相手の場合は相手も企業ですので、話しが通じやすく、顧客のクレーム対応と比べて精神的に病む事はあまりないでしょう。

また、顧客企業の営業時間の都合もあるため、基本的に定時間で業務は終わります。

そのため、残業などの長時間労働を強いられることも少なく、帰宅が遅くなるということもあまりないでしょう。

もし、営業職を経験していたり、トーク力に自信がある方は法人向けのコールセンターへの転職を考えてみてはいかかでしょうか。

ただし、個人向けのコールセンターと比べると、入社の難易度が若干高くなるようです。

『コールセンターWORK』の利用がおすすめ

コールセンターWORKのロゴ

『コールセンターWORK』を選手した理由は、コールセンターWORKが19年の歴史を持つ、コールセンター業界に特化した転職エージェントだからです。

2000件以上の取引実績を活かしたネットワークを武器に、メーカーや銀行など大手企業を中心とした、質の高い求人を紹介してくれます。

また、内定に直結しやすい非公開求人が求人の90%を占めていることや、面接通過率は82%と確かな実績を誇ります。

【公式サイト】
https://www.saintmedia.co.jp/contents/cc_agency/

実は高収入なタクシー運転手

タクシー運転手と聞くと、給料は低いイメージがあると思いますが、近年のタクシー運転手の平均年収は軒並み上昇しているのが現状です。

基本的に業務中は一人ですので、人間関係で悩むことも少なく、自分のペースで仕事ができます。

また、最近では20代などの若い世代や女性のタクシー運転手も増えてきています。

『タクQ(タクキュー)』の利用がおすすめ

タクQのロゴ

タクQ(タクキュー)は、タクQを利用して応募された方で、実際に入社した場合、なんとタクQから祝い金として最大10万円が支給されます。

さらに、転職先のタクシー会社からも最大10万円~35万円までの祝い金が支給されるため、最大で45万円もの祝い金が支給されることになります。

【公式サイト】https://www.taxi-qjin.com/

警備員

警備員の仕事というと、警棒を持って不審者に立ち向かう姿を想像する人も多いのではないでしょうか?

不審者に果敢に立ち向かう強い正義感と責任を持って、昼夜問わずに持ちの安全を守る警備員。

そんな仕事自分には出来ないと思っている方もいるかと思います。

しかし、実際の仕事内容は上記のような内容とは異なります。

警備員の主な仕事内容は、工事現場や施設を警備・監視する仕事です。

みなさんが想像するような緊急事態や危険な事故は、滅多に起きるものではありません。

あくまで、『万が一』に備えて配置されているので、主な業務は緊急事態や危険な事故が起きないよう『監視』することです。

また、転職するに当たって特別な資格などは必要なく、採用条件も厳しくない所が多いので、基本的に選考で落ちることは少ないです。

さらに、警備業界は高齢の方が多いので、若者であれば尚更採用されやすいと言えます。

唯一の注意ポイントとしては、勤務時間が長く感じるという点です。

現場によっては、何もせずにただ立っているだけという現場もありますので、時間が経過するのが遅くて嫌になる人には向いていないかもしれません。

逆に、妄想や空想で紛らわすことが上手い方などには最適の仕事といえます。

彼氏

また、あまり知られていませんが、警備員は稼ごうと思えば月給40~50万稼ぐことが可能なんです。

実際、僕の友達にも月給40~50万稼いでる人がいます。

会社にもよりますが、日給で10,000円〜12,000円くらいですので、日給が高い会社や勤務数を増やすことである程度稼ぐことが可能らしいですよ。

『ケイサーチ!』の利用がおすすめ

ケイサーチ!のロゴ

『ケイサーチ!』は、2017年4月11日に開設されたばかりの警備員専門転職サイトです。

総合転職サイトのように、他の業界・職種の求人がないため、理想の求人が探しやすく、警備員の求人数は国内でもトップクラスです。

【公式サイト】https://www.taxi-qjin.com/

企業の受付

企業の受付は、会社のエントランスで来客対応する仕事です。

業務において、絶え間なく来客が訪れるというケースは滅多にないので、基本的に受付の席で待機している時間が大半を占めます。

そのため、人によっては耐え難いものに感じてしまうほど、退屈な時間が大半を占めています。

また、企業にもよりますが、グローバルにビジネスを展開している企業の場合は外国人が訪れるケースも多いです。

その際には、英語で対応できるバイリンガルな能力が受付のスキルとして求められます。

また、日本語においても、正しい言葉づかいや訪問客に対して気持ちの良い笑顔や態度で接しているかという点は重要です。

基本的に企業の受付は、年齢の若い女性が行う仕事ですので、男性が企業の受付を担当するということはほとんどありません。

まとめ|決して希望を捨ててはいけません

仕事が精神的に辛くて悩んでいる方へアドバイスをさせていただきましたが、いかがでしたか?

仕事が精神的に辛いと思ったら、なんで辛いのかをしっかり振り返り、後悔のない決断をすることが大切です。

仕事が辛くて、落ち込んでいても全く問題ありません。

未来は希望に満ち溢れています。

なので、自分の可能性を信じることが非常に大切です。

そして、いま悩んで苦しい日々を過ごしている方は、その分幸せな日々を過ごせます。

ですので、仕事が辛いと悩んでいる時間はもったいないです。

悩んでいるのであれば、明るい未来のために行動しましょう。

確かに、精神的に辛い時に行動する事は大変かもしれません。

しかし、仕事が辛いと嘆いているだけでは状況はいつまでも変わりません。

小さな一歩の積み重ねが、今をそして未来を変えるという事を忘れないでください。

あなたの今後の人生がより明るいものであることを心から願っています。

彼女


今すぐには転職活動を始めないという方も、一度登録しキャリアアドバイザーに悩みや、今後のキャリアプランを相談してもいいでしょう。
新たな発見があるかもしれません。

彼女

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事を読んで下さった全ての方の人生が、より明るいものになることを陰ながら応援しております。

彼女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です