【眼科看護師】って楽なの…?現役ナースが仕事内容や給料を解説

この記事では、『眼科看護師ってどうなの?』と思っている看護師さんのために《眼科看護師の仕事内容や給料》などを詳しくご紹介します。

今まで病院で看護師をしてきたけど、『眼科看護師』ってどうなんだろう…。

『眼科看護師』の年収(給料)は…?

『眼科看護師』をする

メリットデメリットは…?

『眼科看護師』の求人を探すには

転職サイトを利用すべき…?

と疑問を持っている看護師さんも多いと思います。

そこで、本記事では過去に…

転職成功 + 転職サイトや派遣会社利用経験

のある現役看護師の筆者が…

  • 『眼科看護師』の仕事内容
  • 『眼科看護師』の給料労働条件
  • 『眼科看護師』のメリット・デメリット
  • 『眼科看護師』が向いている人の特徴

などをわかりやすく解説します。

もし、あなたが看護師から『眼科看護師』に転職をすることについて悩んでいるのであれば、この記事を読むことで…

『眼科看護師』をするべきかどうか自信を持って判断でき、

看護師として新たな働き方の一歩を踏み出せるようになると思いますよ♩

彼女

この記事の登場人物

転職経験のある彼女(この記事の語り手)

4年制大学を卒業後、国家試験に合格し看護師として3年間大学病院に勤務した。しかし、給料が仕事量に見合わないことや職場環境の悪さから、悩んだ末に保育園看護師へ転職。そして、今は『Webデザイナー』になるために看護師を続けながら日々勉強中。

キャリアアドバイザーとして働く彼氏

大阪大学を卒業。大手人材紹介会社に勤務し看護師の転職部門のキャリアアドバイザーとして4年間勤務。キャリアアドバイザーの視点から看護師転職ノウハウや評判についてみなさんに情報をお伝えしている。

『眼科看護師』の仕事内容とは…?

『眼科看護師』の仕事内容とは…?

『眼科看護師』の仕事内容は…

働く職場が以下の2点に当てはまるかによって異なります。

  1. 手術設備がある
  2. 入院施設がある

外来診療のみの病院クリニックでは、目の検査診察が中心ですが、

手術設備があり、手術も行う病院(クリニック)の場合は、オペ介助も業務に加わります。

さらに・・・

入院施設がある場合は、入院患者さんの看護も業務に加わります。

  • 基本的な業務
    • 採血、点滴、注射などの看護業務
    • 目の洗浄・点眼などの処置
    • 医師が診察を行う際の補助
    • 検査説明や患者さんの誘導
    • カルテ出しや診療所内の雑務
    • 検査業務の補助
  •  手術設備がある場合
    • 手術の介助
    • 手術器具のメンテナンス
    • 患者さんに対する手術前後の説明
  •  入院施設がある場合
    • 手術後の観察と処置
    • 入院中の生活サポート(食事・歩行介助、服薬指導、精神面のケア)

『眼科看護師』の業務の特徴としては、

上記の業務の中でも、特に検査の補助業務が多い点です。

MEMO

眼科で行われる検査の種類は多く、主に以下のような検査があります。

  • 視覚機能の検査
    視力検査、眼圧検査、視野検査、屈折検査、角膜形状検査、超音波検査、電気生理検査、眼底前眼部の撮影・解析など…
  • 視能矯正の検査
    両眼視能検査、眼筋機能検査、精密屈折検査、斜視訓練、弱視訓練など…

名前だけ見ると難しく感じるかもしれませんが、

業務をこなしていく中で徐々に覚えていけるので、安心してくださいね♪

彼女

ちなみに、上記の検査業務は…

『視能訓練士』

という資格をもった人が行いますが、視能訓練士がいない場合は、看護師さんが代わりに検査業務を行います。

視能訓練士とは…?

『視能訓練士』とは・・・

眼科で医師の指示のもとに視能検査を行ったり、斜視や弱視の訓練治療を行ったりすることができる国家資格です。

ちなみに、看護師で取得される方もいます。

MEMO

看護師さんが検査業務を行うことは…

『保健師助産師看護師法』

によって認められています。

(参考:保健師助産師看護師法 第五条

何となく、『眼科看護師』の仕事内容をお分かり頂けましたでしょうか…?

さて、お次は…

『眼科看護師』の主な職場について見ていきましょう♪

『眼科看護師』の主な職場3選

『眼科看護師』の主な職場3選

『眼科看護師』の主な職場は、以下の3つです。

  1. 総合病院
  2. 眼科クリニック
  3. レーシック専門クリニック

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

職場①:総合病院

『総合病院』は・・・

病床数100以上大規模な病院のことです。

入院施設があり、手術も行われますが、

患者さんの数が多い場合は、『病棟』『外来』など…

分業制をとっている病院が多いです。

職場②:眼科クリニック

『眼科クリニック』は・・・

眼科領域の治療を幅広く行っていて、入院施設がないけど、手術を行う(日帰り手術)といったクリニックもあります。

そのため・・・

看護師さんの業務もクリニックによって異なり、

検査からオペ介助までを担当するクリニックもあれば、

分業になっているクリニックもあります。

MEMO

例えば・・・

『病棟』『外来検査・処置』『手術室』

と部署が分かれていて、看護師さんの業務も細分化されているクリニックもあります。

職場③:レーシック専門クリニック

『レーシック専門クリニック』は・・・

レーシック手術と白内障や老眼の治療を目的とした手術を専門に行っています。

レーシックとは…?

『レーシック』とは…

レーザーで角膜を削って形を変え、 “近視・遠視・乱視” と呼ばれる屈折異常を矯正する視力回復手術です。

『レーシック専門クリニック』での看護師さんの業務は、

総合病院や眼科クリニックと比べて、『オペ介助』が多いことが特徴です。

『眼科看護師』の年収(給料)は…?

『眼科看護師』の年収(給料)は…?

眼科は、クリニックなどの小規模な医療機関が多いです。

看護師専門の転職サイトの『ナースフル』のアンケートによると…

『クリニック看護師』の平均年収は約380万円となっており、年齢別で見てみると…

  • 20〜24歳:354万円
  • 25〜29歳:392万円
  • 30代  :383万円
  • 40代  :386万円
  • 50代  :322万円

ちなみに、『病院看護師』の平均年収は約418万円です。

出典:看護師の給与事情 勤務先でどう違う?

となっています。

病院看護師と比較すると…その差が “約38万円” あることが分かります。

MEMO

病院では…

夜勤手当をはじめとした諸手当の加算が大きな割合を占めるため、これだけの開きがあると考えられます。

あくまで参考値ですが・・・

転職理由に多い “夜勤” こそが、病院で働く看護師さんの給料を底上げしているのがよく分かる数字です。

特に、夜勤手当の金額が高額(1回15,000円以上)な病院に勤めていた看護師さんは、

転職先のクリニックによっては、給料が大幅にダウンする可能性があります。

『眼科看護師』の5つのメリット

『眼科看護師』の5つのメリット

『眼科看護師』のメリットは、下記の5点です。

  1. 眼科ならではの専門知識が身につく!
  2. 基本的に夜勤がない!
  3. 残業が少ない!
  4. 心身共に負担が少ない!
  5. 仕事内容がルーチン化しており、覚えれば楽!

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

メリット①:眼科ならではの専門知識が身につく!

眼科では、検査の際に眼科専用の器械を使用します。

そのため・・・

看護師さんは、器械の扱い方、検査方法など…専門的な知識を習得することができます。

また・・・

患者さんに目薬のさし方を指導をしたり、治療や経過の説明をしたりする機会が多いので、

患者さんとコミュニケーションをとりながら、眼科領域の知識を深めていくことができます。

メリット②:基本的に夜勤がない!

眼科は、小規模なクリニックが多く、入院施設のない場合が多いので…

基本的に夜勤はありません。

また・・・

入院施設のある総合病院でも、外来の担当になれば夜勤がない場合もあります。

そのため・・・

  • 日勤のみで働きたい看護師さん
  • 子育てなど、家庭の事情で夜勤ができない看護師さん

には、大きなメリットです。

MEMO

勤務先によって夜勤がある場合もありますが…

その場合でも、夜勤で行う仕事がほとんどないため、仮眠が十分とれる『当直勤務』となっている職場がほとんどです。

メリット③:残業が少ない!

総合病院大規模なクリニックなどでは、残業が発生する場合もあります。

しかし・・・

ほとんどのクリニックは予約制で急患もないため、残業は少なく、定時で帰宅できるのが一般的です。

メリット④:心身共に負担が少ない!

看護師さんの仕事は、一般的に『不潔』な仕事が多いとされています。

しかし・・・

眼科ではそのような仕事は、ほとんどありません。

入院施設があるクリニックもありますが、自分で動ける方が大半ですので…

『排泄介助』『体位変換』『清潔介助』『食事介助』

などの処置を行う機会が少なく、看護師さんの体力的な負担が少ないです。

また・・・

眼科の患者さんは生命の危機にある方が少ないので、看護師さんが感じる心理的なプレッシャーも少ない傾向があります。

重症の患者さんが多い診療科と比較すると、心身ともに負担が少ないと言えますね。

彼女

メリット⑤:仕事内容がルーチン化しており、覚えれば楽!

眼科は、急変などがなく、仕事内容もルーチン化していることが多いため、

一度仕事を覚えてしまえば、かなり楽です。

“重労働が無いので体力的にも楽!”

という点も魅力ですよね。

彼女


以上が、看護師さんが眼科で働くメリットです。

専門スキルや知識が身につくだけでなく、心身の負担が少ない職場であると、お分かり頂けましたでしょうか?

ただ・・・

どんな職場でもメリットとデメリットがありますので、転職してから…

『こんなはずじゃなかった…。』

とならないように、『眼科看護師』のデメリットについても詳しく見ていきましょう。

『眼科看護師』の5つのデメリット

『眼科看護師』の5つのデメリット

『眼科看護師』のデメリットは、下記の5点です。

  1. 業務の幅が広く、覚えることが多い…
  2. 医療処置のスキルが低下しやすい…
  3. 給料が下がる可能性がある…
  4. 勤務先によっては忙しい場合もある…
  5. 求人の募集自体が少ない傾向がある…

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

デメリット①:業務の幅が広く、覚えることが多い…

『眼科看護師』は、目の疾患や検査方法など、新たに覚えることが非常に多いです。

また、『眼科看護師』は業務範囲が広い傾向にあります。

例えば・・・

注射や点滴などの一般的な医療処置に加え、

勤務先によっては検査オペ介助入院中の患者さんのサポートまで、さまざまな業務を担当します。

MEMO

一般的な看護業務とは違い、『眼科看護師』は、検査業務が主体になります。

視力検査の他…

眼科特有の『眼圧検査』『眼底写真』『OCT』などで使用する器械の操作を行わなければなりません。

また・・・

器械を多く扱うという眼科の特徴により、電子カルテ化されておりパソコンをフル活用する施設が多いです。

そのため・・・

パソコンの操作が苦手だという方にとっては、ちょっと大変な職場になるかもしれません。

デメリット②:医療処置のスキルが低下しやすい…

メリットでもお話ししたとおり、

『眼科看護師』は検査など特有の業務が多く、一般的な医療処置を行う機会が少ないため…

一般病院で必要とされる医療スキルが低下してしまう可能性があります。

特に・・・

新卒で『眼科』のみの経験しかない場合、次の転職先の選択肢がかなり狭まってしまう可能性があります。

『眼科看護師』としてずっと働いていく場合は問題ありませんが…

将来、病院に転職する可能性がある看護師さんは、医療スキルが低下するリスクがあることを頭に入れておきましょう。

彼女

MEMO

『眼科看護師』で身につく知識は、眼科特有のものが多いです。

そのため・・・

眼科で身につけた知識が、ほかの診療科では活用しにくい傾向にあります。

どの診療科でも通用する看護師さんを目指したい方は、眼科への転職を慎重に考えた方がいいでしょう。

デメリット③:給料が下がる可能性がある…

先ほどお話ししたように、眼科はクリニックなどの小規模な医療機関が多いです。

看護師専門の転職サイトの『ナースフル』のアンケートによると…

  • 『病院看護師』の平均年収:約418万円
  • 『クリニック看護師』の平均年収:約380万円

出典:看護師の給与事情 勤務先でどう違う?

となっており、その差が約38万円あります。

そのため・・・

病院から眼科クリニックに転職する場合は、給料が下がる可能性が高いです。

MEMO

『クリニック看護師』の給料が低い理由は・・・

クリニックには夜勤がなく夜勤手当などが支給されないことや、非常勤などで勤務時間が短い人も含まれるからです。

また、クリニックは小規模な組織なので・・・

給与体系がきちんと決まっていないことがあり、昇給がないケースもあります。

そのため・・・

長期間働いても給料がアップしない可能性があります。

また・・・

残業代などの手当が支給されるかは、あらかじめ確認しておきましょう。

実際、クリニック看護師さんの中には、以下のように…

“残業代が支払われない”

という方もいます。

クリニック看護師です。
私は育児のため、1時間時短で終業させてもらっています。
看護師は私1人なので、正職員です。給料は基本給のみ。
残業しても手当てはつきません。

最近勤務が多忙で、1ヶ月で27時間の所定時間外勤務をしました。
超過勤務分の時間数を記入して届け出るよう、理事に言われ、提出したところ、経理担当の院長夫人から自宅に連絡がありました。

「それなりのお給料を渡しているので、残業代の支払いはできません。」
と。

個人経営のクリニック。そんなもんですか?

出典:Yahoo!知恵袋

デメリット④:勤務先によっては忙しい場合もある…

総合病院大規模な眼科クリニックの場合、

外来業務に加えて、病棟やオペ室の業務まで携わることを要求されたり、残業が多かったりする場合があります。

そのため・・・

『眼科だったらどこでも楽!』

と思いこんで転職先を決めるのは危険です。

デメリット⑤:求人の募集自体が少ない傾向がある…

『眼科クリニック』は、その数自体が限られており、仕事に慣れた看護師さんはあまり転職しない傾向にあります。

そのため・・・

求人の募集自体が少ない傾向にあります。

なので・・・

『眼科で働きたい!』

と思っても、都心部ならまだしも、地方では転職先を見つけるのが難しいかもしれません。


このように、『眼科看護師』にもデメリットがあるんです。

『眼科看護師』が向いてる人の特徴とは…?

『眼科看護師』が向いてる人の特徴とは…?

ここまで、『眼科看護師』のメリット・デメリットを紹介してきました。

MEMO

勤務先によって異なりますが…

眼科で働く一番のメリットは、プライベートや家庭生活と両立しやすいところにあります。

夜勤がなく、残業も少なめ、クリニックによってはお盆や正月に長期休暇が取れるところもあります。

また・・・

専門分野に特化して知識や経験を積みたいというナースさんからブランクからの復帰を検討しているナースさんまで幅広いニーズにこたえられる職場であり、安定した人気を誇ります。

次は、先ほどの結果をもとに、『眼科看護師』が向いてる人の特徴を見て行きましょう。

以下に当てはまる方は『眼科看護師』という働き方を視野に入れてみましょう。

  • 仕事プライベート両立したい方
  • 夜勤や残業がないため給料は減るが、身体が楽な勤務形態の方が良いという方
  • 自分が主体となって働きたい方

職場や働き方には個人の向き不向きもあるため…

自分がどのような職場や働き方が合っているかしっかり考えて選択しましょう。

『眼科看護師』に興味がある方は、後ほど紹介する…

転職サイト派遣会社

に一度相談して見てもいいでしょう。

無料で相談することも可能ですし、プロのキャリアアドバイザーが利用者の希望に合った派遣先を紹介してくれますよ♪

》『眼科看護師』への転職におすすめの転職サイトはこちらから

『眼科看護師』に応募する際の志望動機の書き方や例文

『眼科看護師』に応募する際の志望動機の書き方や例文

ここでは、『眼科看護師』の求人に応募する際に…

履歴書や面接での『志望動機』で悩んでいる…。

そんな看護師さんのために…

志望動機の例文をご紹介します。

MEMO

履歴書を書く時は、手書きで書きましょう!

一般企業では、パソコンで履歴書を作成する場合が多いのですが…

医療の場では、手書きの履歴書の方が好まれるケースが多いようです。

また・・・

誤字・脱字は修正テープや修正液で安易に修正せず、新しい履歴書に書き直しましょう。

志望動機の例文

志望動機:例文①

私は以前、眼科疾患のために手術を受けました。眼の手術ということもあり、看護師でありながら不安で仕方ありませんでした。しかし、眼科の看護師が丁寧に説明をしてくださり、私の不安に気づき声をかけてくださったお陰で、安心して手術を受けることができました。そのときの看護師の対応に非常に感銘を受けました。

現在私は外科に勤務しており、患者様の手術に対する恐怖や不安に寄り添えるよう努力しております。

眼科には、私のように物を見る眼の疾患だからこそ恐怖や不安を抱えている患者様もいると思いますので、今まで学んできた患者様とのコミュニケーションスキルを活かし、今後は貴院で眼科疾患を抱える患者様に寄り添った看護を提供したいと思い、志望致しました。


志望動機:例文②

私は現在小児科病棟に勤務していますが、その中で眼の疾患を抱える患児と関わる機会があります。現在は病棟での様子しか知りませんが、当たり前に見えているのもが見えない、暗い部屋での検査など、子どもたちにとっては耐えられない不安と恐怖があったと思います。

貴院は眼科病棟を持ち、小児のさまざまな眼科疾患にも対応していると存じております。自身の子育て経験や小児科看護で得た学びは、眼科領域でも不安や恐怖を抱える患児と家族に対する関わり方に活かしていけると考えております。そして、安心して治療に向き合えるような手助けをさせていただきたく、志望致しました。

》『眼科看護師』への転職におすすめの転職サイトはこちらから

『眼科看護師』のスキルアップにオススメの資格

『眼科看護師』のスキルアップにオススメの資格

『眼科看護師』のスキルアップにオススメの資格は、以下2つです。

  1. 眼科コメディカル
  2. 視能訓練士

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

資格①:眼科コメディカル

『眼科コメディカル』は・・・

国家資格ではありませんが、日本眼科医会眼科医療従事者委員会の定めた資格です。

MEMO

以前は…

OMA(Ophthalmic Medical Assistant)

と呼ばれていましたが、2004年に『眼科コメディカル』に名称が変更されました。

『眼科コメディカル』の資格を取得するには、

以下の3つの条件を全てクリアする必要があります。

  1. 日本眼科医会の会員である眼科医がいる医療機関で、1年以上働く
  2. 視機能や眼の疾患、眼科用薬剤、検査方法などを学べる『眼科コメディカルスクリーニング』を5回受講する
  3. 認定試験に合格する

『眼科コメディカルスクリーニング』は、各都道府県の眼科医会が主催しています。

例えば、東京都眼科医会では、年に1回のペースで開催しています。

MEMO

受講方法の詳細は会員のみに公開されていますので、

日本眼科医会の会員である眼科医を通じて申し込みをする必要があります。

資格②:視能訓練士

『視能訓練士』とは・・・

『視能訓練士法』という法律にもとづく国家資格で、目のさまざまな検査と機能回復訓練を行うエキスパートであることを証明する資格です。

MEMO

昔よりも目を酷使する機会が増え、視力の低下や疲れ目を訴える人も増加しています。

それに伴って、眼鏡やコンタクトレンズをはじめ、レーシックなどの矯正手術も日々進化しています。

こうした治療方針診断を、医師は『視能訓練士』の検査結果をもとに決定していきます。

MEMO

『視能訓練士』は、視能訓練士を意味する…

Orthoptist

の略称で、ORTと呼ばれることもあります

先ほどお話ししたように、眼科では多くの検査が行われています。

そのため・・・

眼科の専門検査や視力矯正訓練を専門的に行う『視能訓練士』は、『眼科看護師』にオススメの資格です。

『視能訓練士』の資格を取得するには…

視能訓練士養成所で学んだ上で、視能訓練士の試験に合格する必要があります。

視能訓練士養成所とは…?

『視能訓練士養成所』とは・・・

眼科分野の医療技術者養成を行う専門の教育機関で、文部科学大臣指定の学校もしくは都道府県知事が指定した養成所のことです。

1年制~4年制の専門学校や大学が指定されていて、夜間課程や通信課程を用意している教育機関もあるので…

『眼科看護師』として働きながら資格取得を目指すことが可能です。

以下は、夜間・通信課程がある学校の一例です。

▶︎養成校一覧・連絡先はこちらから

注意点としては…

国家試験の受験に必要となる修業年数が、以下のように最終学歴によって違うことです。

  1. 高卒の場合、指定された視能訓練士養成施設で“3年以上”必要な知識や技術を修得する。
  2. 短大卒以上の場合は、指定の視能訓練士養成施設で“1年以上”必要な知識や技術を修得する。
  3. 外国の視能訓練士学校の卒業資格がある場合、日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると“厚生労働大臣が認定した者”

最終学歴に合った視能訓練士養成所を選んでくださいね。

MEMO

視能訓練士試験の合格率は93.1%(参考:第47回視能訓練士国家試験の合格発表|厚生労働省)と高いですが…

学校に通う期間が長いので、資格取得にチャレンジするハードルは少し高いです。

そのため・・・

『眼科看護師としてスキルを極めたい方』は、ぜひ取得を検討してみてください。

※視能訓練士養成所の学校名や所在地をくわしく知りたい方は、以下ページに一覧が記載されていますのでチェックしてください。


それでは次に、 “眼科の求人探しの5つのポイント” についてお話しします。

》『眼科看護師』への転職におすすめの転職サイトはこちらから

『眼科看護師』の求人探しの5つのポイント

『眼科看護師』の求人探しの5つのポイント

『眼科看護師』の求人を探すときは、以下の5つのポイントを必ずチェックしましょう。

  1. 看護師が担当する業務の範囲
  2. 入院施設の有無
  3. クリニックの診療方針評判を確認する!
  4. 院長他のスタッフとの相性を確認する!
  5. 勤務条件をきちんと確認する!

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ポイント①:看護師が担当する業務の範囲

『眼科看護師』種類の所で少しお話ししましたが、

勤務先の医療機関によって、看護師さんの仕事内容は異なります。

そのため・・・

特に、以下の2点は必ずチェックするようにしましょう。

  1. 手術の有無
    手術を行っている病院であれば、基本的にオペ介助の業務があります。
    仮に、求人情報に手術の有無が記載されていない場合は、病院のホームページ等で確認してください。
    また、看護師さんが何名いるか、業務が分業されているかも要チェックです。
  2. 視能訓練士(ORT)が在籍しているか
    視能訓練士が在籍していない場合、看護師さんが検査業務を担当します。
    そのため、職場に視能訓練士がいるかも確認しましょう。

幅広い業務を担当したい看護師さんもいれば、

そうでない看護師さんもいるかと思います。

そのため・・・

『看護師が担当する業務の範囲』は、できるだけ正確に把握しておきましょう♪

ポイント②:入院施設の有無

勤務先が入院施設のある医療機関になった場合、夜勤が発生します。

そのため・・・

夜勤を希望しない方は、入院施設のない皮膚科を選ぶようにしましょう♪

ポイント③:クリニックの評判や診療方針を確認する!

転職先の候補となるクリニックが見つかったら、

可能であれば、実際に自分が患者さんとして行ってみることをおすすめします!

この他にも、クリニックの評判は、

実際にクリニックに通っている知人に聞いたり、Webで検索したりすることで知ることができます。

患者さん側からみたクリニックの評価を知っておくと、病院の雰囲気がイメージできますし、

実際に働くことになった場合も役に立ちますよ。

彼女

また・・・

クリニックが公式のWebサイトをもっている場合は、その情報もチェックしてください。

情報が充実しているサイトなら、診療方針院長の考えなども知ることができます。

ポイント④:院長や他のスタッフとの相性を確認する!

先ほどデメリットとしても説明しましたが、

クリニックで働く場合、院長や他のスタッフとの相性が重要です。

とはいえ、面接だけで相性を確認するのは難しいですよね…?

そこで、オススメしたいのが…
病院見学』です!

『病院見学』とは・・・

実際にクリニック内を案内してもらうことです。

『病院見学』は、日常的な仕事の様子や職場環境、院長やスタッフさんの雰囲気を確認できるので…

自分にあったクリニックかどうかを判断する材料になります。

MEMO

『病院見学』は、気になるクリニックに直接問い合わせれば対応してもらえると思いますが、

『自分では頼みづらい…。』

と言う方は、『看護のお仕事』のような “看護師専門の転職サイト” を利用することで、

担当者があなたに代わってクリニックへ問い合わせてくれます。

『看護師専門の転職サイト』については、以下の記事で詳しく解説していますので、興味のあるかたはチェックしてくださいね♪

彼女

病院【保存版】看護師の転職サイトってどう?メリット・デメリットを解説

ポイント⑤:勤務条件をきちんと確認する!

勤務条件について、以下の4点を確認しておくことをオススメします!

  1. 就業時間、残業手当の有無
    ➡︎実際の勤務時間は、何時から何時までか
    ➡︎残業になった場合、残業手当が支給されるのか
  2. 社会保険の内容
    ➡︎健康保険や厚生年金などに加入しているのか
  3. 産休・育休制度について
    ➡︎産休・育休の取得実績があるか
  4. ブランクがあっても大丈夫か?
    ➡︎ブランクがある状態でクリニックに応募するときは、これまでの経験やブランク年数などをきちんと伝えて、ミスマッチが起きないようにしましょう。

これら5つのポイントをしっかりと押さえながら、自分に合う職場選びを進めていきましょう。

ただ、これらの情報は、自分で調べてもわからないケースが多いです。

彼女

そこで・・・

自分に合った職場をきちんと見極めたい方は、これから紹介する…

『眼科看護師』の転職におすすの転職サイト

を利用することをオススメします!

紹介会社に登録しておけば・・・

仕事内容や人員体制、給与体系の詳細の確認を、キャリアアドバイザーに依頼することも可能です。

直接は聞きにくいけど、あらかじめ確認しておきたいことを知りたいときに活用してくださいね♪

彼女

『眼科看護師』の転職におすすめの転職サイト3選

『眼科看護師』の転職におすすめの転職サイト3選

ここからは、『眼科看護師』の転職に強い看護師専門の転職サイトを厳選し、実際に利用した方の口コミ評価から

評価基準

  • 総合評価
  • 求人の質・量
  • サポートの質

を総合して、評価が高く、『眼科看護師』の転職に強い以下の3つの転職サイトを紹介します。

  1. 看護のお仕事
    総評:求人数、質、サポート全てにおいて満足度No.1
    公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
  2. ナースではたらこ
    総評:手厚いサポートは業界No.1
    公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/
  3. 看護roo!
    総評:非公開求人を沢山見たい方
    公式サイト:https://www.kango-roo.com/career/search/

詳細情報も確認できますので、そちらも参考にしてみてくださいね♩

彼女

おすすめ①:看護のお仕事

おすすめ①:看護のお仕事

★一番おすすめの転職サイトです★

看護のお仕事の評価
総合評価
(5.0)
求人の量・質
(5.0)
サポートの質
(4.0)

看護のお仕事』は、ITや人材の分野で勢いのあるベンチャー企業『レバレジーズ株式会社』が運営する看護師専門の転職サイトで、

求人の量・質、サポート面において利用者から非常に高い評価を得ています。

『看護のお仕事』は…

  • 10万件以上豊富な求人
  • 質の高い非公開求人多数保有していること

を最大の特徴としており、

求人は全国に対応しているため、地方での転職を希望する方でも希望の求人を探すことができます。

看護のお仕事の説明

上記のように…

  • サービス満足度No.1
  • キャリアアドバイザーの対応満足度No.1
  • 友達に勧めたいランキングでNo.1

を獲得しており、月間利用者数は20万人を突破しています。

また…

求人募集をしていない病院に応募ができる求人リクエスト希望があれば面接にも同席してくれるため、サポート力の高さも魅力です。

求人の量・質、サポート面の全てにおいてバランスが良いので…

看護師で転職を考えている方は利用必須の転職サイトと言えます。

看護のお仕事』は…

転職したい看護師さんは、とりあえず登録しておいて間違いない転職サイトですよ。

彼女

『看護のお仕事』を利用すべき方

  • とりあえず、間違いない転職サイトに登録したい看護師さん
  • 地方に住んでいる看護師さん(全国対応なのでもちろん都市部もOK)
  • 夜間や早朝にも電話対応して欲しい看護師さん(24時間電話対応)
  • 早急に転職活動がしたい看護師さん(対応がスピーディー)
  • 質の良いアドバイザーさんに出会いたい看護師さん

実際に利用した方の口コミ

シングルマザー。不安と負担が転職で軽くなった!

30歳で4歳になる子供がいます。シングルマザーになって1年。日勤で働いていましたが、子供の将来のことを考えるともう少し稼ぎたい。そこで院内託児所のある病院を探して、相談したのですが、キャリアアドバイザーの方は、もっと詳しく、子育て中の看護師さんの人数や、急なお休みへの理解など、事業所ごとの子育て環境を教えてくれました。給与は前より少し上がる程度ですが、育児補助と家族手当など合わせると安心できる額になります。貯金もできそうです。職員の雰囲気や周辺の環境、前に紹介した方からのアドバイスなんかも教えてくれたので、転職後の具体的なイメージが沸いてきて、不安というより、楽しみの方が大きい転職でした。

(30代/女性)

出典:看護のお仕事公式サイト 転職成功事例

全国サポートで遠方への転職も引越しもスムーズに実現!

39歳のシングルマザーです。息子の中学入学を機に、実家の近くに思い切って引っ越すことに。引越しに入学にと何かとお金がかかるし、北海道から富山まで就職活動や転居手続きに行くのは大変。でも、看護のお仕事は全国サポートだったので、地域に詳しいキャリアアドバイザーが希望条件の病院を探してくれました。とても助かったのは、引越し先のこと。病院紹介の不動産屋を利用すると、家賃が半額になるということで、その不動産屋にも取り次いで頂き、家まで決めることができたんです。有給消化しやすいのも、学校行事のある私には嬉しいポイントでした。離れた場所への転職がスムーズに決まって、ホッとしています。有難うございました。

(30代/女性)

出典:看護のお仕事公式サイト 転職成功事例

 

 

【公式サイト】https://kango-oshigoto.jp/


おすすめ②:ナースではたらこ

ナースではたらこの評価
総合評価
(4.5)
求人の量・質
(3.5)
サポートの質
(5.0)

ナースではたらこ』は…

アルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社の『ディップ株式会社』が運営する看護師向けの転職サイトです。

『ナースではたらこ』は逆指名制度を採用しており…

求人が出ていない医療機関でも、希望の病院を指定しキャリアアドバイザーが求人状況や条件を確認し、可能であれば紹介してもらえます。

また、キャリアアドバイザーはエリア別担当制としているため…

各地域の求人情報に精通した専属キャリアアドバイザーが、その地域の詳しい情報を教えてくれます。

求人に関しては全国地域に対応しており…

札幌・東京・名古屋・大阪・福岡

の全国5ヶ所のオフィスでナースキャリアステーションを開催しているため、キャリアアドバイザーにマンツーマンで転職の悩みを相談できます。

そして、キャリアアドバイザーは利用者の希望をじっくりヒヤリングし、要望をしっかりと汲み取った上で、求人を紹介してくれます。

このような求人のマッチング率の高さや、手厚いサポートにより、利用者満足度No.1の実績もあります。

『ナースではたらこ』を利用すべき方

  • 首都圏での転職を希望する看護師さん
  • 地方での転職したい看護師さん
  • 初めての転職の看護師さん
  • 転職したい医療機関が決まっており、逆指名制度を利用したい看護師さん

実際に利用した方の口コミ

勤務先 デイサービス(日勤・非常勤)→透析(日勤・常勤)
給与 月給13万円→月給18万円

転職のきっかけ

仕事と子育ての両立を考え、時間の調整が利くデイサービスセンターで看護の仕事をしていました。しかし、透析看護の勉強をしていたため、この技術を生かして働きたいと考えたのが転職のきっかけです。

転職の際の悩み

3歳の子どもがいるため、通常の勤務形態では仕事と子育ての両立が難しく、勤務時間に制約があります。このため、勤務先が見つからないのが悩みでした。

転職先を決めたポイント

子育てとの両立に悩んでいることをキャリア・アドバイザーから病院に伝えていただいたところ、勤務時間の調整が難しい透析にも関わらず、クリニックが子どものお迎え時間を考慮し、勤務時間を調整してくれました。

そこで、面接を受けることにしたのですが、実際にお会いしてみたところ職場環境もよく、仕事と子育ての両立ができると考え、入職を決定しました。

出典:ナースではたらこ公式サイト 転職成功事例

勤務先 介護福祉施設(派遣)→病棟(常勤・2交替)
給与 時給1,600円→年収約430万円

転職のきっかけ

出産のために派遣で働いていましたが、出産を終えたため就業したいと思い、転職活動を開始しました。

転職の際の悩み

シングルマザーであり、子どもがまだ0歳であることから、育児との両立が最優先事項でした。このため、条件にあった仕事がなかなか見つからないのが悩みでした。

転職先を決めたポイント

0歳児の育児と仕事を両立させるために、母子寮と24時間託児所がある病院をピックアップしていただきました。加えて、東京都内に住みたいという希望に合致する転職先を紹介していただきました。

育児に対して理解があるなど、病院側の対応が非常に良かったことから安心して入職を決定し、無事に引越しも済ませました。

出典:ナースではたらこ公式サイト 転職成功事例

 

 

【公式サイト】https://iryo-de-hatarako.net/


おすすめ③:看護roo!

おすすめ③:看護roo!

看護roo!の評価
総合評価
(4.0)
求人の量・質
(4.5)
サポートの質
(4.0)

看護roo!』は、東証一部上場企業の『株式会社クイック』によって運営される看護師向けの転職サイトです。

看護roo!の最大の特徴は・・・

業界トップクラスの求人数と高給与・好条件の良質な非公開求人を保有していることです。

キャリアアドバイザーに関しては・・・

転職成功実績が豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、他の転職サイトでは聞けないような、病院の内部情報を事前に提供してくれます。

さらに・・・

キャリアアドバイザーは蓄積されている膨大な過去のデータを元に、『面接で聞かれやすい質問』を教えてくれ、希望する場合には、『模擬面接の実施』や『面接への同席』もしてくれます。

そして・・・

充実した面接対策に加え、給与アップ退職などの交渉ごとも徹底的にサポートしてくれますので、利用者満足度は96.2%と高評価を得ています。

そのため・・・

『看護のお仕事』を利用すべき方

  • 初めて転職する看護師さん
  • 面接にあまり自信のない看護師さん

におすすめの転職サイトと言えます♪

実際に利用した方の口コミ

担当の女性は、非常に丁寧で求人の内容や面接の案内などかなり詳しく説明していただきました。私の希望がかなり限定していて、かつ途中で希望が変わったにも関わらず、毎回希望に合った求人を調べていただき、面接にも同席してもらえて、おかげで無事に希望通りの病院に転職することができました。

(女性・30代前半)

 

 

【公式サイト】https://www.kango-roo.com/career/

まとめ|眼科看護師で希望の転職を叶えよう!

まとめ|眼科看護師で希望の転職を叶えよう!

『眼科看護師』の働き方はどうでしたか…?

『眼科看護師』はメリットもたくさんありますが、

向き不向きもあるためしっかり自己分析をしましょう。

また・・・

クリニックによっては、インターネット上に記載されている求人票の労働条件より悪条件の場合もあります。

そのため・・・

『眼科看護師』に転職する際には…

転職サイトを活用し、職場の雰囲気や労働条件をきちんと確認しましょう♪

転職サイトのキャリアアドバイザーに相談しながら、転職先を決めることで希望の条件や働き方ができますよ♪

最後に、『眼科看護師』が向いている方の特徴をまとめました。

『眼科看護師』がおすすめな方

  • 仕事プライベート両立したい方
  • 夜勤や残業がないため給料は減るが、身体が楽な勤務形態の方が良いという方
  • 自分が主体となって働きたい方

適切な転職サイトを利用し、自分に合った働き方や職場を見つけましょう♪

どの転職サイトにもメリット・デメリットはあるので、複数の転職サイトを併用することが大事です。

幅広い求人に出会るますし、合わないと感じたら他の転職サイトを利用すればいいだけです。

彼女

彼氏

登録も無料で簡単なので、まずは行動することが大事ですよ♩


今すぐに転職をしないという方も、一度登録しキャリアアドバイザーに悩みや、今後のキャリアプランを相談してもいいでしょう。

新たな発見があるかもしれません。

彼女

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んで下さった全ての方が、最高の職場に出会い希望の働き方ができるよう陰ながら応援しております。

彼女

 

\私が相談してよかった転職サイト/

看護のお仕事のロゴ


\看護師の転職サイトを見てみたい方はこちら/

【2019年最新版】看護師さんにおすすめの転職サイトランキング TOP10

\転職サイトについて詳しく知りたい方はこちら/

病院【保存版】看護師の転職サイトってどう?メリット・デメリットを解説

\楽な職場を見つけたい方をはこちら/

【仕事に疲れた看護師さん必見!】楽な仕事(部署)ランキング TOP3

\看護師以外の職種に転職したい方をはこちら/

看護師におすすめの転職先とは…?病院以外へのジョブチェンジも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください